デイトレード

NISAロールオーバーとは

NISAロールオーバーとは
1.ロールオーバーをするには、NISA口座を開設している証券会社に手続きをする必要があります。
ある証券会社では、【非課税口座内上場株式等移管依頼書】を提出期限までに提出します。
2.ロールオーバーした資産の年末時点の評価額分だけが翌年のNISA非課税枠を使用します。
3.ロールオーバーする資産の年末時点の評価額が120万円以上の場合でも、翌年のNISA非課税枠
全てを使用することでロールオーバーが可能となります。
4.ロールオーバーを申込みした後でも対象銘柄の本年中の売却は可能です。

つみたてNISA「ロールオーバー」ってなんですか?

ご相談者様DATE サトミさん(仮名)

【年齢】47歳

【職業】会社員

【性別】女性

【家族】独身・一人暮

相談しようと思ったきっかけ(アンケート抜粋)

相談したい内容

コンサルティングでお話しした内容

1-1NISAの税制優遇

<例>

100,NISAロールオーバーとは 000 20,315 79,685円(受取金額)

*確認事項*

1-2 分離課税の申告

~源泉分離課税~

~申告分離課税~

<NISAの税制優遇>

<例>

100,000 020,315円は非課税なのでゼロ) 100,000円(受取金額)

2-1つみたてNISAの特徴・ポイント

少 額 投 資 非 課 税 制 度

ロールオーバー

できない

できる

年間非課税限度枠

最大投資枠

非課税期間

優遇適用期間

非課税内容

対象商品

口座開設可能数

*1:2017年12月1日現在

*2:この制度の併用はできません

2-2つみたてNISA目的

<日本が世界水準より低い理由>

  • 国難といわれる「少子化問題」を抱えている。人口減による購買力の低下。
  • 新興国に比べると既に経済が成長している。
  • 欧米諸国に比べて国民の資産形成が貯蓄に偏り、低金利の影響で資産が増えず購買力が低下している。

2-3つみたてNISAは「投資三大原則」のベネフィトの集大成

投資で利益を得るためには「投資三原則」という法則があります。

それは、 長期・積立・分散 をすることでリスクが減り、メリットが膨らむという法則です。

2-4つみたてNISAの対象商品

サトミさんのように会社の制度のしばりなどで確定拠出年金(iDeCo)で大きな積立ができない人、また確定拠出年金には年齢制限があるので、加入期間が短い人は「2つのNISAに加入したい」というご要望があります。しかし、残念ながら 一般NISAと「つみたてNISA」の併用はできません。 どちらかを選びます。

それから、 「つみたてNISA」の対象は「投資信託」(公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF))のみです。 株式は対象にはなりません。株式に投資したい方は一般NISAの継続をお勧めします。

2-5 NISA口座の開設

2-6つみたてNISAの非課税枠

NISA口座以外の課税口座(一般口座・特別口座)に払い出しされます。 しかし、ロールオーバーはできません。(後程詳しく説明します)

3-1ロールオーバーって何ですか?

・この期にいまあるNISAにも加入したいと思います。どちらが有利ですか?

・そもそも税金がどのくらいお得なのですか?

3-2「ロールオーバー」の意味

ロールオーバーとは一言でいうと 「乗り換え」 という意味があります。

つみたてNISAの保有期間は「預入日から20年間」というルールがありました。では21年目からはどうしたらいいのでしょうか?仮に、「つみたてNISA」制度が継続していても、新たな「税制優遇制度」があってもそこに移管 *3 することはできない=乗り換えできない、ということを現わしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる