テクニカル分析指標

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

仮想通貨取引におけるレバレッジとは
変動率やレバレッジの面からみると、株の方が安全となりますが、株の場合は最小の購入金額が多額となりやすいため、変動率が小さくても大きな損失が発生する場合があります。
反面、仮想通貨の場合は変動率が大きくなりやすいものの、投資額を抑えれば損失を少なくできます。
つまり、安全に取引できるかどうかは、投資する人の心構えしだいと言えるのではないでしょうか。株も仮想通貨も、投資商品である以上リスクは存在します。リスクを十分に認識した上で、堅実な取引を行っていきましょう。

「レバレッジ」の意味を分かりやすく解説! レバレッジ取引のメリット・デメリット

(2022/5/24更新)

(2022/5/20更新)

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

(2022/5/17更新)

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

人気コラムキーワード

不動産投資用物件を検索する

注目のコラムランキング

  1. 20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ
  2. 不動産ブローカーとは?アメリカとの違いや実態を解説
  3. 投資シミュレーション【一括投資 VS 積立投資】収益性が高いのはどっち?
  4. 「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は?
  5. S&P500の投資メリットとは? 買い方から今後の見通し・リスクも解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の新着コラム

Pick UP パートナー企業

注目の不動産投資パートナー企業特集 賃貸経営の集客~出口戦略を徹底サポート!

一棟収益物件 売却査定サービス

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

初心者必見|暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説

【初心者向け】仮想通貨・暗号資産の買い方をわかりやすく徹底解説

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)仮想通貨取引におけるレバレッジとは 仮想通貨取引におけるレバレッジとは
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)※現在購入・売却停止中
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン (ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyerは ビットコインの国内取引量が6年連続No.1 ※2 を誇る仮想通貨取引所です。 取扱通貨数は15種類。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる