FXトレーダーブログ

株式投資のローソク足を勉強するおすすめ本6冊

株式投資のローソク足を勉強するおすすめ本6冊
FX(外国為替証拠金取引)の入門書。本書は、一部のハイレベルトレーダー向けの、「短期間に○億円稼ぐ!」といった投資ドリームをうたう本ではありません。普通の人が堅実に資産運用していただけるよう、そのノウハウを詰め込みました。
FXを始めたいけれど、損するのが恐くて始められなかった人も、難しそうで勉強する気にならなかった人も大丈夫! 本書では、いまさら聞けない基礎の基礎から解説しています。
もう投資は特別なことではありません。本書を手引きに、今日から一緒に始めましょう。

FXで月5万円勝ちたい人向けの勉強法|初心者が本気で勝てるまでの必須ノウハウ

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

  • ✔ FXでお金を稼ぎたい
  • ✔ でも、なかなか儲けが増えない
  • ✔ まず何から勉強すれば良いの?

FXは勉強すればするほど勝率が上がる!

FXを始める前は、 「取引していたら毎月何万円かは稼げるだろう」 と思っていても、いざ取引をしてみたらなかなか勝てない。このような状況に悩んではいませんか?

FX以外にも言えることですが、 勉強しないと物事はうまくなりません。 実際にFX取引で勝っている多くのトレーダーは、勉強を重ねて勝率を高めているのです。

最初は負けるものとして始める

まずFXを始める人は「最初は負ける」と肝に命じてください。 「じぶんに限っては勝てるだろう」 だろうと淡い期待をするのは危険です。

FX取引の実績というのは、 数をこなせばこなすほど自身の実力に収束します。 つまり、一定数取引をすると段々とマイナスになってくるケースが多いのです。

しかし、諦めてはなりません。 そこで大事なのが勉強と実践を継続するということです。 勉強を継続し続けた人がFXで勝てるようになります。

初心者が月5万円勝つための勉強法を教えます

実のところ、 FXで勝つための勉強に裏技はありません。 勝てている人は何か裏技にたどり着いたのでは?と感じるかもしれませんが、勝てている人は一般的な手段でコツコツと勉強しているのです。

今回は、 FXで勝率を上げるための勉強方法を解説します 。もちろん、勉強したからといって、毎回勝てるワケではありませんが、勝てる可能性は上がるでしょう。勝てないと悩んでいる人は参考にしてみてください。

【SBI FXトレード体験談】26歳FXトレーダーの正攻法と勉強法を公開

この記事で紹介しているFX会社一覧

DMM FX

外為どっとコム

FXブロードネット

【注目】多くのトレーダーに選ばれている人気&実力お墨付きのFX会社

FXで今より稼ぎたいと思っているけど 「なかなか思うような成果が出ない」 と悩んでいませんか…?

FXの勉強法【1】まずは本を1冊読む

初心者がFXの勉強をするのならば、 まずは本を読みましょう。 高等テクニックや変わった分析方法に触れるのは、この段階ではしなくて良いかもしれません。

まずは初心者向けに書かれた本で勉強してください。このような本は、取引する上で大切な事項が書かれているので、これらをおさえましょう。この 基礎の部分を勘違いしていると、いつまで立っても勝てないので、 しっかりと基礎を固めてください。

ほとんどの人は最初は本でFXを覚えている

またネットの情報よりも、 基礎となる項目が網羅的に漏れなく記載されている書籍 の方が初心者におすすめです。

個人著書より大手出版社の本がおすすめ

また 大手出版の場合は、きちんと内容を吟味して掲載しています。 信頼のある専門家に話を聞き、まとめていることが多いのです。

本でFXを勉強するメリット

  • ■シンプルに分かりやすい
  • ■体系的に知識を身につけられる
  • ■普遍的な内容なので取り入れやすい

FXの仕組みは実は簡単。ですが、専門用語が多くてよく分からないという方もいるでしょう。初心者向けの書籍であれば、 シンプルに分かりやすく記載されているので、 スムーズに理解しやすいでしょう。

FXの勉強法【2】動画を見て学ぶ

スキマ時間に動画を視聴して、また別の時間に続きを見るというのも可能です。 スマホさえあれば、通勤電車や空き時間にもみれます。 書籍の持ち運びはかさばるから嫌だ、という方でも、普段から持ち歩いているスマホであれば、すぐに視聴できるでしょう。

チャート付きで解説してくれる動画がオススメ

また動画の場合は、 動いているチャートについても解説できます。 そこは動かないチャートしか乗せることができない書籍と比べて、軍配があがるポイントです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる