FXのご案内

ハイローとFXの違いは

ハイローとFXの違いは
バイナリーオプション

バイナリーオプションとFXの違いを比較!どっちが難易度が低い?

バイナリーオプション

バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較

もしあなたが「 バイナリーオプションとFXの違いは何?どっちがいい? 」という疑問があるなら、このページを最後までご覧ください。

▼ このページで解決する疑問

ハイローとFXの違いは
バイナリーオプションとFXの違いが知りたい人「バイナリーオプションとFXでは何が違うんだろう?初心者が稼ぐにはどっちがおすすめですか?比較して知りたいです。」

▼ このページの信頼性

ちなみに、このページを書いている僕自身は現役のバイナリーオプション投資家であり、 FXでも8年の取引経験 がありますので、 内容の信頼性はある かと思います。

バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較

バイナリ―オプションとFXの違い どっちがいいのか?

バイナリーオプションとFXの違い

「 ハイローとFXの違いは バイナリーオプションとFXでは何が違うの?どっちがいいの? 」という疑問にお答えします。

まずは、 バイナリーオプションとFX取引の違いを理解するために、下記の6つの内容を理解しておくのがいいですね。

▼ バイナリーオプションとFXの違いは6つある

1.バイナリーオプションは倍率が固定です

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「 バイナリーオプションは倍率が固定です 」という違いがあります。

▼ バイナリーオプションは倍率が固定です

バイナリーオプションの場合には、 あらかじめ用意された選択肢に対して、 どっちに動くかを予測すればOK というシンプルな仕組みです。

2.FXはレバレッジで取引をおこなう

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「 FXはレバレッジで取引をおこなう 」という違いがあります。

▼ FXはレバレッジで取引をおこなう

レバレッジと言うのは、日本語でいえば「 てこの原理 」のことです。

支点・力点・作用点。

これが、 FX取引のレバレッジの力 です。

ちなみに、バイナリーオプションにレバレッジはありません。

3.FXにはスプレッドがある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「 FXにはスプレッドがある 」という違いがあります。

▼ FXにはスプレッドがある

FXでは「すぐに買って、すぐに売る」という取引をした場合にも、 スプレッド分の損失が出る ことになります。

バイナリーオプションであれば、そもそもスプレッドという概念がなく、シンプルに「 予測が当たるか? 」「 予測が外れるか? 」という2つの結果があるだけです。

4.FXには金利(スワップポイント)がある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「 FXには金利(スワップポイント)がある 」という違いがあります。

▼ FXには金利(スワップポイント)がある

FXには、インフレ通貨に対して金利がかけられており、たとえば「トルコリラ」などの不安定な通貨であれば、1Lotで20円くらいの金利(スワップポイント)が発生します。

FX取引では、1方の通貨を買い、1方の通貨を売ることになりますから、 この通貨ごとの政策金利の差により 金利(スワップポイント) が生まれることになります。

バイナリーオプションとFXを比較すると、バイナリーオプションには金利(スワップ)はありませんので、大きな違いですね。

5.FXには追証がある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「 FXには追証がある 」という違いがあります。

▼ FXには追証がある

ですから、いきなり相場が大きく変動した場合に、 口座にあるお金(証拠金)が足りなくなる ことがあります。

バイナリーオプション取引ではFX取引とは違い、そもそも証拠金という考え方ではありませんので、追証もありません。

6.バイナリーオプションには取引終了時刻がある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「 バイナリーオプションには取引終了時刻がある 」という違いがあります。

▼ バイナリーオプションには取引終了時刻がある

  • ①予測して、エントリーする。
  • ②取引終了時刻があり、エントリーが締め切られる。
  • ③判定時刻があり、予測結果がわかる。

もっと具体的に言えば、30秒、1分、5分、15分、1時間、2時間、4時間、24時間、といった感じで判定時刻が区切られており、その判定時刻に一定のラインよりも 上に行くのか? それとも 下に行くのか? を予測してエントリーをおこないます。

  • バイナリーオプションでは、あらかじめ決められた判定時刻で結果がわかります。
  • FXでは、判定時刻はなく、あなた自身のタイミングで決済取引をおこないます。

FX取引では、基本的に取引時刻に区切りはありませんので、無限にロールオーバーしてポジションを持ち続けることができます。

バイナリ―オプションとFX取引 – どっちがいいのか?

バイナリーオプションの税金はバレる?対策方法を公開01

どっちがいいのか?

▼ バイナリーオプションとFX取引の違い

バイナリ―オプションとFXどっちがいいのか?を判断するためには、それぞれの違いを理解しておきましょう。

①リスク要因の違い

しかし、両方の取引方法の違いを比較してみると、 バイナリーオプションは取引を始めるまえに、どれだけの利益と損失が出るかがわかっている ため、 FX取引よりもリスクを調整しやすい傾向にあります。

バイナリ―オプションでは、FX取引よりも簡単にあなたの取引リスクを管理することができます。

その結果、投資の初心者がFX取引で取引をスタートすると、 バイナリーオプションよりも早く資金を失ってしまうリスクがあります。

さらに、バイナリーオプション取引であれば、取引の途中で「 予測が外れた…。 」と感じた場合には、途中で「 転売 」を利用することができます。

②使いやすさの違い

ですから、 投資の初心者 であっても、 バイナリーオプションの仕組みを簡単に理解することができます。 ハイローとFXの違いは

バイナリ―オプション取引が非常にシンプルな理由は、 取引の選択肢が「 2択(バイナリー) 」だからです。

注文の種類は「 High(上がる) 」か「 Low(さがる) 」かの2つだけ。それに比べて、FX取引はかなり複雑な選択に直面しています。

③収益倍率の違い

バイナリ―オプションで最も知名度の高いハイローオーストラリアであれば、 ハイローとFXの違いは ペイアウト倍率は1.88倍~2.20倍に 固定されています。

バイナリ―オプション取引のペイアウト倍率はあらかじめ決まっているため、 あなたが取引をスタートした時点で、正確な収益予測を立てることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる