Web取引ガイド

レンジとトレンドを見分ける3つの方法

レンジとトレンドを見分ける3つの方法
【図3】家具や家電を置く場所

どうすれば人気のIPO株を購入できるのか?購入方法や注意点を解説

どうすれば人気のIPO株を購入できるのか?購入方法や注意点を解説

IPOの仮条件とは何ですか? IPOの仮条件とは、IPO株の「公開価格」を決める前に投資家に提示される公開価格の「想定レンジ」です。 まずIPOを行う企業と主幹事証券会社が協働し、同業他社の株価や市況などを考慮して想定価格を決めます。その後、機関投資家にヒアリングを行い、ブックビルディング時に投資家に提示する公開価格の「想定レンジ」が決まります。 投資家はブックビルディングにおいて、「想定レンジ」内のどの価格で購入したいかを申告します。投資家がもっとも多く申告した価格が公開価格になります。

IPOの公開価格とは何ですか? IPOの公開価格とは、IPO株が取引所に上場される時に基準になる株価であり、IPOの配分を受けた投資家が購入する価格です。 ブックビルディングに参加した投資家が、仮条件の中でもっとも多く選択した株価が公開価格になります。 IPOが上場された後に取引される株価が公開価格を上回れば、投資家は利益を得ます。逆に公開価格よりも株価が下がれば損失になります。

IPOのブックビルティングとは何ですか? ブックビルディングとは、IPOの公開価格を決定する方法のことです。 仮条件(公開価格の想定レンジ)が決まると、ブックビルディングが始まります。投資家はこの想定レンジ内で、購入希望株価と株式数をブックビルディング時に申告します。それらの需要をもとにもっとも購入希望が多い価格が公開価格となります。 ブックビルディングを経ることによって、投資家の需要がどのくらいあるのかが公開価格に反映されるので、公開価格が適正な水準に近づく傾向があります。 現在はIPOの人気が高いので、発行価格が仮条件の上限に決まることが多くなっています。IPOの購入希望が強い場合は仮条件の上限で申し込むか、発行価格の水準によらず必ず購入する「成行」で申し込まないとIPOの購入は難しくなります。

IPO投資で損失を出さないための注意点はありますか? IPOを行う企業の事業内容、財務状況などをしっかり分析してからIPOに応募する銘柄を選ぶと良いでしょう。IPO投資といっても株式投資に変わりはありません。事業内容に魅力があり、成長性のある企業の株価は上昇する可能性があります。 IPOに特有な需給動向などもチェックが必要です。既存株主としてベンチャーキャピタルの存在が大きかったり、新たに株式を発行するよりも既存株主の売り出しが多かったりすると、需給関係がマイナスに作用することがあるので注意が必要です。

IPO株は少額でも購入できますか? 少額でもIPO株を購入できるサービスがあります。 日本株は単元株制度を採用しているので、通常は1単元=100株の取引になります。一般的なIPO投資も100株単位の取引になりますが、単元未満株の取引に力を入れているPayPay証券では、1株単位でIPO銘柄の申し込みができる「誰でもIPO!」というサービスを提供しています。

誰でもIPO! は、新規上場株式を1株から1株単位で100株(1単元)まで、購入申し込みができます。 抽選倍率の高いIPOを、一人でも多くの方に体験いただき、今まで一部の投資家にチャンスが偏っていたIPOの購入申し込みに、少額から誰でも参加できるようにすることで、多くの方に当選の機会を作りたいとの思いでサービスを開始します。

引用:PayPay証券

レンジとトレンドを見分ける3つの方法

目線を付ける

前回は、チャートを分析するための第一歩として、
相場を「トレンド相場」と「レンジ相場」という2つのパターンにざっくりと分ける、
という事を学びました。
⇒トレンド相場かレンジ相場かを見分ける

トレンド相場とレンジ相場、この2つは、
すでに出来上がってしまっているチャートでならば
おそらくは、割と簡単に見分けがついたかと思います。

ただ、悩ましいことに、実際にリアルタイムで動いている相場では、
「今はトレンド相場なのか?レンジ相場なのか?」
ということを見分けることは、なかなか一筋縄ではいきません。

「トレンド相場なのか?」
「レンジ相場なのか?」

とは言え、トレンド相場とレンジ相場の両方をいっぺんに学んでも、
きっと訳が分からなくなってしまうと思うので、
まずは徹底的に「トレンド相場」について学んでいきましょう!

「トレンドの定義」

「目線の付け方」 レンジとトレンドを見分ける3つの方法

まずは前回のおさらい

そして前回、「トレンド相場」には、
上を目指している「アップトレンド」、その反対の下を目指している「ダウントレンド」、
と、この2つがあるということをお伝えしました。

アップトレンド

これを「上目線」とも言います。

では、「ダウントレンド」とはどんなやつでしょう?

ダウントレンド

ご想像の通り、これです。 完全に レンジとトレンドを見分ける3つの方法 下を目指しています。

これを「下目線」とも言います。

トレンド相場には、 レンジとトレンドを見分ける3つの方法

「アップトレンド」か「ダウントレンド」=「上目線」か「下目線」

この2つしかありません。

「やー。とてもシンプルだなぁー。
この2つしかないなら、「トレンド相場」だけ狙って、
ずーっとポジションを保有しておけば、こりゃきっとすぐ大金持ちだ。ニヤリ」

ここからが今回の本題です。

問題1

問題2

むむっ!ですよね。いきなり形勢逆転。 めっちゃ悩ましいです。

実際の相場ってこんなんばっかりです。

悩ましい形のヤツが非常に多いのです。

トレーダーにとっての”道しるべ”的存在

それが 「ダウ理論」 です。

この「ダウ理論」を使えば、
相場が先ほど示した悩ましい図の①と②のような状態の時にも、

『今は アップトレンド なのか? ダウントレンド なのか?
=今は 上目線 なのか? 下目線 なのか?』

という事の判断がビシッと付けられるようになります。

今回の記事では、あなたにこの「目線のつけ方」を覚えてもらいます。

みたいな不安も出てくるかもですが、 そこは心配ご無用。

先に言っておきますが、 我々FXトレーダーは、

この「ダウ理論」の”すべて”をガチガチに理解し、使いこなさなければならない、

ということは 全然 ない です。

申し訳ないくらいに、 いいとこ取り します。

「いや、そんなんでいいの!?」 という声が聞こえてきそうですが、 いいんです。

「トレンドの目線」の判断をつける、

その判断に必要な部分だけ をダウ理論さんから拝借します。

「ダウ理論」の全体像を一瞥しておこう

引用:ウィキペディアより

ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されている。

①平均はすべての事象を織り込む
政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、
需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、
その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

レンジとトレンドを見分ける3つの方法 ②トレンドには3種類ある
ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。
そのトレンドを以下の3つに分類している。

主要トレンド:1年~数年のサイクル。

二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。

小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、
二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

③主要トレンドは3段階からなる
また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、
いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。
価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

④平均は相互に確認されなければならない
複数の平均的指標が存在する場合、 レンジとトレンドを見分ける3つの方法
その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。

もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、
直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、
且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

レンジとトレンドを見分ける3つの方法

ダウが活躍した時代のアメリカでは、
工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。

工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、
ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』では、
ダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない
市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。

例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、
下降局面においては逆になる。

主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、
二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、
それが出来高の多少に反映するとする。

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。

トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、
トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

「ふむふむ、そういうことね。」 って絶対なりません。

もし上記の文章だけを全部読んで、

一発で「なるほど。」となったら、

おそらくあなたの前世はチャールズ・ダウです。


前世のあなたが唱えた理論です、
きっと。

「トレンドの定義」とは

「連続する高値、安値の各々が、
その前の高値、安値より上である限り、アップトレンド」

uptrend-teigi

高値の上に次の高値があって、安値の上に次の安値が来てますよね。
ダウ理論では、これが続く限り「アップトレンド」とみなします。

「連続する高値、安値の各々が、
その前の高値、安値より下である限り、ダウントレンド」

downtrend-teifi

ダウ理論的に、これが続く限り「ダウントレンド」とみなします。

OK?

これが、「トレンドの定義」です。

この概念は、これからあなたが実際に相場を張っていく上で、
かなり重要な判断材料になるので、
このことは、 必ず今ここで、しっかりと理解してしまって下さい。

トレンドの「目線」とは

この「目線を付ける」とは、ざっくりそのまま、
そのトレンドが「アップトレンドなのか?」「ダウントレンドなのか?」
ということを判断することだと認識してもらってOKです。

「そのトレンドは、まだ継続するのか?」
もしくは、
「転換しそうなのか?」

バイナリーオプションは「N波動」でトレンドを見極めて勝率を上げる

必勝法

  • 具体的なトレンドの見極め方がわかる
  • レンジとトレンドを見分ける3つの方法
  • トレンドの見極めにより、不要な負けを防ぐことができる

トレンドの見極め方

ハイローオーストラリアの 口座開設 がまだの方は以下のリンクから完了させておきましょう(口座の開設・維持費は無料で3分程度で完了します)。

トレンドの種類

  • 上昇トレンド:相場の流れが上昇(上方向に進んでいる)している
  • 下降トレンド:相場の流れが下降(下方向に進んでいる)している
  • レンジ相場:相場が、上昇でも下降しているわけでもなく、横ばいの状態

価格が上昇しているから上昇トレンド

価格が下がっているから下降トレンド

トレンドの見分け方

  • チャート上に「N」を形成する
  • 上昇トレンドの場合、高値・安値が切り上がっている(下降トレンドの場合は高値・安値が切り下がる)

チャート上に「N」を形成する

上昇または下降トレンドでは、チャート上に「 N 」が現れます。

このチャートでは、わかりやすいように「 ZigZag 」というインジケーターを表示させています(上の図でうっすらと見える赤色の線です)。

高値・安値が切り上がっている

上昇トレンドの場合、 高値・安値が切り上がっていき、下降トレンド場合は反対に高値・安値が切り下がっていきます。

トレンドの終焉

高値もしくは安値が更新されなかった時

下のチャートでは、安値・高値共に順調に切り上がっており、上昇トレンドを形成していましたが、 どんどん上昇の力が弱くなり(相場がどちらの方向に進むか迷っている)、最終的に安値が切り下がっています。

マンション間取り図の読み方、見方とチェックポイント

【図1】間取り図の例

部屋の広さの確認方法

窓や扉の位置と開き勝手、バルコニー形状

【図2】扉の種類

ウォークインクローゼットの引き戸

浴室の方に90度開く開き戸

和室とリビングを仕切る3本引き戸(写真左)

家具や家電を置く場所のチェック

【図3】家具や家電を置く場所

洗濯パン参考

間取り図のチェックポイント1:動線(どうせん)

間取り図のチェックポイント2:家具のレイアウト

ノムコムのVRホームステージングではモデルルームのように家具をバーチャルコーディネートしている

利益総額は10億円!“裏技上等”レンジとトレンドを見分ける3つの方法 FX界の怪人トレーダーの手法公開

さらに2社間のスワップ金利の違いを利用したアービトラージなどノーリスクで儲かる手法で荒稼ぎしてきたForexDog氏。だが、今メインとするのは、裏ワザではなく真っ当な裁量手法である「真空地帯トレード」だ。 「裏ワザ的手法で取引しながらも長く使える通常の裁量手法も研究していました。完成したのがチャートの“真空地帯”を狙った手法。チャートを見ていると、一時的に値動きが加速するときと、腰折れして戻ってくるときがありますが、その2つの違いには、抵抗帯の有無があることに気づいたのです。下げが加速しても、下にサポートラインや節目となる過去の安値水準があれば跳ね返されやすい」 節目となる高値・安値や移動平均線の付近では買い手や売り手の思惑が交錯するためだ。 「反対に考えると、そうした抵抗帯のない真空地帯であればレートが走りやすい、ということです。じゃあ、真空地帯がどこにあるのか。それを見分けるために使うのが、多くの人が見ている20、50、100に設定した3本の移動平均線(SMA)。この3本を15分足チャートに表示させるのが基本となります。ただ、これだけでは『木を見て森を見ず』。15分足はデイトレには便利ですが、より強い抵抗帯となるのは1時間足や8時間足、日足といった上位足のSMA。15分足では真空地帯に見えても、1時間足の20SMAがあれば強い抵抗帯となり、値動きが止まってしまうからです」 かといってチャートを切り替えながら「1時間足のSMAが108.50円にあるから……」と見ていくのは面倒だ。

12本のSMAが乖離した真空地帯で利幅を稼ぐ

億超えFX神5人衆

「そうであれば15分足に1時間足のSMAを表示させればいいんです。1時間足の20SMAを15分足で表現するにはどうしたらいいか。『1時間足=15分足×4本』ですから、20SMAなら4倍した80に設定することで、1時間足の20SMAを15分足に表示させたことになります。そのようにして『20、50、100の3本』と『15分足、30分足、1時間足、8時間足の4つの足』を組み合わせていくと、超短期である15分足の5と基本となる日足の20を加えると5、20、40、50、80、100、200、400、640、1600、1920、3200の12本のSMAになる。これが真空地帯を見極める検査キットとなるのです」 最初の設定は面倒だが、チャートレイアウトの保存機能などを利用しよう。 「15分足に表示させた12本の傾きが揃っていたら『パーフェクトオーダー』。上向きで揃っていたら上昇トレンドを示します。反対に下向きで揃っていたら下落トレンドのパーフェクトオーダー。12本が絡まった状態はレンジ相場です」

次のページ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる