証券取引

トレンド系分析とオシレーター系分析

トレンド系分析とオシレーター系分析
これから紹介する分析手法は中級者以上向けであり、少し複雑ですが以下の2つを使いこなせば武器になります。

売りか? 買いか? 投資家やトレーダーは, どの有価証券 (以下, 証券) をいつ売買するべきかという複雑な疑問と常に向き合っています。証券取引では, 運が良ければ誰でも推測や直感で利益を上げることができるかもしれません。しかし, 株券などの金融商品や先物を含むデリバティブ トレンド系分析とオシレーター系分析 (金融派生商品) の取引, またはFXといった外貨為替取引においては, 「 ⁠テクニカル分析」 によるシステム的な運用計画や戦略を立てることにより, さらなる利益を生み出せる可能性があります。

テクニカル分析で市場の動きを見極める

テクニカル分析において, トレーダーは現在の市場の状態や今後の変化を示す視覚的なテクニカル指標を基にして, どの証券をいつ売買するのかを判断できます。最適化された戦略とアルゴリズムを駆使してコンピューター化された売買取引が行われる近年において, テクニカル分析はさらに大きな役割を果たします。過去のデータを利用してパフォーマンスを検証するバックテストに基づいた最適化戦略は, それぞれの証券の最適な取引パラメーターを選択するのに役立ちます。しかし, とある証券において効果的な戦略は, 必ずしもその他すべての証券でも効果を上げるとはかぎりません。また, バックテストで効果的だった戦略が, すべてのデータにおいても有効であるとはかぎりません。そこで, LightningChart® Traderのビルドイン機能を使用することにより, それぞれの証券の最適な取引パラメーターを選択するためのシステム的な運用計画や戦略を立てることができます。

LightningChart® Traderとは?

Arction社が提供する.NET向けデータ視覚化ツールのLightningChart® .NETには, 証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化できるチャートコンポーネントのLightningChart® Traderが含まれています。LightningChart® Traderは, 証券取引アプリケーションをビルドするためのプロパティやメソッドを含む簡易的なインターフェイスを提供し, APIオーバーヘッドなしでアプリケーションを開発できます。LightningChart® Traderを使用して生成したチャートは, 堅牢かつ高速なLightningChart® APIの上にビルドされます。LightningChart® TraderのUIコントロールをアプリケーションに追加して証券と日付の範囲を選択することで, Webサービスから読み込まれた最新の取引データの中から対応するデータセットを取得できます。また, カスタムデータプロバイダークラスを実装したり, プログラムで任意の場所からデータを取得したりすることで, 配列やCSVファイルとしてチャートに渡すこともできます。

図1 価格は, ローソク足チャート, 棒グラフ, ラインチャート, またはマウンテンチャートとして表示可能

図1 価格は,ローソク足チャート,棒グラフ,ラインチャート,またはマウンテンチャートとして表示可能

テクニカル指標で市場のトレンドや過熱度を判断する

LightningChart® TraderのUIコントロールには, それぞれのデータ値をトラッキングするためのデータカーソル, 非取引期間の自動削除, そして公開済みのデータセットから指定のパラメーターに基づいて計算されるテクニカル指標など, いくつかのビルドイン機能があります。

テクニカル指標には, 市場における上昇や下降トレンドを分析するトレンド系 (順張り系) 指標と, 買われ過ぎや売られ過ぎといった市場の過熱度を分析するオシレーター系 (逆張り系) 指標があります。LightningChart® Traderは, これら両方の指標を提供します。たとえば, 以下の指標を利用できます。

  • 単純移動平均 (SMA)
  • 加重移動平均 (WMA)
  • 指数移動平均 (EMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 相対力指数 (RSI)
  • 移動平均収束拡散法 (MACD)
  • ボリューム, 出来高
  • 未決済の建玉 (OI)

図2 移動平均, 相対力指数, 移動平均収束拡散法指標, ボリューム, 未決済の建玉

図2 移動平均,相対力指数,移動平均収束拡散法指標,ボリューム,未決済の建玉

LightningChart® Traderは, 支持線や抵抗線, トレンド系分析とオシレーター系分析 回帰直線などのラインに基づいたデータ分析を行うための描画ツールも提供します。上記の指標とこれらのラインをチャート領域内の任意の位置に描画することで, 証券取引データの動きをさらに分かりやすく視覚化します。たとえば, 以下の描画ツールを利用できます。

  • フィボナッチリトレースメント
  • トレンド系分析とオシレーター系分析
  • フィボナッチファン
  • フィボナッチアーク
  • トレンドライン
  • エクステンションを備えたトレンドライン
  • 線形回帰ライン
  • 標準偏差に基づく線形回帰チャネルおよびRaffチャネル

図3 ボリンジャーバンドおよびフィボナッチファン

図3 ボリンジャーバンドおよびフィボナッチファン

図4 フィボナッチアークおよびRaffチャネル

図4 フィボナッチアークおよびRaffチャネル

証券取引市場では, 短期間でさまざまな証券の価格が変動することは珍しくありません。証券取引では, 推測や直感だけではなく, さまざまな指標を基にしたテクニカル分析や戦略に沿って将来の価格変動をできるだけ正確に分析することも証券売買の重要な判断要素になりえます。一方で, 一般的に使用される指標であっても, それぞれの証券データをもとに手動で計算するには膨大な時間と労力が必要となります。そこで, LightningChart® Traderのビルドイン機能により, トレンド系分析とオシレーター系分析 これらの指標を自動で導き出し, 独自のUIコントロールを通して証券データを分かりやすくチャート上に表示することができます。LightningChart® Traderを使って, 効率的な証券取引を実現するためのアプリケーション開発をはじめましょう。

LightningChart® Traderは, LightningChart® .NETのコンポーネントの一部として提供されます。LightningChart® .NETの製品ライセンスをお持ちの方は, LightningChart® TraderのAPIソースコードを無償で利用できます。また, GPUアクセラレーターで最適化されたレンダリング性能を活用してカスタム機能を実装できるLightningChart® .NETのAPIもフルで利用できます。

エクセルソフト株式会社では, この記事で紹介した証券取引をはじめとする幅広い専門分野向けのチャート生成を支援するLightningChart® .NET製品のほか, JavaScriptおよびTypeScript向けに高いリフレッシュレートと高精度なデータ視覚化を瞬時に実現するLightningChart® JS製品も販売しています。サブスクリプションをお持ちの方を対象に, 日本語での技術サポートも提供しています。

使用の際に役立つスタートガイド, ユーザーマニュアル, チュートリアルなどのリソースも日本語にて無償で提供されていますので, まずは無償体験版をダウンロードして, LightningChart®製品によるデータ視覚化の性能をご確認ください。

FXテクニカル分析おすすめ5つをあなたのレベルに合わせて紹介

テクニカル分析について徹底解説

初心者におすすめのテクニカル分析2選

これから紹介する分析手法は中級者以上向けであり、少し複雑ですが以下の2つを使いこなせば武器になります。

1:MACD

macd

具体的には、短期の移動平均線と中期の移動平均線を使用して売買を判断するものです。

移動平均線よりも 相場の転換を早く判断可能なだけでなく、移動平均線の応用としてステップアップで使える メリットがあります。

MACD アップ

2:ボリンジャーバンド

ボリジャーバンド

ボリンジャーバンドは、統計学的に為替レートが一定の確率でバンド内に収まることを表すテクニカル指標です。

多くのトレーダーが トレンド分析や売買判断、損切り・利食いなどに活用 していて、比較的万能に使えるのがボリンジャーバンドの特徴です。

FXテクニカル分析でおすすめな本2選

  1. 先物市場のテクニカル分析
  2. FX チャートリーディング マスターブック

FXテクニカル分析成功率上昇のポイント3つ

テクニカル分析の成功率を極めるポイント

上記を実践すれば、初心者でも安心してテクニカル分析を行えます。

1:100%成功するとは限らないと考える

大事なのは、 予想と外れた時の損切りの判断 です。

なぜなら、どんなテクニカル分析も失敗するとわかっていれば、損切りの判断が速くなり損失をおさえられるからです。

2:一つの方法にこだわらない

上記のように、テクニカル分析も万能ではないので、 複数の視点で判断すべき です。

そのため、ファンダメンタルズ分析など複数のテクニカル分析手法を組み合わせての判断がコツです。

3:売買シグナルが消えたら決済する

テクニカル分析を使って売買していて、根拠となる売買シグナルが消えたら、 ムリせずに利確・損切りする のが損失をおさえるコツです。

その売買シグナルが消えたら、将来の相場は予測できないので、早々の決済がポイントです。

テクニカル分析が使いやすいFX会社2選

テクニカル分析が使いやすいFX会社2選

テクニカル分析が使いやすいFX会社は、以下の2社がオススメです。

  1. GMOインターネットグループのFX会社「外貨ex byGMO」
  2. FX取引高世界第1位! ※ 「GMOクリック証券」

約4千円から取引可能な 外貨ex byGMO

外為exbyGMO

外貨ex byGMOは、プロ仕様の取引ツール「外貨exアプリ NEXT」が使いやすいのでオススメです。

外貨exアプリ NEXTの中で、とくに スピード注文系 が優れており、全36種類のテクニカル分析を使用できます。

なぜなら、チャートを見ながらワンタッチで発注するので、操作性に優れているだけでなくチャンスを逃さず取引可能だからです。

また、 最大6画面 の分割が可能なので、とにかくテクニカル指標やチャートが使いやすいFX会社としてオススメです。

手数料が最安値水準な GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は発注機能に特化した「はっちゅう君FX」と、チャート機能に特化した「プラチナチャート」のバランスが取れているFX会社です。

また「スピード注文」を使えば ワンクリックで注文 でき、チャート上で注文する「チャート注文」があるなど、注文方法も豊富です。

このようにGMOクリック証券は幅広い機能があるので、初心者だけでなく中級者にもオススメです。

FXテクニカル分析のオススメまとめ

テクニカル分析を極めよう

上記で紹介した「 勝率アップのコツ 」を実践すると、今後はテクニカル分析の勝率を上げたいと悩むことは一切なくなり、応用レベルのテクニカル分析にステップアップができます

【初心者必見】株価チャートの見方

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP®認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP®資格を取得。
現在、終活・介護・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

    トレンド系分析とオシレーター系分析
  1. 1 インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる