利食い

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは
sustenキャピタル・マネジメント
https://susten.jp

「ヘッジファンドダイレクト」が個人投資家向け「業界レポート」を発表

世界同時株安でも安心できる「世界ランキング上位の優秀ファンド」に個人投資家がダイレクトに投資できる投資助言サービスを通じて、フィンテック業界をリード

■「ヘッジファンドダイレクト」投資助言サービスの3つの特徴
1.過去10年間年利10%以上の実績を出したヘッジファンドに個人でも投資
「過去10年間以上、年利10%以上の実績を出した優秀なファンド」は日本にはわずか1本しかないことはご存知でしたか? 当サービスは「世界ランキング上位」の海外一流ヘッジファンドへの投資機会に関する情報提供を通じて、個人投資家のグローバル化を支援します。

●過去18年間 年率平均18%以上(設定来+2383%) Barclay Hedge Top performance Hedge Fund 受賞
※ヘッジファンドとは、相場下落局面でも収益を出す運用手法のファンドで、ハーバード大学基金等の機関投資家や超富裕層に提供されている金融商品です。日本での販売額は2,794億円、残高は2.2兆円です。(出所:金融庁ファンドモニタリング調査2014年)

3.ヘッジファンドに投資するコストが従来の最大半額へ
当サービスを利用すれば、大手証券会社や外資系プライベートバンク東京支店等を「中抜き」して、ダイレクトにヘッジファンドに投資できます(特許申請中) その結果、「トータルコスト」を最大で半額にすることができ、結果として、個人投資家のコスト差引後の手取リターンを最大化します。

  1. 玉石混合!ネット時代における投資情報の見分け方
  2. 儲けたい個人投資家の力で、販売手数料削減、そして販売業者の中抜きへ
  3. 売手と買手の「利益相反」に対する個人投資家の意識の高まり
  4. 規制緩和で、日本の個人投資家がグローバル化
  5. 2010年代からの「バイサイド」と「セルサイド」の厳格化
  6. フィンテック革命と業界の淘汰
  7. 運用業者の選別の仕方 実績は過去10年分を確認
  8. ヘッジファンド流 VS 自分流 どちらで年利18%を稼ぐのか?
  9. 資産運用業界の未来

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。「最大級」について:金融庁登録の全投資助言業者における、個人投資家向け海外ファンド助言契約額累計(各社HP上公表値)を元に当社調査(2015年12月3日現在)「ヘッジファンドに投資するためのトータルコストを最大で半額」について:従来は、大手証券会社や外資系プライベートバンクを通じて、間に投信会社・海外投信会社・海外証券会社を介して海外ヘッジファンドを購入することが普通でしたが、その場合、販売手数料等の中間コストが投資家様の負担になっていました。私たちはお客様がそれらの中間業者をできるだけ回避して海外の著名ヘッジファンドに直接投資できるノウハウを提供しています。その結果、私たちのお客様(日本国内在住の個人投資家)が著名なヘッジファンドに投資するためのトータルのコスト(手数料)は、同じ著名ヘッジファンドへの投資機会を提供できる大手金融機関を介する場合と比べて最大で約半額にすることに成功しています。(2015年11月末時点 当社調査済み)「過去10年間以上、年利10%以上の実績を出した優秀なファンドは日本にはわずか1本」について:確定拠出年金、ラップ口座専用ファンドを除く純資産総額300億円以上のファンドが対象。実績はモーニングスター(株)調べ(2016年1月12日現在)「販売手数料目当て」について:金融審議会 我が国金融業の中長期的な在り方に関するワーキング・グループ「投資信託に関する現状の課題と対応」より。一例に挙げたファンドの実績はあくまで過去のものであり、将来を保証するものではありません。(実績は2015月10月末現在)

完全成果報酬型お任せ運用で投資の常識を覆す。日本初の直販型ファンドラップは、なぜ実現できたのか

運用会社が販売まで一手に手がける、日本初の直販型ファンドラップを生み出したsusten(サステン)キャピタル・マネジメント。テクノロジーとアカデミアの力を結集して、ローコストでハイパフォーマンスを目指す専門知識不要のお任せ運用の仕組みとは?

先行き不透明な時代、将来への不安から人々の投資ニーズは高まる一方だ。およそ5年前、当時ゴールドマン・サックスで機関投資家相手に数百億の運用を行っていた現sustenキャピタル・マネジメント(以下、susten)代表取締役最高経営責任者(CEO)岡野大(以下、岡野)のもとにも、家族や友人から「よい投資先を教えてほしい」という要望が殺到していた。「しかし私はその答えをもち合わせていませんでした。それどころか自分の運用ファンドを、私自身も使えませんでした」

投資手数料が高額になる理由とSUSTENの強み

1:ファンドラップ
「金融の専門知識不要のお任せ運用を特徴とするファンドラップは、運用手数料が高く、一般個人投資家では利益を出しにくいのが特徴です。さらに利益が出ていなくても、預入額に対して一定の手数料がかかるのも、手を出しにくい要因でした」

2:ロボアド
「同じお任せ運用ですが、オートメーションによりコスト削減を実現し、日本にもち込まれた16年ころから急速に成長しているのがロボットアドバイザーです。ただ、リスクの内訳を見ると限りなく株式100%に近いサービスが多く、株式相場の上下動に左右されやすいのが現状です」


岡野 大|sustenキャピタル・マネジメント 代表取締役最高経営責任者(CEO)

最先端金融理論でパフォーマンスを追求


山口雅史|sustenキャピタル・マネジメント 代表取締役最高投資責任者(CIO)

sustenキャピタル・マネジメントによる、ヘッジファンドタイプでの運用シミュレーションは全世界株式を上回る。

sustenキャピタル・マネジメント
https://susten.jp

山口雅史◎2007年ゴールドマン・サックスAM入社。運用投資戦略部にてポートフォリオ・マネージャーを務める他、GoldmanSachs(在NY)への移籍後は計量運用責 任者を歴任。19年にsustenを創業し、CIOに就任。

お取引にあたっての手数料およびリスクについて当サービスでは、お客様との投資一任契約に基づき、当社が設定・運用する複数の投資信託を対象とした投資運用を行います。【投資一任契約にかかわる費用】基本運用報酬:ありません。投資一任契約の成果運用報酬:投資一任契約に基づき資産を管理する口座内の、お客様の個別契約毎の月末時点投資評価額(投資元本を除く)が、過去最高の投資評価額(成果報酬控除後、投資元本を除く)を超過していれば、その超過分の一部(9分の1.1から6分の1.1(税抜き9分の1から6分の1)を成果運用報酬として、当該口座から収受します。従いまして、月末時点の投資評価額(投資元本を除く)が過去最高の投資評価額(ヘッジファンドとは 成果報酬控除後、投資元本を除く)を下回っている場合は、成果運用報酬の負担は発生しません。【投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用】運用管理費用(信託報酬):年率0.022%(税込)その他の費用および手数料:組入有価証券売買時の売買委託手数料、外貨建資産の保管費用、監査費用、信託財産に関する租税等、保有する期間等に応じてご負担いただく費用があります。運用状況等により変動するため、事前に料率や上限額等を表示することができません。【投資にかかわるリスク】お客様の資産は、投資一任契約に基づき、投資信託を投資対象として運用を行います。投資対象とする投資信託は、主に価格変動のある有価証券等(外貨建資産の場合は為替変動も含まれます。)に投資しますので、基準価格は変動します。基準価格の変動要因としては、主に株価変動リスク、先物利用に伴うリスク、金利変動リスク、流動性リスク、信用リスク、カントリーリスクが挙げられますが、これに限定されません。従って、投資者(受益者)の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価格の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。なお、投資信託は預貯金とは異なります。また、投資信託毎に投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。お取引の前に投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面を必ずご確認ください。【その他の留意点】投資一任契約の締結および投資一任契約に基づく投資信託の買い付けは、クーリングオフの対象ではありません。

promoted by sustenキャピタル・マネジメント | text by Ryoichi Shimizu | photograph by Masahiro ヘッジファンドとは Miki | edit by Akio Takashiro

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる