暗号資産

金融商品に係るリスクについて

金融商品に係るリスクについて
価格変動リスクとは

但馬信用金庫について

お客さま本位の業務運営に関する取組方針

「個人情報のお取扱い」について

1.個人情報保護宣言(プライバシーポリシー)

2.手形交換の不渡情報の共同利用について

「金融商品に係る勧誘方針」について

保険販売業務に係る「保険募集指針」について

保険募集指針

「反社会的勢力に対する基本方針」について

反社会的勢力に対する基本方針

「利益相反管理方針の概要」について

利益相反管理方針の概要 金融商品に係るリスクについて

「中小M&Aガイドライン遵守宣言」について

中小M&Aガイドライン遵守宣言

「地域金融円滑化への取組み」について

地域金融円滑化のための基本方針

貸付条件の変更等の実施状況(令和3年3月末)

中小企業等金融円滑化相談窓口のご案内

中小企業金融円滑化法の期限到来後の検査・監督の方針

中小企業金融円滑化法の期限到来に当たって講ずる総合的な対策

中小企業・小規模事業者の皆様へ

「一般事業主行動計画」について

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」

女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」

「ソーシャルメディア利用方針」について

ソーシャルメディア利用方針(ソーシャルメディアポリシー)

Facebookページ利用規約

Instagramページ利用規約

コンプライアンス態勢

法令・社会的な要請等への対応

コンプライアンスに関する規程、プログラム、マニュアルの作成・実践

職員教育・啓蒙活動

遵守状況に係る点検

リスク管理態勢

信用リスク管理

市場リスク管理

流動性リスク管理

オペレーショナル・リスク管理

「事務リスク」 事務リスクとは、業務上の事務ミスや不正により損失を被るリスクのことです。
たんしんでは、事務に関する規則等を整備して研修・指導等を通じ職員の事務能力の向上を図ることにより、正確な事務処理の徹底と不正行為の発生防止に努めています。また、監査部による立入検査を実施して内部牽制を図るとともに、自店内でも相互牽制と事務ミスの早期発見のため定期的に店内検査を行っています。 「システムリスク」 システムリスクとは、コンピュータシステムの停止・誤作動や不正使用、さらにはサイバー攻撃等の発生により損失を被るリスクのことです。
たんしんでは、(一社)しんきん共同センターへ加盟し、オンラインシステムの運用を委託しています。同センターはコンピュータ・通信回線の二重化およびバックアップセンターの設置等により、大規模災害等の不測の事態に備えて万全の態勢を構築しています。
また、たんしんでは、当金庫の情報資産について各種規程・取扱要領等を制定し、厳正な情報管理を行う等、十分な管理態勢を構築しています。 「法務リスク」 法務リスクとは、金融機関の経営や顧客とのお取引等において、法令や内部規程等に違反する行為ならびにその恐れのある行為(コンプライアンス違反行為)が発生し、金融機関の信用失墜や法的な責任追及を受けることにより損失を被るリスクのことです。
たんしんでは、コンプライアンス態勢の整備を行い、遵法精神の醸成に努めるとともに、各種業務における法務リスクの検証と適切な管理により、損害の未然防止、極小化を図り、信用の維持、確保に努めています。 「風評リスク」 風評リスクとは、インターネット掲示板や携帯電話のメール等による根拠のないうわさの流布やマスコミ報道、市場関係者の評判、業務上のトラブル等、様々な要因から金融機関に対する評判が悪化し、有形無形の損失を被るリスクのことです。
たんしんでは、「地域になくてはならない金融機関」とお客様に感じていただけるよう、常日頃から役職員が日常業務や地域との関わりを通じて、お客様との強い信頼関係の構築に励んでいます。さらにディスクロージャー誌等により透明度の高い情報開示を積極的に行い、当金庫の経営の健全性を広くお客様に伝達するとともに、常に公共報道やインターネット等を利用した風評情報によるお客様動向の変化を注視するなど、モニタリングの実施にも力を入れています。また、当金庫のイメージ向上に向け、Facebookページの運営など積極的な広報活動も展開しています。 「人的リスク」 人的リスクとは、職員による不適切な行為、人事運営上の不公平・不公正・差別的行為(セクシャルハラスメント・パワーハラスメント等)、労働災害およびメンタルヘルス不全等から生じる損失・損害等を被るリスクのことです。
たんしんでは、職員の安全衛生を確保し、公平かつ透明性の高い人事制度の運用を行うべく日々取組みを行っており、今後も法改正、社会的要請に適時対応し、より一層の態勢整備に努めます。 「有形資産リスク」 有形資産リスクとは、災害その他の事象から生じる有形資産の毀損・損害などにより、損失を被るリスクのことです。
たんしんでは、防犯訓練に加え、地震災害時等によりオンラインが稼働しない場合を想定して、業務継続計画に基づく訓練を実施しており、今後も実施していく方針です。

Copyright(C)2011 TAJIMA SHINKIN 金融商品に係るリスクについて BANK. All rights reserved.

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき 金融商品に係るリスクについて は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

金融商品に係るリスクについて 信用リスクとは

信用リスクとは

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

換金や売却が制限される場合

換金や売却が制限される場合

個人向け国債は、国(日本国政府)が発行する個人の方を対象とした債券であり、満期時の元本の返済、半年毎の利子の支払いも国が責任をもって行います。
ただし、下記のとおり 換金や売却が制限される場合があります ので、あらかじめご確認ください。

  • 個人向け国債は、発行から1年間、原則として中途換金はできません。なお、保有者がお亡くなりになった場合、又は大規模な自然災害により被害を受けられた場合は、発行から1年以内であっても中途換金が可能です。
  • 個人向け国債は、原則として、個人のみ保有可能であり、個人以外への譲渡は認められておりません。

日本証券業協会のホームページ
(https://www.jsda.or.jp/shijyo/foreign/files/eibunkaisha.pdf)に掲載している外国の
発行者が発行する債券のうち国内で募集・売出しが行われた債券は、
金融商品取引法に基づく開示書類が英語により記載されています。

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

無登録格付について
(特定関係法人格付説明事項)

当社ホームページに掲載された各商品等には、本リスク・手数料等説明ページ上で説明する内容以外のリスクを含むものがあります。 また、信用取引、先物・オプション取引の場合には、元本を超える損失が生じるおそれがあります。 各商品等へのご投資にあたっては、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。 当社ホームページに掲載された各商品等のリスクおよび手数料等については、商品ごとに異なりますので、本リスク・手数料等説明ページ、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、または当社ホームページの当該ページをよくお読みください。
上場有価証券等書面・契約締結前交付書面はこちらをご覧下さい。 金融商品に係るリスクについて

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

価格変動リスク

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスクとは

為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 金融商品に係るリスクについて になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

金融商品に係るリスクについて

リスク・手数料等説明ページ 株式等の取引に係るリスクや手数料

株式等の取引により損をすることがあります。

価格変動リスク

各種 相場の変動 などにより、価格が変動し損をすることがあります。

信用リスク

購入した株式等を発行している会社の 業務または財産の状況の変化 などによって損をすることがあります。

為替変動リスク

外国株式等の場合、 購入時より円高 になっていると、 円で換算した場合には 損をすることがあります

・エンハンスト型・・・一定の投資成果を実現するための新しい指標に連動するように設計された商品(カバードコール指標 ・リスクコントロール指標 ・マーケットニュートラル指標など)

“Real Estate Investment Trust”(不動産投資信託)の略で、投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、そこから得られる賃貸料収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。不動産の売買・賃貸市況など経済情勢の影響などにより、REITの価格が下落し損をすることがあります。

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

価格変動リスク

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスクとは

為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる