株初心者必見

ラインの引き方と売買の仕方

ラインの引き方と売買の仕方

チャート・インジケーターの見方

そして、異なる期間を指定することで複数の単純移動平均線を表示させて、それらの相関関係からトレンド予測を立てることも可能です。 指標となる「シグナル」のなかでも重要なものが2つあります。1つ目は買いシグナルである「ゴールデンクロス」と売りシグナルである「デッドクロス」があります。 期間の短い単純移動平均線が期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス、逆に、期間の長い単純移動平均線が期間の短い単純移動平均線を上に越えるとデットクロスの状態になります。 ゴールデンクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、下落後に出ることが多く、価格が上がりやすくなります。 反対にデットクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、これまで取引されていた価格を短期間で割り込むシグナルとなり、価格が下がりやすくなります。

パラボリック

転換点はSAR(Stop and Reverse / ストップアンドリバース)とも呼ばれており、SARを繋げたものがパラボリックの放物線となります。 一般的に、値動きが大きく、トレンドが発生している市場に向いており、値動きの小さく、トレンドの発生していない市場ではSARが頻発するためあまり向いていません。

パラボリックに活用するためにまず途転について整理します。途転とは自身が持っているポジションを反転させること指します。 例えば、1BTCの買いポジションを決済するとき、2BTCの売りポジションを新たに保有することで常にポジションを持つなどが挙げられます。 上昇トレンドでは買い建玉を保有、下降トレンドでは売り建玉を保有しますが、パラボリックを活用した途転買い・途転売りでは、保有ポジションを切り替える際にトレンドが転換するSARでシグナルを活用し効率的な取引が可能になります。 パラボリックを活用して常に一定のポジションを保有しておくことで、買いのポジションのみを扱う取引や売りのポジションのみを扱う取引よりも、ポジションを保有していない期間を最小限に抑えることが可能となり、売買の機会を増やすことができます。

MACD (マックディー)

MACD(マックディー)は「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散」と訳されます。 「単純移動平均線」とコンセプトは似ていますが、MACDの特徴は以下の2つになります。 1つ目は2つの移動平均を利用して価格のトレンド分析することです。 2つ目は単純移動平均線よりも直近の価格変動をより重視した「指数平滑移動平均線」をベースにしていることです。

MACDのメリットとしては、単純移動平均線よりも直近の価格変動を重視しているため、売買サインが早く現れることにあります。 売買のサインは単純移動平均線と同じく「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」となり、MACDがシグナルを上回る(ゴールデンクロス)と買い、MACDがシグナルを下回る(デッドクロス)と売りのサインとなります。 また、ヒストグラムはMACDからシグナルを引くことで産出されるため、ゴールデンクロスの場合はマイナス圏からプラス圏に、デッドクロスの場合はプラス圏からマイナス圏に転じるため、価格の推移が見やすい指標になっています。

ラインの引き方と売買の仕方

スマートインテリアシェード ホームタコス(窓まわりの電動製品)

ヨコ型ブラインド

パーフェクトシルキー
パーフェクトシルキー チェーン

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

シルキーシェイディ RDS
シルキー RDS

光漏れを低減し、意匠性を高めた「シルキーシェイディ RDS」。さまざまな窓に対応する、スタンダードな「シルキー RDS」。

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

カスタマイズブラインド
フォレティアエグゼ チェーン (ウッド)
フォレティアシェイディ チェーン (ウッド)
アフタービートエグゼ チェーン (アルミ)

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

カスタマイズブラインド
フォレティア チェーン (ウッド)
アフタービート チェーン (アルミ)

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

電動ヨコ型ブラインド

製品の特長・動き

タテ型ブラインド

ラインドレープ

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

ロールスクリーン・調光ロールスクリーン

ラルクシールド

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

調光ロールスクリーン
デュオレ

製品・機能紹介

プリーツスクリーン

ゼファー・フィーユ

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

ハニカムスクリーン

製品・機能紹介

施工・メンテナンス

ローマンシェード・カーテン

施工・メンテナンス

製品・機能紹介

製品の特長・動き

プレイス スウィング

製品・機能紹介

製品の特長・動き

施工・メンテナンス

アコーデオンカーテン
アコウォール

カーテンレール

カーテンレール

製品・機能紹介

本ページはお客様がご利用のブラウザ Internet Explore で閲覧するとレイアウトや表示が崩れ正常に閲覧できません。セキュリティの観点からも下記の最新ブラウザをご利用ください。

契約のまき直しとは?言葉の由来やまき直しのタイミングを解説

契約のまき直しとは?言葉の由来やまき直しのタイミングを解説

それぞれ業界ならではの専門用語がありますが、不動産の世界にも日常では使われない業界用語があります。
不動産業界で度々使われる「まき直し」とは何のことかご存じでしょうか?
「契約のまき直し」などと使われて、「まく」とは契約を「交わす・結ぶ」という意味で使われています。
したがって「まき直し」とは、「すでに交わした契約に変更点があった際に、内容を変更して改めて契約を交わす」という意味となります。
不動産の契約書は、数々の細かいことが記載され膨大な内容です。
契約書の一部を変更したいがために、わざわざ契約を破棄して再度契約を締結させるのは作業効率が悪く避けたいものです。
もしくは、契約書を作り直すことも非効率的な作業です。
そのため、大きく変更する場合においては、契約書をまるまる作り変えることが必要かもしれませんが、軽微な変更や何点か追加する際は契約のまき直しがおこなわれます。

変更契約書とは

一度交わした契約を再度結び直す場合に、すでに交わした契約書を「原契約書」、原契約書の内容の一部を変更した契約書のことを「変更契約書」と呼びます。
変更契約書は、仕様変更による契約金額や納期の変更などに使われることが一般的です。
また、建売住宅で建物のプランを確定させてから契約をする場合に、まき直しがおこなわれることがあります。
建物のプランが決まる前は契約金額や納期が定かでないため、まず双方の意思表明として仮の内容で契約をします。
打ち合わせが進み、建物の仕様や納期が明らかになってから、改めて正式な内容で契約を結ぶという方法があります。
このような状況で契約のまき直しがおこなわれます。

契約の巻き直し!言葉の由来

契約の巻き直し!言葉の由来

一度おこなった契約の内容を変更し、改めて契約を締結する「契約のまき直し」の言葉の由来を解説します。
もとを辿ると、植物の種をまきなおすという意味の「蒔き直し」が語源とされています。
しかし、「蒔く」という漢字はさほど馴染みがないため、「巻き直し」や「まき直し」が広く使われるようになったという説があります。
国語辞典によると「まき直し」について、下記のように記載があります。

契約のまき直しのタイミング!覚書の重要性や念書について

契約のまき直しのタイミング!覚書の重要性や念書について

不動産売買をする際は、目的物を手に入れるまでに驚くほど多くの取り決めをする必要があります。
たとえば、契約金額、不動産登記、隣接する土地との境界、住宅ローンの詳細など、何度も売主と買主の双方の認識を一致させていかなくてはなりません。
当初結んだ契約書の内容が、話を詰めていく段階で変更になることも少なくはありません。
しかし、その都度契約書を変更するというのは無駄が多いので非現実的とされ、合理的な覚書や変更契約書が扱われます。
さまざまな理由から契約した内容を変更したい場合や変更せざるを得ない場合には、そのタイミングで契約のまき直しをおこないます。
「言った言わない」の水かけ論のトラブルになることを防ぐために、変更点が生じたタイミングでまき直しをおこなうことがおすすめです。
流れとしては、まず原契約書の内容を改めて確認して、変更箇所について売主と買主の双方の合意を認識します。
そして、変更内容を覚書として文書化し、課税文書については収入印紙を貼り完成します。
それでは、覚書や印紙が必要な場合について詳しくみていきましょう。
契約は法的な効力を持ち、不動産に携わらない方にとっては身構えてしまう内容だと思いますので、事前に知識を持っておくと安心です。

「覚書」は重要事項を書き留めた文書です。
契約書という名前はついていませんが、法的な効力があり、買主と売主の認識違いから発生するトラブルを防止できます。
買主と売主の同意の上で変更点を覚書に記載しておくことで、契約をまき直しがおこなえます。
また、覚書は契約締結後に契約条件が決定する場合にも使われます。
契約時点では金額や納期が判断できないケースについては、別途協議した上で定めると記載しておきます。
具体的な内容が定かになってきた段階で、覚書に正式な内容を記載して取り交す方法があります。
覚書は、「変更契約書」「変更合意書」「変更確認書」など、慣例的に名称は変わりますがすべて同様に法的な効力をもちます。
覚書は2通用意し、売主と買主の双方が保管します。
書き方に決まった形式はありませんが、契約のまき直しの際に記載する項目は以下のような内容が一般的です。

●表題
●変更前の契約書の締結日
●変更箇所
●変更が有効になる日付
●当事者の住所・氏名
●作成した日付
●当事者双方の署名捺印

覚書に記載する内容は、「法的に問題がないか」「理解に齟齬が生まれるような記載がないか」をしっかり確認しましょう。 ラインの引き方と売買の仕方
変更箇所をわかりやすくするために、変更前の内容と変更後の内容を表にまとめた「新旧対照表」を用いる場合もあります。
また、元の契約書の内容を変更するわけですから、原契約書の内容についても理解しておきましょう。
変更内容に付随して他の箇所も変える必要があるかもしれませんので、変更点と関係を持つ事柄については注意しましょう。

重要事項を記載しておく書類には、覚書と似ているもので「念書」があります。
どちらも重要事項を取りまとめた内容を書き留めておくものですが、念書には法的な拘束力や強制力はありません。
また、念書は当事者の一方が記載し署名捺印したものを、もう一方に差し出すものなので、覚書とは性質が異なります。 ラインの引き方と売買の仕方
内容としては、借用書や誓約書のように一方が義務を負担するものや、約束を証明するものが多いです。
法的な力はありませんが、もし裁判になった場合などは証拠として扱うことができます。

印紙が必要な場合

覚書を使用するときの注意点として、覚書の内容によっては納税する必要があるということが挙げられます。
印紙税法によって、覚書の内容が「重要な事項」である場合に課税対象になると定められています。
課税文書には、購入した収入印紙を貼り消印を押して納税しなければなりません。
課税文書の覚書に印紙を貼っていない場合は、印紙税額の2倍の「過怠税」がかかります。
また、消印を押していない場合も額面金額に応じた過怠税が発生するので、覚書の取り扱いには十分注意しましょう。
課税対象になる主な重要事項は以下になります。

●請負の内容
●請負の期日または期限
●契約金額
●取扱数量
●単価
●契約金額の支払方法または支払期日
●割戻金などの計算方法または支払方法
●契約期間
●契約に付される停止条件または解除条件
●債務不履行の場合の損害賠償の方法

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる