最新情報

分散投資のメリットは

分散投資のメリットは
投資をする目的は、簡単に言うとお金を増やすことです。 投資には以下のようなメリットがあり、お金を増やすために有効な手段と考えられています。

分散投資の意義①1位になる資産は当てられない

グラフ:主要4資産と分散投資した場合のリターン推移 2005-2021

<出所>国内株式:東証一部時価総額加重平均収益率 外国株式:MSCIコクサイ(グロス、円ベース) 国内債券:野村BPI総合 外国債券:FTSE世界国債(除く日本、円ベース)
4資産分散:国内株式、外国株式、国内債券、外国債券の4資産に25%ずつ投資したポートフォリオ、毎月末リバランス

Copyright ©2022 Ibbotson Associates Japan, Inc. All Rights Reserved.
当資料はイボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社(以下「イボットソン」)の著作物です。イボットソンの事前の書面による承諾のない利用、複製等は、全部または一部を問わず、損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

主要な資産の運用対象としての特性

債券の特性

株式の特性

外国資産(外貨建て資産)の特性

外国資産(外貨建て資産)への投資は、経済成長段階や経済循環の異なる国や地域に分散して投資を行う「国際分散投資」の考え方に基づいています。国内資産への投資だけでは得られない幅広い分散によって、世界経済全体の成長を投資収益に取り込み、ポートフォリオの効率性を改善することが期待できます。 また、資金規模の大きい公的年金積立金が国内市場へ与える影響を回避・軽減する観点からも、外国資産を一定割合組み入れた国際分散投資は、長期的にみて効率的な投資だと期待できます。 ただし外国資産への投資は、国・地域ごとに異なる金利、為替、株式等の様々な市場の変動により、価値が変動するリスクを伴います。また、異なる国の政治・経済情勢等により価値が変動するカントリーリスクなど、国内資産とは異なるリスクに留意する必要があります。

年金積立金の運用とは

For All Generations

Get ADOBE READER®

PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。
左の Adobe Reader® ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。

GPIFのご紹介

年金積立金の運用とは

管理・運用状況

ESG・スチュワードシップ

運用の多様化

調達・規程・情報公開

Copyright © Government Pension Investment Fund All rights reserved.

投資をする目的は、簡単に言うとお金を増やすことです。 投資には以下のようなメリットがあり、お金を増やすために有効な手段と考えられています。

効率良く資産形成ができる

低金利が続く今の時代は、銀行預金に預けていてもお金はほとんど増えません。 投資なら預貯金よりも高い利回りでお金を運用できる可能性があるため、効率の良い資産形成が可能です。 特に、中・長期的な投資を行う場合には、運用で得られた利益をさらに運用して利益を増やす「複利効果」が得られます。
すぐに必要なお金は流動性の高い預貯金で保有しておき、長期で運用できるお金は投資に回すのが賢い方法です。 出典:金融庁ホームページより抜粋

投資には、インフレに備えられるというメリットもあります。 お金を現金のまま保有していれば、インフレが進んだときに現金の実質的価値が下がってしまいます。
現金を株式や債券、投資信託などの金融商品に換えて保有することにより、財産価値の目減りを防ぐことができます。

税制優遇制度を利用できる

投資の種類

株式とは、企業が資金調達のために発行する会社の所有権の一部です。 株式を購入して特定の企業に投資することを株式投資と言います。
株式を保有していれば、配当金(インカムゲイン)を得られます。 また、株式を売買することにより、売買差益(キャピタルゲイン)を得ることも可能です。

外貨預金とは外貨建ての預金のことです。 米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、カナダドルなど様々な通貨での預金が可能です。 海外の高金利を国内で享受できるほか、為替差益が得られることもあります。

REIT(不動産投資信託)

投資のデメリットとは?

投資では元本が保証されておらず、元本割れするリスクもあります。 投資によって大きく得をすることもありますが、損をする可能性もあるということです。 国内の銀行等に預金した場合、元本1,000万円までとその利息は保護されます。 お金が減ることがない預貯金とは反対に、お金が減るリスクがあるのは大きなデメリットと言えるでしょう。

分散投資・長期運用でリスクを軽減

投資することにはお金を増やすという意味があります。 デメリットはあるものの、リスクを抑える工夫をすれば安定的な利益を得ることが可能です。 ライフプランに合わせて必要なお金を準備するために、貯蓄だけでなく投資も活用してみましょう。

著者
森本 由紀
AFP(日本FP協会認定)、行政書士、夫婦カウンセラー 大学卒業後、複数の法律事務所に勤務。 30代で結婚、出産した後、5年間の専業主婦経験を経て仕事復帰。 現在はAFP、行政書士、夫婦カウンセラーとして活動中。 夫婦問題に悩む幅広い世代の男女にカウンセリングを行っており、離婚を考える人には手続きのサポート、生活設計や子育てについてのアドバイス、自分らしい生き方を見つけるコーチングを行っている。

#4 NISAのメリット・デメリット 事前にリスクを知り安全に運用しよう

NISAのメリット・デメリット 事前にリスクを知り安全に運用しよう

NISAの非課税枠は売却しても戻らない


30万円分購入しているので、この年の非課税枠は残り90万円。11万円分売却しても、非課税枠が11万円分戻って、111万となることはありません。

ロールオーバーで期間の延長が可能

ロールオーバーでさらに運用の継続が可能

NISAのデメリット

元本割れの可能性がある
NISAの対象商品は、上場株式や投資信託なので、元本割れをする可能性があります。特に投資初心者の方は、少額からスタートすることを心掛けましょう。

損益通算ができない
損益通算とは、投資による利益と損失を相殺することです。

損益通算の例


A株式の利益20万円+B株式の損失▲10万円=10万円の利益
10万円に対して20.315%の税金が発生。税額は2万315円

新規での投資が必要
NISAを利用する前から、株式や投資信託を保有していた場合、これらをNISAに移行することはできません。つまり、すでに何らかの投資をしている方が、新たにNISAを利用する場合は、新規で投資をスタートする必要があります。

1つの口座しか持てない
NISAはひとり1つの口座しか持てず、複数の金融機関でNISA口座を作ることはできません。また、一般NISAとつみたてNISAを併用することもできません。

投資の三大原則「長期」「積立」「分散」ってなんでいいの?

複利効果
複利とは、運用によって得た利益をさらに運用することで、元本が増えていくこと。例えば、100万円を投資して年間の利益が10万円出た場合、翌年は合計額の110万円が元本となる。これを続けていけば、年々元本が増え、利益も大きくなっていくのだ。

「投資は売買することで利益を得るもの、と考えてしまいがちですが、『複利効果』を期待するなら、売ってはいけません。売らずに利益を積み重ねていくことが、さらなる利益につながるからです。金融庁では、長期投資がいかに有効かというデータも出しています」

国内外の株式・債券に100万円を積立・分散投資した場合の収益率(実績)

出典/金融庁「つみたてNISAについて」(平成29年6月)資料

「積立」で投資タイミングを分散し“仕入れ時”を狙う

ドルコスト平均法
金融商品を一定額で、定期的に買い続ける手法のこと。金融商品は価格が変動するため、安いタイミングで買い続けると損するように思えるが、一定額で買い続けることで、価格が下がった時こそ多くの口数を買うことができる。そして、価格が上がった時には値下がり時に多く買えた口数が働いてくれる。

例えば、毎月1000円積み立てるとして、投資する株式の価格が1株100円だとすると、10株購入できる。翌月に価格が1株150円に上がると6.7株購入となり、さらに翌月、1株50円に下がると20株購入となる。そうして3カ月に分けて購入すると、3000円で合計36.分散投資のメリットは 7株が買えたこととなり、1株あたりの価格は81.7円となる。一方、一定額ではなく毎月10株ずつ一定数で購入した場合は、初月1000円、翌月1500円、翌々月500円となり、3000円で30株買え、1株あたりの価格は100円となる。比較してみると、一定額で購入した方が単価が抑えられていることがわかる。
分散投資のメリットは
「できることなら、価格がもっとも下がったタイミングで買い、もっとも上がったタイミングで売ることが一番です。しかし、値動きは予測できませんよね。もし、全財産を一括で投資したら、値動きが気になって、仕事も手につかないでしょう。そうなることを避けるには、『積立』での運用が適しています。投資するタイミングを分散させることで、リスクを減らし、少しずつお金を増やす効果が狙えるのです。『ドルコスト平均法』が必ず儲かるというわけではありませんが、価格が下がった時は仕入れ時なので、一定額の積み立ては有利になるといえます」

性質の異なる商品に「分散」させて成長のチャンスを捉える

三大原則実践で10年後に資産増加の可能性あり

出典/モーニングスター(https://www.morningstar.co.jp/)

そもそも、なぜ分散投資をしたほうがいいのか?

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。 特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

そもそも、なぜ分散投資をしたほうがいいのか?

Photo: Adobe Stock

「分散投資」の意味と「長期投資」の効果

そもそも、なぜ分散投資をしたほうがいいのか?


拡大画像表示

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる