初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう
りょう

スマホアプリ版MT4の機能・使い方を詳しくをご紹介!【iPhone/Android】

MT4 for iPhone/Android. スマートフォンでもMT4で快適に分析&トレードしよう!

スマホアプリ(iPhone/Android)でFX

このスマートフォンアプリ版のMT4は一部が英語表記なので、国産アプリに比べると、とっつきにくさを感じるかも知れません。
ただしシンプルな画面構成により使い方は明快であり、 チャートのカスタマイズは極めて高い自由度 を誇ります。

アプリをインストールしよう!

Available on the Apple Store

GET IN ON Google play

アプリを起動後の手順

MT4新規口座のスタート画面

MT4新規口座のスタート画面

  • FXTF-Demo(デモ口座)
  • FXTF-Live(本番口座)
  • RakutenSecurities-Demo(デモ口座)
  • RakutenSecurities-Live (本番口座)
  • OANDA-Demo-1(デモ口座)
  • OANDA-v20 Live-3(本番口座、NYサーバの場合)
  • OANDA-Japan FX Live(本番口座東京サーバの場合)

気配値(レート一覧)の見方

気配値のシンプルモード

シンプルモード

気配値の詳細モード

詳細モード

相場変動が激しいときはどの業者もスプレッドが広がりやすいですが、 瞬時にスプレッドを判断できる詳細モードがおすすめ です。
(ゴールデンウェイ・ジャパンの米ドル/円最新スプレッドは0.1銭原則固定となります。)

表示されていない通貨ペアを表示させよう

通貨ペアの追加ボタンと、並び替え、削除ボタン

通貨ペアを追加するにはプラスをタップする

上下にドラッグで並び替えができ、チェックを入れてゴミ箱で削除可能

ゴールデンウェイ・ジャパンではレート確認用として、 CFD4銘柄(日経225、NYダウ、原油、金) と 暗号資産4銘柄(ビットコイン/円、ビットコインキャッシュ/円、モナコイン/円、リップル/円) を提供しています。
設定すれば、気配値やチャートで確認可能です。

スワップポイントの確認方法

スワップを見るには気配値の通貨ペアから詳細をタップ

スワップロングが買いスワップ、スワップショートが売りスワップ

当日のスワップポイント

チャートの基本操作について

チャートの時間足を変更する方法

足種の変更方法

チャートメニューを表示させるには横画面でチャートを1タップ

チャートメニューの表示方法

十字線でチャートの時間や詳細情報をチェック

十字線を表示させると、数値の詳細が見れる

つまり1時間足なら、 チャートの時刻に7時間プラス すると、そのときの日本時間が分かります。
※サマータイム時(3月〜11月)は、チャートの時刻+6時間が日本時間となります。

インディケータを表示させよう!

インジケータは画面上部にあるフォルテマーク( ƒ )のアイコンをタップし、「メインウインドウ」から選ぶと表示ができます。

インディケータはフォルテアイコンから追加できる

フォルテアイコンをタップ

インディケータのメインウィンドウをタップ

メインウィンドウをタップ

インディケーターを選択すればチャートに表示ができる

インディケーターを追加

インディケータは編集またはスワイプで削除可能

インディケーターを削除

チャートとオシレーター系のサイズ変更方法

チャート画面でのリサイズとオシレーター系インディケータの削除ボタン

チャートのリサイズと削除方法

搭載インディケータ一覧

トレンド系
インディケータ名略称や日本語名
Average Directional Movement IndexADMI または DMI
Bollinger Bandsボリンジャーバンド
Envelopesエンベロープ
IchimokuKinko Hyo一目均衡表
Moving オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう Average移動平均線
Parabolic オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう SARパラボリックSAR
Standard Deviation標準偏差
オシレーター系
インディケータ名略称や日本語名
Average True RangeATR
Bears Powerベアパワー
Bulls Powerブルパワー
Commodity Channel IndexCCI
DeMarkerデマーカー
Force Index勢力指数
MACDMACD(マックディー)
Momentumモメンタム
Moving Average of OscillatorOsMA(移動平均オシレーター)
Relative Strength IndexRSI
Relative Vigor IndexRVI
Stochastic Oscillatorストキャスティクス
William‘s Percent Rangeウィリアムズ%R
ボリューム
インディケータ名略称や日本語名
Accumulation/DistributionA/D
Money Flow IndexMFI
On Balance VolumeOBV
Volumesボリューム
ビル・ウィリアムズ
インディケータ名略称や日本語名
Accelerator Oscillatorアクセレーター・オシレーター
Alligatorアリゲーター
Awesome Oscillatorオーサム・オシレーター
Fractalsフラクタル
Gator Oscillatorゲーター・オシレーター
Market Facilitation IndexBW MFI

さまざまな移動平均線を表示できる

移動平均線の種類は設定のメソッドから変更できる

移動平均線の種類はメソッドで変更

Simple MA,Exponential MA、Smoothed MA、Linear Weighted MA

設定できる移動平均線の種類

移動平均線が豊富!
メソッド略称や日本語名
SimpleSMA(単純移動平均線)
ExponentialEMA(指数平滑移動平均線)
SmoothedSMMA(平滑移動平均線)
Lunear WeightedLWMA(加重移動平均線)

DMAをスマホ版MT4で表示させる方法

同じく設定にある「シフト」から 移動平均線をローソク足のn本分か左右にずらして表示 させれば、DMA(Displaced Moving Average = ずらした移動平均線)の表示も可能です。

25*5DMAを設定すると、25日移動平均線はローソク足5本分、未来に先行表示される

DMAの表示例

25*5DMAなら期間を25、シフトを5にする

DMAの設定方法

分析オブジェクトがとにかく多彩

分析オブジェクトを表示させよう

オブジェクトの追加は図形アイコンをタップ

オブジェクトの追加方法

オブジェクトの追加、またはショートカットアイコンをタップ

オブジェクトの追加をタップ

追加したいオブジェクトを選択する

追加したいオブジェクトを選択する

トレンドライン

高値同士、安値同士を結んだトレンドライン描画例

トレンドラインの例

トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

東京市場、ロンドン市場、NY市場を垂直線で区切った例

垂直線の例

押し目、戻り、ブレークなど転換の目安に使える水平線の描画例

水平線の例

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントの描画例

フィボナッチ・リトレースメントの例

どの画面からもスムーズに注文できる

注文画面の見方をマスターしよう!

注文画面では通貨ペア名をタップすると変更ができる

取引通貨ペアの変更

注文名をタップすると注文方法の変更ができる

注文方法の変更

価格、ストップロス、テイクプロフィット全てに入力すればIFDO注文となる

IFDO注文の例

指値注文と逆指値注文の違い


新規発注と同時にストップロスで利食い注文を、テイクプロフィットで損切り注文を入れられるので、IFDone注文、IFO注文も可能です。

  • IFDone注文・・・新規 +(決済指値 or 決済逆指値)
  • IFO(IFDone+OCO)注文・・・新規 + 決済指値 + 決済逆指値

保有ポジションの注文を変更するにはポジションを長押しする

保有ポジションの変更方法

注文変更をタップする

注文変更をタップする

保有ポジションにストップロス、テイクプロフィットにレートを指定すれば決済OCO注文となる

決済OCO注文の例

気配値から注文

気配値で通貨ペアをタップし、トレードをタップして注文

気配値から注文

チャートから注文

チャートタブでトレードをタップして注文

チャートから注文

チャートのワンクリック注文パネルから注文

チャート上で注文

トレードから注文

トレードタブのプラスアイコンから注文

トレード画面から注文

実践編6|チャート分析に欠かせないテクニカル指標(トレンド系・オシレーター系)

平均足、各種移動平均線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術 平均足、各種移動平均線 「平均足」は他のトレンド系テクニカル指標と重複して使えて、売買判断も非常に明確な、初心者にぴったりのテクニカル.

ボリンジャーバンド

帯(バンド)の拡張、収縮から相場の熱気を見極める

価格ベースのFXテクニカル分析|ボリンジャーバンドとは?[月光為替] それでは今回は、ボリンジャーバンドについてお話ししていきます。 ボリンジャーバンドとは? オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう ボリンジャーバンドは、値動きの幅を表すテク.

トレンドの継続と終了が一目で分かるので、長期のトレンドを余さずフォローできる!

平均足、各種移動平均線|外為オンライン オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう 佐藤正和の+α実戦FXチャート術 平均足、各種移動平均線 「平均足」は他のトレンド系テクニカル指標と重複して使えて、売買判断も非常に明確な、初心者にぴったりのテクニカル.

トレンド系指標の代表格「平均足」の特徴と活用方法[マックス岩本] 今回取り上げるのは、ごくごく素直なトレンド系指標の代表、平均足です。 実のところ、これまで私自身は相場のトレンドを予測するのにあたり、.

長短2本の移動平均線の距離感から、トレンドの加速と減速、転換点を判断!

買われすぎ、売られすぎといった相場の過熱感を判断するのに役立つ

チャートパターン

ローソク足がかたどる特定の形から相場の転換点が分かる!

MT4入門編②|MT4でできること〜チャート分析・自動売買・裁量トレード MT4はFXの世界が広がる万能な取引プラットフォーム テクニカル分析の選択肢が多い FXの分析にはテクニカルとファンダメンタルズ.

【次の記事を読む】

元外銀ディーラーによる、FX初心者が最初に見るべき動画を無料公開! 元外銀ディーラーからFXの基本を学ぼう 阪谷直人氏といえば、バンク・オブ・アメリカなど大手外銀で長く活躍した、プロ中のプロのトレーダー.

【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。 口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

テクニカル分析とファンダメンタル分析とMQL

りょう

どちらを勉強するべき?

二つの分析方法を調べて、僕はまず『テクニカル分析』を重点的に勉強するべきだと感じました。
理由は以下の通りです。

短期的な取引の根拠となり得ない

上述の通り、ファンダメンタル分析は情報をもとに中長期的な値動きを予想する分析です。

利益確定、損切りの決定ができない

考えてみたらそりゃそうかという話なのですが、ファンダメンタル分析だけでは利益確定、損切などはできません。

ムゥ

りょう

ファンダメンタル分析を活用して取引したとしても、必ず実際のチャートを見て取引することとなります。

ファンダメンタル分析だけで継続的に勝てている人はいない

テクニカル分析のみで継続的に利益を上げている人はいますが、その逆のファンダメンタル分析のみで継続的に利益を上げている人は(恐らく)いません

テクニカル分析の考え方で『チャートはすべての事象を織り込む』という考え方があります。

ファンダメンタル分析でどんな材料が出てきたとしても、チャートさえうまく分析できていれば予測可能であるという事です。

りょう

にゃんぽこ

もちろんファンダメンタル分析をないがしろにするわけではなく、テクニカル分析と合わせて中長期的なファンダメンタル分析の材料を取り入れることでより精度の高い取引ができると思います。

りょう

ムゥ

りょう

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる