オンライントレード

イラストと動画で取引方法とルール説明

イラストと動画で取引方法とルール説明

ここ最近流行りだした取引です。

動画で分かる公正取引委員会

この動画は,独占禁止法や公正取引委員会のことをよく知らない方々を対象としております。
第1部の「競争の意義について」では,「競争ってどうして必要なんだろう?」という生徒の問いかけに対し,先生役の公正取引委員会の元委員が身近な商品や食べ物を例に挙げて,競争や独占禁止法の必要性について分かりやすく解説しております。
第2部の「独占禁止法の主な規制内容」では,独占禁止法上問題となる行為について事例を示しながら分かりやすく説明しております。
第3部の「独占禁止法違反事件の処理手続」は,独占禁止法違反事件の調査の流れについて,ドラマ仕立てで紹介しております。

フルバージョン 第1部 競争の意義について

第2部 独占禁止法の主な規制内容 第3部 独占禁止法違反事件の処理手続

気を付けよう!取引のルール-優越的地位の濫用規制-

知っておきたい!物流分野の取引ルール

下請法関係

そうだったのか!よくわかる下請法

やさしく解説・よくわかる下請法講座~下請取引で困らないために~

[1] 下請法の目的・下請取引の定義 [2] 親事業者の義務

[3] 親事業者の禁止行為(1) [4] 親事業者の禁止行為(2)

政府インターネットテレビ~下請事業者の強い味方! 知っておきたい「下請法」~

入札談合等関与行為防止法関係

入札談合等関与行為防止法に係る研修用動画

バイナリーオプションのやり方・イラストと動画で取引方法とルール説明

バイナリーオプションのやり方・イラストと動画で取引方法とルール説明


購入ボタンを押した時点から、1分後(※)に高いか?低いか?

短期取引とよく呼ばれています。 ※1分という時間は選択が可能です。

短期取引でよく使われる名称

短期取引のやり方

バイナリーオプションのやり方図解


上の画像は実際の取引画面です。 番号を見ながらやり方(取引の順序)を追ってみましょう。

STEP.1 取引時間を選択 取引時間を選択します。 業者によって異なりますが、30秒~10分と短いのが短期取引の特徴です。 イラストと動画で取引方法とルール説明 STEP.2 通貨ペアを選択 通貨ペアとはドル/円(USD/JPY)等の事です。まずはドル/円で練習しましょう。 参照:勝てる通貨ペアはどれ? STEP.3 金額を選択 金額を選択(入力も可)します。 初めは1,000円固定がオススメです。 STEP.4 上がるか?下がるか?(HIGH or LOW)を選択 ボタンを押した時の値よりも上がるか?下がるか?を選択します。(業者によって「HIGH・LOW」、「上昇・下降」、「ASK・BIT」等、表記が異なります) STEP.5 購入ボタンを押します STEP.4まで選択したら購入ボタンを押します。(※規約にチェックを入れる業者もあります)

HIGH・LOW(ハイロー)

20180803e


先ほど紹介した短期取引は元々このハイローのシンプル版にあたり、こちらが元祖です。

こちらも多くの業者で提供されています。 ただ、この取引をしている人は実際ほとんどいないと思います。 なので理解する必要すらないとも言えます。

そして、 10:30分時点でのドル円レートよりも、10:45の時点で高いか?低いか? という取引です。

取り消しが出来る

20180803f


購入した時間からではなく、判定期間の最初から判定が開始されるハイロー取引の場合は、 取消し ボタンがありその取引を取消すことが出来ます。

HIGHLOW取引で使われる名称

「HIGHLOW」「ハイロー」「High&Low」等、HIGHLOWに似た名称で取引を提供している業者が多いです。(その他ではBinaryKing13では「ミニッツ」という名称もありました)

レンジアウト・スプレッド

レンジアウト


ここ最近流行りだした取引です。

通常の短期取引や、HIGHLOW取引に、 予想が当たっても、レンジの中だと負けとするというルールが追加されたもの です。

ハズレが多くなるデメリットの代わりに、 ペイアウト率が2倍以上 という設定となっているので人気の取引です。

レンジアウト取引でよく使われる名称

国内業者の取引ルール

20180803o


続いて、国内業者のバイナリーオプションのやり方・ルールを解説します。

バイナリーオプションという取引名では無い

日本の業者の場合、そもそもバイナリーオプションという取引名称ではない事が多いです。

ラダー取引

ladder


基本的に、国内バイナリーオプションのルールはラダー取引が基本です。

GMOクリック証券の外為OPはこのラダー取引のみで、どの国内業者でもラダー取引は取り扱っている事から、 国内バイナリーオプション=ラダー取引 が代表的な取引といってよいでしょう。

海外バイナリーオプションと同様、高いか?低いか?を当てるのですが、目標レートがA~Fまであります。

やり方は、

①A~Fの値(目標レート)を選択

ペイアウト率は 勝ちやすければ低く・勝ちにくければ高い です。

購入口数(枚数)とレート(ペイアウト倍率)について

口数とペイアウト倍率の関係

この目標レートの場合、1口●●円で、 勝つと1口1,000円が手元に戻ってくる という意味です。 つまり、差額が利益になる為、金額が低い方が多くの利益を得られることになります。

例えば、上の画像の目標レートDに注目します。 現在の値は目標レートである108.64円よりも下回っている為、 ローの方が勝つ可能性が高い と判断しています。

ローを買った場合 は、1口760円が1000円になって返ってくるので、1口240円の利益となります。 このまま下落すると予測して、100口(76,000円分)購入すれば24,000円の利益です。

ハイを買った場合 は、1口400円が1000円になって返ってくるので1口600円の利益となり、ローで勝つよりも倍率が高くなります。 100口(40,000円)購入して60,000円の利益なので、外れた時に失う金額が少なく、利益も大きいです。 元々下回っている(負けている)状態からスタートするので勝ちにくいですが、当たれば大きいという、いわゆる競馬のような勝ちそうな人気の馬だと倍率が低く、勝て無さそうな馬は倍率が高いという公営ギャンブルと同じ倍率設定が採用されるようになりました。

受付開始から受付終了直前まで、いつでも購入できる

購入時間

通りすがりA

通りすがりAさん

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる