FXトレード

バイナリー オプション 10 分 取引

バイナリー オプション 10 分 取引
IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

海外FX口座の特徴は?海外在住投資家が日本FX口座との違いやリスクについて解説

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。

また最近、海外所在の無登録業者とバイナリーオプション取引を行い、出金に応じてもらえないなどのトラブルになっている例も見られます。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。

コージンスキ祐華

最新記事 by コージンスキ祐華 (全て見る)

  • 海外FX口座の特徴は?海外在住投資家が日本FX口座との違いやリスクについて解説 - 2022年5月20日
  • 円安が個人投資家に与える影響は?海外在住投資家が解説【2022年5月】 - 2022年5月19日
  • 初めてのFX、取引会社を選ぶポイントとおすすめのFX会社は? - 2021年10月5日

おすすめの株式投資のサービスや証券会社は?

SBI証券

SBI証券

株手数料が1日100万円まで無料!早朝・深夜も取引可、Tポイントで投信が買える、ロボアドも

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

5月26日(木)■『FOMC議事録の公表明けでの各市場の反応』と『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』、そして『米ドルと日本円、ユーロの方向性』に注目!

米ドル/円 直近3日間のチャート

ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート


米国の経済指標及びイベントは、
・21時30分: 米)新規失業保険申請件数
・21時30分: 米) 第1四半期GDP【改定値】 バイナリー オプション 10 分 取引 / 個人消費【改定値】
・23時00分: 米)中古住宅販売保留
・25時00分: 米) ブレイナード次期FRB副議長の発言(投票権あり)
・26時00分: 米) 7年債入札
に注目が集まる。

米国以外では、
・06時10分: NZ) オアRBNZ総裁の発言
・10時30分: 豪)第1四半期民間設備投資
・20時00分: ト) TCMB政策金利 & 声明発表
・21時30分: 加) 小売売上高 & 【除自動車】
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
・ スイスが祝日で休場
・ 世界経済フォーラム年次総会(~26日)
・今週→ニュージーランド(25日)、トルコ(26日)の金融政策の発表と米国(25日)の議事録の公表を予定
・今週→米国の主要企業の決算発表が多い(ピークアウト)
・今週→米国の中長期国債の入札が相次ぐ(24日→2年債、25日→5年債、26日→7年債)
・今週末に米国は連休入りとなる(30日がメモリアルデーで祝日休場となる為)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→今週・5月25日に議事録の公表を予定→6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まっている)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる、今週も24日のパウエルFRB議長の発言の他にもFRB高官の発言が多数ある)
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→6月17日に次回金融政策発表を予定)
・日本の金融政策への思惑(バイナリー オプション 10 分 取引 4月28日に金融政策の発表を消化済み→6月9日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・バイデン米大統領の発言
・新型コロナウイルス感染症への懸念
などが重要となる。

本日は、 FOMC議事録の公表明け で、 オアRBNZ総裁の発言 や TCMB金融政策の発表 が行われる。

本日の 米国の経済指標 は、 新規失業保険申請件数 と 第1四半期GDP【改定値】 / 個人消費【改定値】 、 中古住宅販売保留 がメイン。
一方、 経済指標以外のイベント では、 ブレイナード次期FRB副議長の発言(投票権あり) と 7年債の入札 が予定されている。

本日は、 FOMC議事録の公表明け での各市場の反応 と 米ドル・日本円・ユーロの方向性 、 主要な株式市場 及び 米国債利回りの動向 、 米国の金融政策への思惑 が重要となる。
その他、 金融市場のリスク許容度 や 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目) 、 ウクライナ情勢 、 原油と金を中心とした商品市場 、 バイナリー オプション 10 分 取引 米国の主要企業の決算発表(ピークアウト) 、 欧州の金融政策への思惑 、 日本の金融政策への思惑 などにも注意したい。


■□■ 本日のトレード用のエサ (羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

・06時10分: NZ) オアRBNZ総裁の発言 バイナリー オプション 10 分 取引
→発言内容次第

・20時00分: ト) TCMB政策金利 & 声明発表
→内容次第

・21時30分: 加) 小売売上高 & 【除自動車】
→発表でのカナダドルへの影響は大きなモノになりやすい

・21時30分: 米)新規失業保険申請件数
・21時30分: 米) 第1四半期GDP【改定値】 / 個人消費【改定値】
・23時00分: 米)バイナリー オプション 10 分 取引 中古住宅販売保留
・25時00分: 米) ブレイナード次期FRB副議長の発言(投票権あり)
・26時00分: 米) 7年債入札
→ FOMC議事録の公表明け
ここから月末に向けてどうなるか
月末のリバランスでの流れにも注目

バイナリー オプション 10 分 取引
■ 5月23日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→ニュージーランド(25日)、トルコ(26日)の金融政策の発表と米国(25日)の議事録の公表を予定
▼ 今週→米国の主要企業の決算発表が多い(ピークアウト)
▼ 今週→米国の中長期国債の入札が相次ぐ(24日→2年債、25日→5年債、26日→7年債)
▼ 日米首脳会談(23日に日本で開催予定)
▼ 今週末に米国は連休入りとなる(30日がメモリアルデーで祝日休場となる為)
▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→今週・5月25日に議事録の公表を予定→6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まっている)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる、今週も24日のパウエルFRB議長の発言の他にもFRB高官の発言が多数ある)
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は第1四半期GDP【改定値】がメイン)
▼ 金融市場のリスク許容度
バイナリー オプション 10 分 取引 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→6月17日に次回金融政策発表を予定)
▼ 日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→6月9日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる