FX基本用語

フロー計算書

フロー計算書
事業計画

特別講座 キャッシュフロー計算書

特別講座 キャッシュフロー計算書

1.キャッシュフロー計算書とは何か
2.損益計算書との違い

≪計上のタイミング≫

≪利益があるのに、会社に現金がない状態≫

≪帳簿上の操作≫

≪補足:貸借対照表とは何か≫

3.キャッシュフロー計算書の3つの区分
4.キャッシュフロー計算書の作り方

≪営業活動キャッシュフローの作成≫ フロー計算書

◆直接法

直接法 営業収入-営業支出

◆間接法

間接法 税引前当期純利益 ± 損益計算書の調整項目 ± 貸借対照表の調整項目

≪キャッシュの範囲≫

5.連結キャッシュフロー計算書の作成

≪原則法と簡便法≫

6.営業活動・投資活動・財務活動キャッシュフロー

≪営業活動によるキャッシュフロー≫

営業活動キャッシュフローに記載される内容は、(1)会社の本業による利益 (2)投資活動キャッシュフローと、財務活動キャッシュフローに当てはまらないお金の増減 についてです。

◆直接法と間接法

≪投資活動によるキャッシュフロー≫

≪財務活動によるキャッシュフロー≫

7.キャッシュフロー計算書の形式
8.フリーキャッシュフロー

≪使い道≫

≪計算方法≫

≪フリーキャッシュフローによる企業判断≫

9.キャッシュフロー経営

≪営業活動キャッシュフローの改善≫

≪投資活動キャッシュフローの改善≫

◆DCF法

DCF(Discounted Cash Flow)とは、将来のキャッシュフロー(予測)から現在価値を算出する方法です。期間や金額の異なる将来のキャッシュフロー(予測)が、現在価値に置き換わることで比較可能となるため、投資判断に役立ちます。

≪財務活動キャッシュフローの改善≫

10.参考:資金繰り表や資金収支表との違い

≪資金繰り表≫

≪資金収支表(資金移動表)≫

キャッシュフロー計算書とは何か
「お金の流れ」を見るための財務諸表。企業の支払能力の大きさを示す
2000年3月期決算から株式公開企業に作成義務
損益計算書との違い
「計上されるタイミングの違い」と「帳簿上の操作は可能か」の2点
キャッシュフロー計算書の3つの区分
営業活動によるキャッシュフロー…会社の本業によるお金の増減
投資活動によるキャッシュフロー…設備投資・余剰資金運用によるお金の増減
財務活動によるキャッシュフロー…資金調達・借入金返済によるお金の増減
キャッシュフロー計算書の作り方
直接法…収入と支出の総額を主要取引ごとに集計し、表示する方法
間接法…損益計算書と貸借対照表からお金の流れを逆算し、表示する方法
連結キャッシュフロー計算書の作成
2003年3月期決算から、財務諸表の作成は連結ベースで行う
原則法と簡便法がある
フリーキャッシュフロー
会社が自由に使えるお金。会社の価値を表す
フリーキャッシュフロー = 営業キャッシュフロー - 投資キャッシュフロー
キャッシュフロー経営
営業活動キャッシュフロー…仕入れ、在庫、売上のお金の流れを向上させる
投資活動キャッシュフロー…無駄な固定資産を減らす、有価証券を売却する
財務活動キャッシュフロー…資金調達コストを下げる。社債や株式による調達比率を上げる

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

英語でCash Flow Statementといわれることから、CS(またはC/S)と略されることもある。

損益計算書

企業の一定期間における経営成果を明らかにする書類をいう。 英語でProfit and Loss Statementといわれることから、PL(またはP/L)と略されることもある。 損益計算書は、一会計年度、半期または四半期において得られた営業収益(売上高)に対して、売上原価、販売費・一般管理費、営業外の収益・費用(本業以外の収支)、特別の利益・損失(臨時的に発生した損益)、支払い税額を、順次に加減する形で示され、最終的には純利益が算出される。 これによって、その期の経営成果(損益)の状態とその発生原因が示されることとなる。 損益計算書からは、当該企業がどのように利益を得ているか、効率的に経営がなされているかなど、経営のパフォーマンス等を分析するための基礎的なデータを得ることができる。

営業収益(売上高)

企業会計上の概念で、企業の一般的な営業活動から得られた収入をいう。 商品の売上高、サービスの料金収入などがこれに当たる。 売上げのためには資産が必要であり、営業収益(売上高)の総資産に対する割合(総資本回転率)は、資産の利用効率などを分析するときの基礎データとされる。 なお、営業収益は営業活動を発生源とすることが、営業外収益とは発生が経常的であることが、特別利益とは異なる。

損益計算書 企業の一定期間における経営成果を明らかにする書類をいう。 英語でProfit and Loss Statementといわれることから、PL(またはP/L)と略されることもある。 損益計算書は、一会計年度、半期または四半期において得られた営業収益(売上高)に対して、売上原価、販売費・一般管理費、営業外の収益・費用(本業以外の収支)、特別の利益・損失(臨時的に発生した損益)、支払い税額を、順次に加減する形で示され、最終的には純利益が算出される。 これによって、その期の経営成果(損益)の状態とその発生原因が示されることとなる。 損益計算書からは、当該企業がどのように利益を得ているか、効率的に経営がなされているかなど、経営のパフォーマンス等を分析するための基礎的なデータを得ることができる。

キャッシュフロー計算書の直接法と間接法の違いとは?作り方も全く違う?

「キャッシュフロー」って聞くことがありますが、一体どういう意味でしょう? 答えは簡単! 会社の「お金の流れ」を意味しています。 「キャッシュ」はお金のこと。「フロー」は流れのこと。 フロー計算書 そのままですね! キャッシュ.

キャッシュフロー計算書には直接法と間接法がある

②キャッシュフロー直接法と間接法

直接法と間接法の違いはただ1つ!

キャッシュフロー計算書の直接法と間接法の違いは 「営業活動によるキャッシュフローの表示方法の違い」 ただ1つです。

キャッシュフロー計算書②

「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」のキャッシュフロー計算書の3つのお金の流れのうち、 「直接法」と「間接法」が関係してくるのは「営業活動によるキャッシュフロー」のみ なのです。

営業活動によるお金の流れを営業収入、仕入、経費の支払いといった主要な取引から項目ごとに集計して作成するのが 「直接法」 で、貸借対照表・損益計算書をもとに計算して作成するのが 「間接法」 フロー計算書 です。

①直接法と間接法の違い

直接法と間接法はどっちがいい?メリット・デメリットを紹介!

フロー計算書 フロー計算書
メリット デメリット
直接法 項目ごとの収入・支出が把握しやすい 主要な取引ごとに集計するため、手間がかかる
間接法 貸借対照表・損益計算書をもとに作るため、手間がかからない 税引前当期純利益から調整する為、収入・支出が把握しにくい

間接法は損益計算書の税引前当期純利益から調整しているため、収入・支出の内訳がわかりませんが 「営業活動によるキャッシュフローと利益がなぜズレているのか」 ということは、一目瞭然にわかります。

直接法は間接法より手間がかかるため、 一般的には間接法を採用 される企業が多いです。ただ、 国際会計基準では収入・支出が把握しやすい直接法を推奨 されているので、いずれは直接法が主流になるかもしれません。

もともと中小企業ではキャッシュフロー計算書の作成義務はないのですから、自社のお金の流れを把握するためだけなら、 まずは手間がかからない間接法で作成するのがベスト でしょう。

直接法と間接法の営業活動によるキャッシュフローの作り方

キャッシュフロー計算書の作り方

直接法と間接法の違いは 「営業活動によるキャッシュフローの表示方法の違い」 であり、その表示方法が違う理由は、 「何を元にして作成するか?」 ということと先ほどお伝えしたように、元にするデータが直接法と間接法では違います。

営業活動によるキャッシュフローの作り方【直接法の場合】

【手順1:営業による収入を集計した額を入れます】

①直接法

【手順2:仕入による支出を集計した額を入れます】

②直接法

【手順3:人件費の支出を集計した額を入れます】

③直接法

【手順4:営業費の支出を集計した額を入れます】

④直接法

営業活動によるキャッシュフローの作り方【間接法の場合】

【手順1:税引前当期純利益の額を入れます】

⑤間接法

【手順2:減価償却費や貸倒引当金などを調整します】

⑥間接法

【手順3:営業外収益と営業外費用、特別利益と特別損失を調整します】

⑦間接法

【手順4:売掛債権と棚卸資産、仕入債務を調整します】

⑧間接法

キャッシュフロー計算書とは、1年間や1ヶ月といった一定の期間におけるお金の流れを表すものです。 会社の資金の動きやその要因をみることができるといいますが、そうはいってもキャッシュフロー計算書の見方はよくわからないですよね。 実は.フロー計算書

まとめ|キャッシュフロー計算書の直接法と間接法の違いはただ1つ!

まとめ|キャッシュフロー計算書の直接法と間接法の違いはただ1つ!

直接法と間接法の違いは 「営業活動によるキャッシュフローの表示方法の違い」 です。

営業活動によるキャッシュフローの表示方法が違う理由は、 「何を元にして作成するか?」 ということになります。

フロー計算書
メリット デメリット
直接法 項目ごとの収入・支出が把握しやすい 主要な取引ごとに集計するため、手間がかかる
間接法 貸借対照表・損益計算書をもとに作るため、手間がかからない税引前当期純利益から調整する為、収入・支出が把握しにくい

直接法は間接法より手間がかかるため、 一般的には間接法を採用 される企業が多いです。

国際会計基準では収入・支出が把握しやすい直接法を推奨 されているとはいえ、もともと中小企業ではキャッシュフロー計算書の作成義務はないのですから、自社のお金の流れを把握するためだけなら、 まずは手間がかからない間接法で作成するのがベスト でしょう。

売上向上、事業拡大、人材育成、後継者問題・・・

中期5ヶ年経営計画立案サポート
「将軍の日」
で経営の闇に光を灯しましょう!

キャッシュフロー計算書を理解すれば黒字倒産は防げる!分析・作成方法を紹介!

事業計画

「キャッシュフロー計算書」 とは「貸借対照表」「損益計算書」と並ぶ「財務三表」として重要な役割を果たす決算書類のことです。

今回の記事では キャッシュフロー計算書の重要性や読み方・作成方法 について紹介します。

キャッシュフロー計算書が必要な理由

損益計算書(PL)とキャッシュフロー計算書がずれる例

なぜなら、 損益計算書は売上や費用が発生した都度計上する「発生主義」 であるのに対し、 キャッシュフロー計算書は実際に現金の動いたときに計上 するからです。

このように 損益計算書ベースでは50万円の黒字 になります。

しかし、 キャッシュフロー計算書の場合は、まだ決済されない売上や仕入は計上せずに人件費だけ計上するので4月の段階では150万円の赤字 です。

このように損益計算書ベースでは黒字でも実態はキャッシュ不足となり、 資金繰り対策 をしていないと、支払ができなかったり不渡りを起こすなどで黒字倒産を引き起こす可能性があるので注意しなくてはいけません。

キャッシュフロー計算書と資金繰り表の違い

中小企業では、資金繰りの予測をするために 資金繰り表 を作成しているケースがほとんどです。

キャッシュフロー計算書は対象となる期間のキャッシュの状況を示す資料ですが、 資金繰り表は未来のキャッシュの状況を予測 できる資料です。

キャッシュフロー計算書の計算方法と各区分の見方

キャッシュフロー計算書の計算方法

また、キャッシュフロー計算書は「 営業活動によるキャッシュフロー 」「 投資活動によるキャッシュフロー 」「 財務活動によるキャッシュフロー 」の3つの区分から成り立ちます。

本業の状況がわかる営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは、 売上や仕入、経費の支払い など会社の基本的な営業活動に必要な項目を示すものです。

設備投資などの状況がわかる投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは、 設備投資などの投資活動による現金の流れ を示すものです。

融資などの資金調達状況がわかる財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローは 銀行などから融資や出資を受けた場合にはプラス になります。

きちんと返済できていればマイナスとなるので、 マイナスの状態の方が無理のない経営ができていると評価 されます。

自由に使える資金がわかるフリーキャッシュフローについて

キャッシュフローの分析でチェックすべきこと

投資活動によるキャッシュフローがプラスの時

融資をする 金融機関としても、このような状況が何期も続くと「経営状況が不安」と融資の継続ができなくなる可能性 もあるので、根本的にキャッシュフローを改善する必要が出てきます。

投資活動によるキャッシュフローが大きくマイナスの時

この場合、 本業で得られる収益より大きな投資活動をしており、そのための資金調達を外部から行っている ことが分かります。

企業にとって事業の成長・継続の為に投資は不可欠ですが、 身の丈に合っていない投資を行っている場合は資金調達の返済が苦しくなる可能性 もあるでしょう。

キャッシュフロー計算書の作成方法(間接法・直接法)

キャッシュフロー計算書は、 直接法 ・ 間接法 の2種類の作成方法があります。

最終的な金額は一致しますが、 営業活動によるキャッシュフローの作成プロセスが目的により異なる のです。

キャッシュ増減の原因がわかりやすい直接法

直接法は、 営業活動によるキャッシュフローを取引別に示す ことを目的にしています。

  • 商品販売による資金増加額(+)
  • 仕入れによる資金流出(-)
  • 人件費支出による資金支出(-)
  • その他経費などの営業支出(-)

ただし、次に紹介する間接法に比べると 作成に手間 がかかります。

損益計算書との差がわかりやすい間接法

間接法は、営業活動による キャッシュフローの金額と損益計算書の利益がなぜ異なるのか 、原因を示すことが目的です。

  • 税引前当期純利益(+)
  • 減価償却費(+)
  • 有価証券売却損(+)
  • 売上債権の増減額(±)
  • 棚卸資産の増減額(±)
  • 仕入債務の増減額(±)

営業活動によるキャッシュフロー以外の作成方法は同じ

営業活動によるキャッシュフローが計算できたら、次に 投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローを計算しますが、これらの計算方法は直接法・間接法ともに同じ です。

投資活動によるキャッシュフローでは、固定資産、有価証券、固定資産売却益・損、有価証券売却益・損など を計算します。
財務活動によるキャッシュフローでは、短期・長期借入金、自社株式、配当金など を計算します。

資金不足の兆候をキャッチ!「キャッシュフロー計算書」の基本

資金不足の兆候をキャッチ!「キャッシュフロー計算書」の基本

(大村) キャッシュフロー計算書とは、会計期間中の資金の出入りを記録した財務諸表の1つです。「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」の3つの区分があります。営業CFは売上や仕入れなどの営業活動に絡むキャッシュの変動、投資CFは設備の投資や売却などで生じたキャッシュの変動、財務CFは銀行借入など資金の調達・返済に絡むキャッシュの変動をそれぞれ表しています。合田社長、この3区分のうち、営業CFの金額はどうなっていますか?

(合田) 525万円のマイナスになっている。

(大村) そうなんです。営業CFをもっとざっくり説明すると、会計年度中に本業で獲得したキャッシュの量を示しています。このCF計算書は3期分の決算書をベースに2期分を作成しているので、つまりゴウダ産商は直近2期分の本業活動の結果、930万円分のキャッシュが流出してしまっているということです。資金不足の兆候ここにあり、ということですね。

(合田) これだけ売上と利益が伸びているのに?

(大村) 不思議に思うかもしれませんが、資金の動きに焦点を当てるとこういう結果になります。「営業CFのマイナス」は収入より支出が多かったことを意味しているので、潤沢な資金を蓄積していない限り、資金不足に陥るのはある意味で当然といえます。

(合田) なるほど……。

(大村) 会社は営業CFの範囲内で資金を投資に回したり、調達した資金の返済に回したりして事業を運営するのが本来の健全な姿です。つまり、営業CFは企業活動の源泉であり、この数字がマイナスの場合、保有している資産をお金に換えるか、会社の外から調達しない限り資金は減っていくことになります。極端に言えば、営業CFがマイナスというのは、やがて倒産に向かう可能性のある危険な状態といえます。

(合田) まさかそんな状態になっていたとは……。

(大村) ゴウダ産商の場合、月末の資金不足を補うために銀行借入を重ねていますよね。キャッシュフロー計算書の財務CFが122万円のプラスになっているのはその表れです。会社をつぶさないために運転資金を調達するのは必要な対策に違いありませんが、その返済負担が資金繰りをさらに悪化させているのが現状ですね。

(合田) 経営の状態としては相当悪いですか?

(大村) 売上や利益の業績自体は良いので致命的ではないですよ。問題は、お金がたくさん出ていきやすい体質になっている点と、出ていったお金がなかなか戻ってこない体質になっている点の2つです。そこを改善したら資金不足も解消できます。

(合田) お金に嫌われてしまった感じがするな……。

(大村) 一緒に数字の勉強をして、お金に好かれる企業に生まれ変わりましょう。

◆まとめ


●キャッシュフロー計算書の営業CFは、企業活動の源泉

● 営業CFがマイナスの場合、会計年度中に収入より支出のほうが多かったことを意味する。そのままマイナスが続くと、やがて倒産に至る危険な状態

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる