初心者におすすめ

一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開

一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開

国内でバイナリーオプションの取引サービスを提供している主な会社です。海外のバイナリーオプション業者と異なり、日本国内ではいくつかバイナリーオプション取引提供において規制があるため、海外のバイナリーオプション業者と比較してやや取引に制限がかかるケースもあります。
その反面、安心して取引できるような仕組みが整備されており、そもそも日本国内のバイナリーオプション業者ですから日本語でコミュニケーションを取ることができる魅力もあります。

一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開

為替市場で取引を行う、FX投資・バイナリーオプションで必要な知識や投資戦略。 そして、世間では教えてくれない裏知識を公開していきます。 あなたのテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が 正しい勉強のやり方でなくては、稼ぐために意味のないものとなり 徒労として終わってしまいます。 特に初心者に多い傾向が、 「デモ取引で試せるのに、勝率を気にせずにいきなり現金で始めてしまう. 」 ということです。 また、SNSなどでもある投資で稼いでいますという 触れ込みやアピールに騙されていませんか? 投資で稼ぐことは難しくありませんが、かといって簡単でもありません。 そして、一攫千金を狙った投資家の多くは儚く散って途中退場してしてしまっています。  あなたがそうなってしまわないためにも、正しい勉強方法と知識。 また投資線戦略からなる利益の出し方を身に付けてください。 この連載はそんな勉強方法を含めて、投資に必要な本当の知識を 嘘偽りなく公開したものになります。 ぜひ、ご参考に知識を吸収してください。

バイナリーオプションで勝つための必勝方法を探している から でしょう。

必ず勝つ方法と書いて必勝法と呼ぶわけですが 、 100% 確実なことがない為替相場において必勝法というものは存在しません。

しかし、バイナリーオプションのような 1 分~ 15 分というとても短期的な行われる取引においては、他の株や FX などの投資に比べると非常にメンタルを崩しやすく、 1 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 回の負けから過剰な取引や取引金額の変更を行って負けを帳消しにしようとするようなど、自分自身で自覚していることから、損失に繋がるほどの影響はないと無自覚に失敗を重ねているトレーダーも多くいます。

中には誰もが知っているようなチャートの動きから、バイナリーオプションの必勝パターンを見つけ出してその相場が状況になるまで「 待っている 」バイナリートレーダーもいます。

投資において、この「 待つ 」ことができないバイナリートレーダーは、取引しなくてもいいような根拠のない相場状況や取引時間が少ないからこそ一気に利益を得ようと金額を上げたりと、自分自身で負ける要因を作っているにも関わらず、それが原因と理解していない投資家も圧倒的に多くいます。

もちろん、メンタルや損失管理だけではなく、どのように「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」「 RSI 」を使っていくことがバイナリーオプションで勝つために結びつくのか未だに理解できていないという人も多いはずです。

勝率が低くても利益が発生しやすいハイローオーストラリアで取引する

必勝法で少しでも勝率を安定させる方法

逆にバイナリーオプションで取引している人で、ハイローオーストラリアで取引していない人が見つけるのが難しいと思えるほどの有名な業者ですが、ペイアウト率も業界屈指の 1.88 ~ 2 倍と高く、出金速度も早くて翌日、翌々日と圧倒的な早さです。

他の業者も口座開設しているひとなら分かると思いますが、他の業者であればペイアウト率が 1.64 倍や 1.75 倍などハイローオーストラリアに比べて低くなっています。何が言いたいかというと、ペイアウト率が低いということは勝ったときの利益も低くなるということであり、当然利益にするために必要が勝率が変わってくるということです。

それが 1 日だけの取引であるならいいでしょうが、一ヶ月や一年単位でバイナリーオプションで取引していくと発生する利益の大きさも損失額も変わります。

しっかりと投資の最大の武器である「 時間 」を武器に取引をしていきましょう。

投資でしっかりと「時間」を意識した運用とハイローオーストラリアのペイアウト率であれば、 勝率が 53% 以上であれば必ず利益 になります。

運に任せて 50% 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 の確率であることを考えれば、たったの 3 %を上回るような勝率をテクニカル分析で出来るようになるだけで構わないということです。

悪徳なバイナリー業者で取引すると利益どころか出金できない

それを知らないあまりに、 入金したお金が出金できずに取引した金額がその紹介したバイナリー投資家に紹介料として渡ってしまうことだってある わけ です。

僕のメルマガ読者やブログを見てくれている人の中にも、ハイローオーストラリアではなくトレード 200 と呼ばれる業者を勧められ、勧められるがまま口座開設して入金してしまったばかりに、 出金もできなければ取引もやりづらいというような かなりいい加減な投資家( SNS などの稼いでます系女子 w ) がいることも把握しています。

必勝法で攻略する前に知っておくテクニカル分析の必要性

  • 客観性がある
  • 再現性がある
  • 感情移入せずに常に同じで状況で判断できる

そして、これは 経験の浅い初心者が特に軽視しがちな攻略のために必要不可欠なポイント になります。

そして、テクニカル分析において理解している指標の強みを最大限理解し、その強みを使っていく必要があるわけですが、 テクニカル指標も万能ではなく 、当然弱点が存在します。

全てのテクニカル分析で起こる「ダマシ」が負けの原因

全ての投資家がテクニカル分析を使って億万長者になれるかというとそうではなく、全体の 8 割が負けていると現状を考えると、 8 割と同じような学び、同じように取引していては負けてしまうのは当然だとも言えますよね?

そうならないためにも必要なのは「 それぞれのテクニカル指標の特性を理解して活用する 」ということです。

  1. 相場(価格)の方向を教えてくれるトレンド系
  2. 売買タイミングを教えてくれるオシレーター系
  3. 上昇や下落の勢いを教えてくれるモメンタム系

の 3 つがあり、それぞれ見方や利用する場面が異なります。

テクニカル指標は見た目がシンプルなことから、誰にでもすぐ使えることが利点ですが、 実は使ってはいけない場面、あるいはそれぞれの指標単体では判断の難しい場面 があります。

というのも、 一言で売買タイミングと言っても、 そのタイミングにはさまざまな種類がある からです。

参考書やネットの説明を見て勘違いをする投資家

多くのテクニカル指標の解説書やネットのブログには、買いや売りの売買シグナルについて書かれていても、どのシグナルが正しい「買い( High エントリー)」か「売り(L aw エントリー)」なのかは書かれていません。

こうした売買シグナルと値動きの非連動性は、一般的に「 ダマシ 」と呼ばれています。

しかし、売買シグナルについて詳しく勉強してみると、この「ダマシ」にもテクニカル分析に関するちょっとした知識があれば避けることができる「ダマシ」と、知識があっても避けられない「ダマシ」の 2 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 つの種類があることがわかります。

避けられない「ダマシ」については、絶対( 100% )がない為替相場において探すのは徒労に終わってしまいますので、探すだけ無駄ですし、運の世界になってしまいます。

バイナリーオプションを攻略必勝法のための3つの特性

バイナリーオプションで勝つための3つの特性

まずあなたにお伝えしたいのが、バイナリーオプションでテクニカル指標を取引に活かすうえで最も重要な 3 つのポイントです。

  1. トレンドを判断する(トレンド系の指標)
  2. 売買タイミングを判断する(オシレーター系の指標)
  3. 時間軸を捉える(東京時間、ロンドン時間、あるいは 1 時間足や 5 分足など . )

これらの 3 つの見方や特性を覚えて、組み合わせて活用することでお互いの弱点を補うことができるようになり「ダマシ」回避が可能になります。

ここでは色々なカスタムインジケーターを含めて、 3 つに分類できるテクニカル指標の 3 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 つの重要なポイントをまず知っておきましょう。

①トレンド系の指標でトレンド(相場の流れ)を攻略する

トレンド相場を判断する方法

トレンド(相場の流れ)が判断できない状態で取引することは、 どの方向に向かっているのか分からない電車に乗ろうとしているようなもの です。

これでは継続した利益は期待できないでしょうし、 運良く勝てたとしてもその勝った快感が忘れられずに過剰な取引の原因 にもなってしまいます。

移動平均線を活用する

複数本の移動平均線を期間を変更して表示させることで、異なる時間足のトレンド(方向)を 1 つの画面だけで確認し、大きな流れと小さな流れを確認することできます。

②売買タイミングを攻略する(オシレーター系指標)

バイナリーオプションの必勝法

バイナリーオプションにおいて大切な 2 つ目のポイントは売買タイミングです。

これは メンタルの崩れからくる不安や恐れなどの過剰防衛 から、 過去の勝った経験からくる過剰な期待が原因 です。

勿論、テクニカル分析を上手く活用すること出来ずに、しっかりとエントリーポイントを定めていないということも原因の 1 つとしてあるのですが、総じて売買タイミングが正しく捉えられていないとも言い換えることができるでしょう。

ここで考えてもらいたいのは、バイナリーオプションで「 エントリータイミングとは何を指すのか 」ということです。

  • 「買い( High エントリー)」タイミングが発生した後に価格が上昇する
  • 「売り(L aw )エントリー)」タイミングが発生した後に価格が下落する

それに反して、買った( High エントリー)後に下落して時間内に規定値よりも上昇しなければ損失が発生します。

売り(L aw エントリー)の方も同様で、売った後に価格が上昇して既定値よりも上がった場合には、勝つことができずにメンタル崩壊のきっかけにもなり、大きな損失に繋がる可能性もあります。

これでは指標に点灯した売買のシグナル自体が信頼できなくなりますし、テクニカル分析、あるいは バイナリーオプションで本当に勝てるのかという不信感に繋がってしまうことにもなる でしょう。

移動平均線とRSI使った必勝法

上記の画像は先程のトレンド系指標である移動平均線に RSI と呼ばれるオシレーター系の指標を追加したものです。

RSI は売られすぎると下段の点線( 30% )を下回り、買いのタイミングであることが分かります。

上段の点線( 70% )を上回った場合は売りのタイミングであることを判断できますが、ここで売買することができたとしても、その後に取引をし損ねたりするとエントリータイミングを逃すため、メンタルを崩したり、単純の買われすぎや売られすぎを売買タイミングとして設けると「もうそろそろ下降(上昇)するだろう . 」と希望的観測から大きな損失に繋がることもしばしばあります。

この事例で 見落としてしまっていること が、先程説明した「 トレンド(相場の方向) 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 」です。

個人投資家には、トレンドと反対の売買行動をとる「逆張り」を好む人が多いため、下落途中で High エントリーを入れる人が多いと見られます。

このように買いどきや売りどきを見逃し、それが原因で 次の取引に移ることができなくなることを行動ファイナンスでは、「アンカリング効果」 と呼ばれています。

③時間軸と時間帯を捉えて攻略する

売買タイミングを判断する

テクニカル分析を用いるうえで、 3 つ目の重要なポイントは時間軸と時間帯の捉え方です。

時間軸とは「 1 時間足・ 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 5 分足」などの異なる期間のこと をいいます。

そして、 時間帯とは「東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場」の三大市場 になります。

そこで重要になるのが、 1 時間足や 5 分足といったバイナリーオプションのような短期取引を行う上で確認することが必要になる短時間足の基本的な期間です。

ただ、 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 1 時間足や 5 分足などの時間帯を含めて、他の時間軸を何個も確認している人はほとんどいないのではないでしょうか。

というのも、短時間で取引することが多くなるバイナリーオプションにおいては、複数通貨を見ていくことが当たり前になります。その場合、 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 1 つの通貨で 3 つも 4 つも異なる時間足を確認していては、とてもじゃありませんが、エントリーポイントを正確に判断することはできないはずです。

その中で、取引するのであれば、取引開始前の 5 分間だけ東京市場の値動きを確認するだけでも、ロンドン時間の特徴や癖を掴んで有利にエントリーすることが可能になるわけです。

バイナリー攻略のカギ【なぜ売買シグナルと結果が異なるのか?】

その理由は、 当たり前のことですがテクニカル指標は万能ではないため 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 です。

より正確に言えば、「 それぞれのテクニカル指標には得手不得手がある 」からに他なりません。

発生した売買シグナルと結果が異なる場面では、テクニカル指標の特徴を活かした使い方がなされていないか、あるいは RSI などが示す売買判断に重要な、補足しなければならない情報もそもそも活用していないのかもしれないということです。

オシレーター系指標を使うときの注意点

オシレーター系のテクニカル指標には RSI やストキャスティクス、 MACD 、モメンタムなどの沢山の種類があり、特徴や使い方にそれぞれ違いがあります。

知らなきゃ損!【バイナリーオプション攻略法】検証後導入し利益額65%像

バイナリーオプション攻略法導入前後の比較g

ぱっと見テクニカル一致率

このぱっと見テクニカルを表示すると以下のように過去の相場との一致率が出てきます。(クリックで拡大)

ぱっと見テクニカル選択画面

さらにプルダウンで検索条件を変えれば時間軸やモデル予測など自分がそのときに見たいのものを瞬時に抽出してくれる優れモノです。↓

ぱっと見テクニカル選択項目

この分析方法は【形状比較分析】と呼ばれるもので、プロトレーダーの間では昔から使われてきたツールでした。しかし一般人が使うには膨大なデータとシステムが必要だったわけです。それが数年前から僕たち個人投資家でも使えるように各社に実装されてきたのですね。

単純に確率論になるので天気予報的な側面がありますが、天気予報を見ずに日々行動するのと毎日天気予報をチェックして行動計画をたてる場合を考えてみてください。大きな違いがありますよね。そのため バイナリーオプションにおいてFXツールを使わずに取引しているのであれば、知らず知らずのうちにチャンスを逃している可能性も あると言えます。

1.4 【最も勝ちやすい通貨】を狙う

続いては どうせ取引するなら【最も勝ちやすい通貨】を狙おう という方法です。これも未来予想ツールである【ぱっと見テクニカル】を使うことで実現可能。やり方は以下の通り。

①毎日チェックする時間軸を決める。できれば短い時間軸から長い時間軸まで見るのをオススメ。(推奨:10分足、30分足、1時間足の3つ)

②ぱっと見テクニカルで、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円の4通貨ペアをチェック。その際①で決めた時間軸を各通貨ともチェックする。つまりこの場合4通貨ペア×3つの時間軸=12回チェックするわけです。

③チェックする際は比較対象ペアが【全通貨ペア】、モデル予測は【比較】にする(下記画像。クリックで拡大します)【比較】にすることでその通貨ペアの第一近似から第三近似までが一発で把握できるため

ぱっと見テクニカル分析画面

比較対象ペアは【同一通貨ペア】のほうがより通貨の特徴を反映した結果になるわけですが、事前のバイナリーオプション検証時にここを変えても成績に優位な差が出なかったため、【全通貨ペア】にして幅広いパターンから近い形状を抽出するほうが良いと思います。

④4通貨ペアの中で最も短い時間軸(10分足)において、第一近似から第三近似までが同じ方向を示しているものをピックアップ

⑤④のなかで二番目に短い時間軸(30分足)の方向性が、最も短い時間軸(10分足)と同じなら攻める候補に。逆なら様子見決定。※攻めるべき通貨ペアが複数あれば一致率が高いものを選択して取引実行

1.5 【相場変動が起こりやすい時間】を狙う

バイナリーオプション攻略法を使って勝ちやすい時間はズバリ、ヨーロッパ市場のオープンからロンドン市場を経てニューヨーク市場のオープン後1時間程度まで。各市場ともにオープン直後は値動きが出やすい特徴があり、これは 過去のデイトレ検証時においても成績に優位な差が出ました

30分経過して同じ方向で加速するか、一瞬動いてもすぐにもとのトレンドに戻った際にはチャンスで、前述の使い方でぱっと見テクニカルをチェックして攻めると良いでしょう。逆に30分経過した時点で方向性が変わっていたり膠着相場になった場合には様子見すると無駄な負けを増やさずに済みます。

2. 攻略法導入前後の取引成績比較

バイナリーオプション攻略法を導入したことでどのように成績が変化したか、グラフを用いて説明します。事前検証期間約1年3ヶ月のうち、最初の4ヶ月は試行錯誤しながらの取引。その後バイナリーオプション攻略法を確立し、残りの9ヶ月は微調整して細かな修正を行いながらバイナリーオプション攻略法をさらに磨き上げました。

2.1 取引前の分析時間が半分に

まず最初に大きな差として体感できたのが 取引前の分析時間を大幅に短縮できたこと です。下のグラフを見てください。

バイナリーオプション攻略法導入前後の分析時間比較

バイナリーオプション攻略法導入前の分析時間は1回あたり平均61分。約1時間ほど分析に使ったうえで取引していたことになります。そして攻略法導入後はこれが34分まで減少しました。 おおよそ半分に短縮できた ことになります。

バイナリーオプションの良い点は、仕掛けた後判定時間になれば勝手に取引が終わるという仕組みであり、仕掛ける前にしっかり分析すればあとはほったらかしにできる、つまり時間が自由になるというのがメリットのひとつです。

2.2 1ヶ月あたりの取引回数が増加

続いては 取引回数がはっきりと増加したこと です。下のグラフを見てください。

バイナリーオプション攻略法導入前後の取引回数比較

バイナリーオプション攻略法導入前の1ヶ月あたり平均取引回数が6.4回だったのに対して、導入後は10.6回まで増えています。1ヶ月単位で平均を取ったのには理由があり、年末相場やお盆など通常時とは明らかに違う動きが出る相場もありますので、導入前後をそれぞれ合計して平均を出した方が比較として有効だと考えたからです。

取引回数が増えたのは バイナリーオプション攻略法の導入によって、それまで見えていなかったチャンスが見えてきた ということが大きいです。取引回数が増えても負けが増えれば全く意味がないわけですが、それはこの次に書く利益額の比較を見てもらうとわかると思います。

2.3 1ヶ月あたりの利益額が1.65倍に

こちらもグラフを見てもらうとわかりやすいです。1ヶ月あたりの平均利益額は、 バイナリーオプション攻略法導入前に+55,281円だったものが導入後には+91,245円、約1.65倍に増加 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 しました。

バイナリーオプション導入前後の利益額比較

これは先ほど書いたように それまで見えていなかったチャンスが見えるようになった ということが大きいです。さらに導入前は「チャンスかな?」と思えていたとしても少し恐怖感があって取引する勇気が出なかった取引がありました。それが攻略法の導入によって強い後ろ盾ができたというか、ツールの予想と自分の考えがあっていれば自信をもって取引したら良いのだ、と思えるようになったわけです。

つまり メンタル面においてもバイナリーオプション攻略法の効果が大きく、それが利益額に反映した わけですね。

3. まとめ

このように、バイナリーオプション攻略前後で自分の取引は大きく変わりました。なぜなら【ぱっと見テクニカル】を使うことで、市場が安定しているのか、それとも不安定になってきているのか、上昇する可能性が高いのか、下落する可能性が高いのかなど、過去のパターンから「将来どう動くか」ということが一発でわかるようになったからです。

さらに複数の通貨を見比べれば、どの通貨が最もリスクが低く利益が出そうかも判別できます。しかもその通貨が「買い」か「売り」かまたは「中立」かということまで一発でわかります。

さらに一致率という数値で過去のと類似性を見ることで攻めるべき相場と避けるべき相場を判断できて安心感を持てる、つまりメンタル面も自然に強化されました。過去の相場を知らない初心者の方でも、為替相場において良くあるパターンであれば一致率で瞬時に見て判別できますし、複数の通貨を見比べていけばどの通貨が最もリスクが低そうかも判別できるわけです。

つまり【ぱっと見テクニカル】で主要通貨を全て見ていけば、 どの通貨が待ちで、どの通貨がロングで、どの通貨がショートか ということが全て明確に把握できることになるわけですね。そして一致率が高い場合は取引して、低い場合はやめておく。こうすることで勝てる確率が高い通貨と方向性を絞り込み、無駄な負けを減らせるわけです。

またバイナリーオプションをやったことがない人にオススメの方法は、 最初は少額で投資しながら【ぱっと見テクニカル】を使ってバイナリーオプション攻略法を試す方法 。ロットは最小限にしておけば1回の取引における損失は数百円で済みますし、最初はそうして損失を小さく限定しておきながら【ぱっと見テクニカル】を使ったバイナリーオプション攻略法に慣れると良いと思います。

大事なことは目先の利益ではなく勝てるパターンを身に付けることです。そうすれば後から金額はいくらでも大きくできますので、 まずは安定感と安全性を確保するのが良い ですね。

そしてある程度バイナリーオプション攻略法に慣れてきて、利益も出てきたのでもっと投資したいということになれば、そのままの方法で金額を上げたり、一致率が高い場合だけに絞り込んで多く投資するなどメリハリをつけると利益率が上がります

僕がこのバイナリーオプション攻略法で取引してきて思うのは、判定時間は最低1時間から1時間半程度は残った状態から取引して、指標などの影響が小さく ドル円クロス円が連動して円安や円高に動くような相場を狙うのがオススメ

以上が僕が日々使っているバイナリーオプション攻略法の紹介でした。まだ一度も試したことが無い方は、まず一度試して見てはいかがでしょう。たくさん使うほどに慣れてきますし、まず自分の分析と合わせて活用してみて土台を作り、それを少しずつ修正していけば必ず上手くいくと思います。やらない後悔よりやって修正→成功の道を切り開いてみてください。

またFXプライム byGMOでは、頻繁にキャッシュバックキャンペーンが実施されています。
僕が開設したころはこんなキャンペーンはなかったのですが・・(^^;) 現在行われているFX業者のキャッシュバックの中でも金額は多い方ですし、キャッシュバック分は損してもトントンいう考え方も可能。なので取引する際に有効に活用されると良いと思います。

ちなみにツールの利用は、 口座開設さえすれば入金無しでも可能 なので、まず試しにツールを使ってみて、その後キャッシュバックも獲得していくと良いかもしれません。

バイナリーオプション初心者が不用意にナンピンをするのは危険!メリット・デメリットとは?

バイナリーオプション ナンピン

必勝法

  • ナンピンのやり方がわかる
  • なぜナンピンが危険なのかがわかる
  • ナンピンのメリット・デメリットがわかる

あなたは「 ナンピン 」という手法を聞いたことがありますか?

しかし、 ナンピンはリスクが高い手法でもあるので、個人的にはバイナリーオプション初心者の方にはおすすめできない手法 だと思っています。

  • 1 ナンピンとは?
  • 2 ナンピンがバイナリーオプション初心者に危険な理由
  • 3 ナンピンのメリット
    • 3.1 損失を取り返せる可能性がある
    • 3.2 エントリーポイントを複数に分けることができる
    • 3.3 うまく利用すれば、期待値が上がる
    • 4.1 大損をしてしまう可能性がある
    • 4.2 資金管理・メンタル管理が難しい
    • 4.3 場合によっては期待値が下がる

    ナンピンとは?

    ナンピンとは、エントリー後に自分が予測した方向と反対方向に為替レートが進んでしまったときに、再度同じ方向でエントリーをおこなうことを言います。

    ナンピンがバイナリーオプション初心者に危険な理由

    それは、 損失を取り返そうとしてナンピンをした結果、2回目のポジションでも損失が出た場合に損失が大きくなってしまうからです。

    もしナンピンをするのであれば、期待値が高いところでエントリーをする必要があり、「エントリー方向と逆方向に進んだから」という理由だけでは非常に危険なのです。

    また、ナンピンをしても今後のトレードに影響しないか判断できるようにするため、「 資金管理 」もおこなう必要があります。

    ナンピンのメリット

    • 損失を取り返せる可能性がある
    • エントリーポイントを複数に分けることができる
    • うまく利用すれば、期待値が上がる

    損失を取り返せる可能性がある

    先ほどからお話しさせて頂いていますが、ナンピンの最大のメリットは、「 損失を取り返せる可能性がある 」ことです。

    エントリーポイントを複数に分けることができる

    ナンピンには「 エントリー箇所を複数に分けることができる 」というメリットがあります。

    事前に「 上の赤いラインでエントリーをして、白いラインまで行ったらナンピンをしよう 」と言った形でエントリーの回数を分けることができるんです。

    【完全保存版】バイナリーオプションの専門用語134選!初心者向けに解説

    海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

    バイナリーオプション全般の専門用語

    FXとは外国為替証拠金取引のこと。日本円と米ドルのように2国間の通過を取引し、その差益を狙う。例えば、1米ドル110円の時に購入し、112円の時に売却すると2円の利益となる。逆に、1米ドル110円で購入したものの、108円になると損失となる。

    レバレッジ

    証拠金の1倍~25倍相当のFX取引ができる取引形態。レバレッジはいわゆるハイリスク・ハイリターンであり、レバレッジで損失が出ると場合によっては追加で証拠金が必要となる。しかしバイナリーオプションにレバレッジはない。つまり、バイナリーオプションはレバレッジ取引よりローリスクで取引が可能。

    オプション取引

    バイナリーオプション、バイオプ、BO、バイナリーオプション取引

    つまり、米ドルやユーロなど取引通貨の動き(上昇、下降、横ばい)を予想し、その予想通りに市場が動くとペイアウト額がもらえ、予想が外れるとペイアウトはもらえない。BOは少額から始められ、レバレッジと異なり損失も予め分かりやすいというメリットがある。また、予測が外れ損失が出そうな場合でも、途中決済で損失を抑える方法もある。詳しくは下記”転売、途中決済、途中売却”を参照。

    ペイアウト

    ペイアウト額

    オール・オア・ナッシング

    バイナリーオプション取引は予想が当たればペイアウトを獲得でき、予想が外れると購入金額の分だけ損をするというシンプルな取引形態のため、ペイアウトを得て利益が出るか、購入金額の分だ損をするかのどちらか、つまり、オールオアナッシング(all or nothing)でとも言われる。

    ロスカット、ロスカットルール

    バイナリーオプションの取引に関係する専門用語

    為替取引の対象となる通貨の組み合わせのこと。USD/JPYなどと表記する。主に「このバイナリーオプション業者は、以下の通貨ペアの取引に対応している」などの使い方が一般的。

    一般的にはレートが激しく変動した際やオンラインシステムが遅延するほど注文が集中している場合などに発生する。約定拒否というキーワードだけ見れば拒否されているイメージが強いが、実質的には通信エラーなどで注文が通らなかったという意味合いの方が強い。

    最低購入可能金額

    最大購入可能金額

    ハイロー取引

    ラダー取引、ラダータイプ、ラダーオプション

    判定時間に目標レート(権利行使価格)よりハイになるかローになるか予測するバイナリーオプションの王道的な取引のこと。予想が当たればペイアウトが払われ、予測が外れるとペイアウトは0円。

    タッチ取引、タッチオプション、ワンタッチ

    レンジ取引、レンジオプション

    一部のバイナリーオプション業者ではワイドレンジとして、取引の際に判定材料となるレンジを広くしたものもある。

    取引開始時刻、取引開始時間

    判定時刻、判定時間、満期

    判定レート

    デイトレード

    ペイアウト率、ペイアウト倍率

    基本的に海外バイナリーオプション業者はペイアウト率が高めに設定される。

    転売、途中決済、途中売却

    バイナリーオプションの決済方法の一つ。例えば1時間判定でエントリーをした場合、途中30分の段階で途中決済をするとその段階で定められたペイアウト率に応じて利益を上げることが可能となる。

    スプレッド

    途中決済を行う際はスプレッド・つまり価格差が狭い・小さいほど有利な取引が可能となる。これは国内のバイナリーオプション業者に多くみられる。

    スプレッド取引

    スリッページ(Slippage)

    語源は「滑る」のスリップより。FX取引を中心に、相場が急変した時など急な変動があると通信スピードや処理時間により約定しても注文価格と実際の約定価格に差が出ることがある。これをスリッページと呼ぶ。

    ターボ取引(Turbo)

    15分・1時間・2時間など一般的なバイナリーオプションの判定時刻よりも短い時間の中で値動きを予想する必要があるため、難易度がやや高く、ペイアウト率も2.0倍などの高水準になるケースが多い。

    マーケットリスク

    ボラティリティ

    ボラティリティ・ボラなどとも呼ばれるが、これはある一定の期間内の一定の通貨ペアの取引量を指す。例えば、この通貨ペアは日本時間深夜のボラが大きいので狙い目である、のような解説や使い方をする。ボラティリティが大きい場合は、取引が活発であることから値動きも比較的大きなものになりやすく、スプレッド取引などではボラティリティが大きい通貨ペアと時間帯でトライすることが重要である。

    様々な投資やギャンブルの世界でも使われる言葉。平たく言ってしまえば、買った時にどれくらいのメリットが得られるかという指標と勝てる確率、そして同様に負けた時に発生するデメリットと負ける確率を全て足して平均したようなもの。これがわずかでもマイナスの方向に数値が出るようであれば期待値が薄いため、投資判断としては勝負をするべきではないということになる。

    ローソク足

    市場流動性

    トレンド・トレンド相場

    レンジ相場・保ち合い相場

    レンジブレイク・ブレイク

    レジスタンスライン

    サポートライン

    60セカンズ

    キリ番・心理的節目

    デモ、デモ取引

    コール・オプション

    プット・オプション

    マイナーカレンシー

    メジャーカレンシー

    イン・ザ・マネー

    アウト・オブ・ザ・マネー

    アット・ザ・マネー

    バイナリーオプションの分析に関する専門用語

    連邦公開市場委員会、FOMC

    連邦準備制度理事会、FRB

    デフォルト

    テクニカル分析

    ファンダメンタル分析

    バイナリーオプション・ファンダメンタルズ分析の基礎講座【情報収集や実践手法まで公開】 バイナリーオプションでは「ファンダメンタルズ分析(ファンダメンタル分析)」の活用が重要だと言われています。 取引を始めたばかりの初.

    パターン分析

    テクニカル指標

    トレンドフォロー系指標

    オシレーター系指標

    パラボリック

    移動平均線、MA、Moving Average

    単純移動平均線、SMA

    指数平滑移動平均線、EMA

    移動平均乖離率

    平均方向性指数、ADX

    ストキャスティックス、ストキャスティクス

    インジケーター

    バイナリーオプションのインジケーターの種類と特徴【現役トレーダーが徹底解説】 バイナリーオプションは、インジケーター使用や解析を行わずに単純に勝つか負けるかでも取引は可能です。 しかし投資として勝率を上げてい.

    一目均衡表

    【バイナリーオプション】RSIを使った逆張り必勝法!CCIやMACDとの組み合わせ技も紹介 バイナリーオプションでは、テクニカル分析によって根拠のある予測をするのが合理的な方策の一つです。 インジケーターによるチャート分析.

    バイナリーオプションを酒田五法で攻略!【全5種類のチャートを徹底解説】 チャートの読み方を勉強していると「酒田五法」という方法論がよく登場します。 酒田五法を使ったチャート分析は株式投資やFXなどの様々.

    ダイバージェンス

    ダマシ、騙し

    ボリンジャーバンド

    バイナリーオプションをボリンジャーバンドで徹底攻略!設定と使い方も解説 バイナリーオプションのテクニカル分析では、様々なインジケーターが活用されています。 その中でもよく登場する指標として「ボリンジャー.

    1σ(シグマ)

    2σ(シグマ)

    3σ(シグマ)

    スクイーズ

    エクスパンション

    バンドウォーク

    HLバンド

    エンベロープ

    トレンドライン

    バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】 バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で.

    バックテスト

    バイナリーオプションのバックテストのやり方は?検証方法の手順やツールも徹底解説! バイナリーオプションは「バックテスト」を実施することで勝てるようになると聞いたことがあるでしょうか。 ここで初めて名前を聞いたとい.

    ゴールデンクロス、GC

    デッドクロス、DC

    ヨーロピアンタイプ、ヨーロピアンオプション、ヨーロピアンタイプオプション

    アメリカンタイプ

    バミューダンタイプ

    バイナリーオプションの国内業者の名称


    国内でバイナリーオプションの取引サービスを提供している主な会社です。海外のバイナリーオプション業者と異なり、日本国内ではいくつかバイナリーオプション取引提供において規制があるため、海外のバイナリーオプション業者と比較してやや取引に制限がかかるケースもあります。
    その反面、安心して取引できるような仕組みが整備されており、そもそも日本国内のバイナリーオプション業者ですから日本語でコミュニケーションを取ることができる魅力もあります。

    バイナリーオプションのおすすめ国内業者5選【ペイアウト率は?儲かるの?】 バイナリーオプションには国内業者と海外業者の二通りの取引先が存在します。 ネット上の多くの記事では、海外業者の情報が力を入れて紹介.

    GMOクリック証券

    FXプライムbyGMO

    トレイダーズ証券

    トレイダーズ証券株式会ではみんなのFXやLIGHT FXなどFX取引サービスを運営しており、「スプレッド業界最狭水準宣言」を宣言するなど顧客第一主義に徹しています。提供サービスはみんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション。
    バイナリーオプションはみんなのオプションで取引でき、ラダータイプ、レンジタイプの取引を選択できます。チケットは50円から、ペイアウトは一律1,000円です。

    IG証券のバイナリーオプションの評判は?口コミでみるメリット・デメリットと攻略法 IG証券はバイナリーオプションサービスを提供している証券会社の中でもよく注目されるようになりました。 外資系の証券会社なので、利用.

    外為どっとコム

    ヒロセ通商

    大阪を拠点とするヒロセ通商株式会社は、FX取引業者で2004年設立。クイック入金サービスや即時出金サービス、200以上の通貨ペア取り扱いなどFX業界でもいち早く利便性の高いサービスを始めることで有名です。
    バイナリーオプションでは、LION BOにて取引可能、4通貨ペアに対応、ラダーオプション、ヨーロピアンタイプ、ペイアウトは1Lot1,000円、注文はオプションの新規購入・成行注文に対応しています。

    バイナリーオプションの海外業者の名称


    海外のバイナリーオプション業者は日本国内のバイナリーオプション業者と異なり、法規制が緩和されている部分もあります。そのため自由度の高いバイナリーオプション取引が可能です。また、そこに魅力を感じて日本から海外のバイナリーオプション業者を利用する投資家も多数存在します。
    ここでは、海外のバイナリーオプション業者の中でも特に国内で人気の高い業者をピックアップしてご紹介します。

    海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

    ハイローオーストラリア(highlow.一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 com)

    マーシャル諸島共和国に所在するHLMI Ltd.が運営し、世界中から大人気のバイナリーオプション業者がハイローオーストラリアです。
    初回取引でキャッシュバックボーナスを実施していたり、日本語でのサポートが受けられる部分でも特に人気のバイナリーオプション業者で、その特徴は何と言っても最高2.一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 0倍のペイアウト倍率と豊富な取引方法です。
    海外バイナリーオプション業者のため、クレジットカードでの入金にも対応しているなど、様々な方法でバイナリーオプションに取り組めるのも嬉しいポイントです。
    日本からのハイローオーストラリア口座開設も身分証があれば3分で完了するなど、極めて使い勝手の良い業者でもあります。
    取引銀行はナショナルオーストラリア銀行で、賠償責任保険はロイズ保険組合。また、金融先進国のオーストラリア金融当局が監督局を務めているなど、海外バイナリーオプション業者の中でもトップクラスの信頼性と安心感が人気です。

    スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】 「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書.

    海外バイナリーオプションのハイローオーストラリアで勝つ手法

    ローソク足の組み合わせはあらゆる場面で登場します。 基本的なパターン分析ですが、知っているだけで勝てる可能性がかなり上がります。 まず、日足と4時間足でポイントを絞ります。模式図で見ていきましょう。 .

    FIVE STARS MARKETSの評価|口コミ評判と安全性について(ファイブスターズマーケッツ)

    FIVE STARS MARKETS(旧 FIVE STARS 一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 OPTION)は、シンプルかつ多彩なサービスと確実でスピーディーな入出金対応を大きな強みとして業界をリードしてきた、老舗の海外バイナリー .

    10万円を6億円にしたGFF(グフフ)のRSI手法

    2010年、ギリシャショックで多くのトレーダーが混乱する中、10万円の証拠金をたった3ヵ月程度で6億円にまで増やした1人の日本人個人投資家がいた。 利益率はなんと600000%! ニコ生の生主(配信者 .

    Zentraderの評価|口コミ評判と安全性について(ゼン・トレーダー)

    Zentrader(ゼン・トレーダー)は、2018年にサービスを開始したバイナリーオプション業者です。 設立以降、日本人トレーダーの利便性を強化しながらサービスを拡大し続けてきました。 バイナリーオプ .

    ハイローの評価|評判・安全性について(ハイロー オーストラリア)

    HighLow(以下ハイロー)は、マーシャル諸島共和国にあるHLMI Ltd.が運営するバイナリーオプション業者です。 以前は「ハイローオーストラリア」という名称で運営していたので、聞いたことがある人 .

    トラリピEA 無料プレゼント-2

    FXの質問受付中

    海外FX業者おすすめランキング2022!人気FX会社16社を口座比較
    【2022年6月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

    口座開設ボーナスとは? 入金不要! 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ .

    一瞬タッチバイナリーオプション 手法公開 海外FX入金100%ボーナスをクッションあり・なしで徹底比較【2022年最新おすすめ版】

    入金ボーナスとは? 口座に入金するだけ! 資金を2倍3倍にできる! 口座への入金額に応じた取引ボーナスがもらえる。 海外FX業者が実施するキャンペーンの中で最も還元率が高い。 入金額に対し還元率100 .

    海外FXで出金拒否なし・詐欺じゃない安全な業者BEST5

    海外FXでよく問題視されるのは「出金拒否」。 これは、利益を出金したいのに業者側によってストップされてしまうというケースのことです。 その理由はさまざまですが、業者によってはユーザーに落ち度がないにも .

    海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

    海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を .

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる