ビギナーバイナリーオプション

相場分析の見極めに必要な4つの視点

相場分析の見極めに必要な4つの視点
(引用:介護労働安定センター)

リスクマネジメントによって介護事故を防ぐための4つの対応

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

(引用:介護労働安定センター)

ヒヤリハットとは、「浴室の床が滑りやすく転倒しそうになった」など、重大な事故には発展していないものの、いつ発展してもおかしくないような事象を指します。

②リスクアセスメント

なお分析にあたっては、人的要因・設備的要因・作業環境的要因・管理的要因の4つの視点から行うのが通常です。例として「入浴介助中、利用者が浴室で転倒した」という報告があった場合、以下のように分析します。

人的要因…職員が床の状態をチェックせず、利用者には障害があり片足が不自由だった

設備的要因…床の水はけが悪く、しばらく水が溜まるような状態となっていた

作業環境的要因…対応する職員数が足らず、利用者一人一人に目を向ける余裕が無かった

管理的要因…作業フローが統一されておらず、職員間での役割分担も不明確だった

③リスク対応

次に、事故発生時の対応内容や対応手順についてマニュアルを定めます。

対応内容や対応手順は、事故の内容によって異なるため、 起こり得る事故内容ごとに対応マニュアルを作成しておく必要があります。 特に、損害賠償が発生するような事故やクレームにつながりやすい事故における対応は、弁護士にアドバイスを受けながら法的に不利な立場にならないようなマニュアルを作成しなければなりません。

④リスクコントロール

最後に、事故の未然防止や事故発生時の被害軽減に向けて、リスク管理についてシステム化を行って現場へ落とし込みます。主な対応内容としては、③で定めた決定事項への対応や、業務マニュアルの整備などが挙げられます。

対応後に行うべきこと

体制が構築できても、それによってあらゆるリスクに対応できるとは言い切れず、構築時には想定していなかったリスクが出現する可能性もあります。事故リスクなどを極力回避するためには、PDCAサイクルの実施が効果的と言えます。

PDCAサイクルとは、業務遂行のためのマネジメント手法の一つで、計画の立案(Plan)計画の実行(Do)・実行内容の評価(Check)・今後の改善(Action)の取り組みを指します。これら4つの取り組みを繰り返し行うことで、新たなリスク要因の発見や運用状況の改善など、業務内容の継続的な改善が見込めます。

リスクマネジメントによって介護事故を防ぐための視点

リスクマネジメントを行う際は、利用者の保護だけでなく組織・職員の保護なども意識した上で取り組む必要があります。これら2つの視点から取り組むことで、効果的なリスクマネジメントの実現が望めます。

利用者の保護

経営にあたっては、利用者が安心して利用できるよう利用者の尊厳・安全の保護などの視点から、施設環境を構築する必要があります。

発生率の多い転倒・転落などの事故が発生しないよう、ヒヤリハット事例の十分な共有などがポイントと言えるでしょう。対応時は、利用者一人一人とコミュニケーションを取るなどして、利用者の尊厳を損なわないよう十分配慮することも必要です。

組織・職員の保護

介護事故の中には、訴訟などの法的問題へと発展して、損害賠償が求められるケースなどもあります。経営にあたっては、未然防止策の策定や事故発生時の対応規定などはもちろん、法的責任に関する回避・軽減対応などの組織・職員の保護という視点から取り組むことも必要です。

主な対応としては、事故の発生現場を写真に撮ったり、関係者の会話内容を録音したりするなどの証拠の記録が挙げられます。これらの対応が不十分な場合、組織や職員にとって大きな不利益が生じる可能性もあります。

  • 様々な法的な面から徹底的にリスクをあぶりだせる
  • 相場分析の見極めに必要な4つの視点
  • リスクマネジメントの具体的な対策について相談できる
  • 利用者からのクレームなどを相談できる
  • 紛争が起きた場合に対応を任せることができる
  • その他、従業員の雇用条件・体制に関する相談 など

クレーム・不祥事が得意な弁護士を都道府県から探す

リスクマネジメントに関する不安は弁護士に相談

リスクマネジメント対応にあたっては、業界共通のリスクだけでなく、それぞれが抱える特有のリスクなども十分把握した上で、継続的に改善対応を行う必要があります。細かい対応内容はケースごとに異なるため、企業法務に注力している弁護士に相談すると良いでしょう。

弁護士であれば、それぞれが抱えるリスクなどを把握した上で、 リスクマネジメント対応に関する効果的な助言 が期待できます。また、クレーム対応に関する相談や万が一事故が発生して訴訟へと発展した際は、裁判書類の準備や出廷代理など、 裁判手続きに関するサポート を依頼することもできます。

介護事故を防ぐためのリスクマネジメントとして、リスク特定・リスクアセスメント・リスク対応・リスクコントロールなどの対応が挙げられます。これらの対応を行って体制構築した後は、PDCAサイクルを実施して定期的な改善・見直しを行うことで、より実践的なリスク管理が可能となります。

さらに細かい対応内容はケースごとに異なるため、特に「これまで対応したことがない」という場合は、企業法務に注力している弁護士に相談すると良いでしょう。

PEST分析とは?新規事業の事業計画にPEST分析が必要な理由?

★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表

★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 相場分析の見極めに必要な4つの視点 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法(ウィザードブック123) Tankobon Softcover – August 9, 2007

What other items do customers buy after viewing this item?

FXトレーディング (ウィザードブックシリーズ)

世界の“多数派

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

FXスキャルピング ――ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 (ウィザードブックシリーズ)

~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX (Modern Alchemists Series No. 93)

Product description

内容(「BOOK」データベースより)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

Start reading 実践FXトレーディング on your Kindle in under a minute.

Don't have a Kindle? こちらから購入いただけます。, or download a FREE Kindle Reading App .

Product Details

  • Publisher ‏ : ‎ パンローリング (August 9, 2007)
  • Publication date ‏ : ‎ August 9, 2007
  • Tankobon Softcover ‏ : ‎ 262 pages
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4775970895
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4775970898
  • Amazon Bestseller: #295,962 in Japanese Books (See Top 100 in Japanese Books)
    • #372 in Bonds Investing (Japanese Books)相場分析の見極めに必要な4つの視点
    • #975 in Stock Market Investing (Japanese Books)
    • #29,351 in Business & Money

    About the author

    イゴール・トシュチャコフ

    Discover more of the 相場分析の見極めに必要な4つの視点 author’s books, see similar authors, read author blogs and more

    Customer reviews

    To calculate the overall star rating and percentage breakdown by star, we don’t use a simple average. Instead, our system considers things like how recent a review is and if the reviewer bought the item on Amazon. It also analyzes reviews to verify trustworthiness.

    Review this product

    Filter reviews by

    • English
    • Japanese

    Top reviews from Japan

    There was a problem filtering reviews right now. Please try again later.

    【原書】
    原書名
    ⇒BEAT THE ODDS IN FOREX TRADING: How to Identify and Profit from High-Percentage Market Patterns
    「FXにおいて、逆境に打ち勝つ:高確率で勝てる市場パターンを見つけ収益を上げる方法」
    Beat the Odds in Forex Trading: How to Identify 相場分析の見極めに必要な4つの視点 and Profit from High Percentage Market Patterns (Wiley Trading)

    ・オンライントレード学校(Igrok Trading International)を開設してありましたが、2018年7月10日時点で、URLを見ても繋がりませんでした。

    【目次】
    ①新人トレーダーへのアドバイス
    第1章 はじめに
    第2章 取引口座を開く
    第3章 適切な取引会社を選択する

    ②取引手法を開発する
    第4章 投機取引における心理的課題
    第5章 裁量トレードとメカニカルトレー
    第6章 テクニカル分析とファンダメンタル分析

    ③イグロック・メソッド
    第7章 イグロック・メソッドの発想の原点
    第8章 テクニカル分析を利用して確率を評価する
    第9章 基本的なトレード戦略とテクニック
    第10章 トレードする通貨ペアを選ぶ
    第11章 マネーマネジメントのルールとテクニック
    第12章 相場の動きとトレーダーの規律

    ④イグロック・メソッドによる短期トレードとデイトレードの戦略
    第13章 デイトレードプランの原則
    第14章 仕掛け
    第15章 手仕舞い
    第16章 タイミングの重要性
    第17章 中央銀行介入時のトレード戦略

    ⑤短期トレードとデイトレード用テンプレート
    第18章 平均値幅に基づくテンプレート
    第19章 テクニカル・フォーメーションに基づくテンプレート
    第20章 トレンドライン、サポート、レジスタンスに基づくテンプレート
    第21章 サンプルトレード

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる