日本語で徹底解説

FX最強のインジケーターランキング

FX最強のインジケーターランキング
テクニカル分析

最強の通貨強弱インジケーター!異国のBB通貨強弱MTF

今注目のインジケーター「TDI」を最大限まで進化させた究極のインジケーター!TDI(Traders Dynamic Index)とはTDI(Traders Dynamic Index)は以下の要素で構成されるインジケータで.

海外で人気のあるインジケータ「TDI(Traders Dynamic FX最強のインジケーターランキング Index)」を紹介します。TDI(Traders Dynamic Index)とはTDI(Traders FX最強のインジケーターランキング Dynamic Index)は、Dean M.

通貨の強弱を一覧にして見やすくなりました!

通貨間の強弱を一瞬にして理解するために、バージョンアップして 強弱の一覧表機能 を追加しましたので、以下の様に、 左から通貨の強い順にリアルタイムで表示されます!

異国の通貨強弱

一覧表を見れば、最強の通貨(一番左の通貨)と最弱の通貨(一番右の通貨)の通貨ペアがわかりトレンドが発生していると直ぐに分かるので、非常に便利です!

更に、各ラインがどの通貨を表しているのか少しわかりにくい部分がありましたので、こちらもバージョンアップをして以下の画像の様に各ラインの右側にそれぞれの通貨名を表示させるようにしました!

異国の通貨強弱

ノイズ削除機能

異国の戦士の独自の技術を使い、通貨強弱のラインに発生している ノイズを削除してラインを滑らかにする機能 を追加しました!どの様にラインが滑らかになるのか画像で比較していきます!

以下の画像はノイズ削除機能を使わない時の通貨強弱のラインです。

異国の通貨強弱

パラメーター設定

異国の通貨強弱

異国のBB通貨強弱MTFが目指すのは?

「通貨間のパワーバランス」です。

今どの通貨が強いのか(買われているのか)、またはどの通貨が弱いのか(売られているのか)

「異国の戦士」が、この通貨間強弱のインジケーターにメスを入れ「異国のBB通貨強弱MTF」を開発致しました。

通貨の買われ過ぎ・売られ過ぎが分かる

ボリンジャーバンドは、最強の通貨のライン(FX最強のインジケーターランキング 一番上位にあるライン)の+2σを、最弱の通貨のラインの-2σが設定され、+2σや-2σをブレイクしたときには黄色のドットが出現いたします。

通貨強弱-インジケーターmt4

「異国のBB通貨強弱MTF」をチャートに適用すると自動で、今見ている通貨のラインが 自動で太くなります ので、すぐにどこのラインを見るのか分かります。

また、右上に各通貨別の色を表示していますので、 どのラインがどの通貨 なのか分かります。(色は自由に設定する事が可能です)

上記の画像ではNZDJPYのチャートに「異国のBB通貨強弱MTF」を表示させているので、 水色のJPYのラインピンクのNZDのライン が自動的に太くなっています。

現在の状況はJPYが強くNZDが弱いのでチャート上で確認できる様にNZDJPYで見たときに価格は下がります。
(価格の強弱:NZDJPY)

通常の通貨強弱インジケーターとの違い

通貨間のオシレーターの値から強弱を分析する新たな試み

この動きが通貨強弱インジケーターで見れるのは 非常に大きなメリット です。

また、通常の通貨強弱インジケーター使い方では、強い通貨と弱い通貨のペアを選びトレードを行うのがセオリーですが、 確認出来たその時点では少し出遅れてしまい、トレンドが形成されきった後のトレンドの終焉期に近い状態で、天井や損ねを掴まされてしまう事が多々ありますが、「異国のBB通貨強弱MTF」は オシレーターを使用 しておりお使いになるオシレーターの パラメーターを自由に設定 する事が出来るので、検知の感度は自由に調整する事が可能です。

良い商品です

通貨強弱のツールはこれまで多くありました。 しかし販売者も言っているように、おススメ通貨が表示されても一時的に伸びただけで強い通貨を鵜呑みにしてもトレンドの終焉だったということが多かったです。 商品解説にもありますが、ボリバンで行き過ぎたものを視覚できるので、わざわざ通貨チャートを見なくても良いです。 また、ここからは個人的な使い方ですが、ノイズ削除機能がとても便利です。 私は支障がないレベルまで滑らかにして、上下別々に動いているものを選ぶと簡単に思惑通りの方向へ進みます。 何が一番強いか弱いかも一つの良さですが、私にはこちらの機能のほうが優位的でした。 本当の意味で通貨ペア選びが楽になり、効率的に稼げています。 やっぱりトレンドが出ている通貨をすぐに見つけてトレードすることが一番楽ですね。(このツールでトレンドというより流れる前兆が分かります。特にノイズ除去&ラインクロスでXの形を見極めれば強いトレンドにならなくてもそれだけで稼げると思います。クロスまで待たなくても良いですが!)

通貨強弱が分かって使いやすいです。

通貨強弱のバランスがはかれてとても便利で使いやすいです。ただ気になる点が2点あります。1点目はサインが出たときにメールが届くのですが、どの通貨ペアでサインが出たのがメールからは分からないのが気になります 。可能であれば、どの通貨ペアで矢印が出現したのか分かるようにしていただけるとより使いやすくなりそうです。 2点目は1時間足のチャートを表示させて1時間足のcciで通貨強弱を表示しているのにもかかわらず、そのチャートを再反映させると過去に表示していたサインが消えてしまうケースがあるのが気になります。そこも過去のサインが消えないようにしていただけるとありがたいです。

次元が違う!

とても便利です。 FX最強のインジケーターランキング

使えるインジケータ!

通貨相関関係の補助ツールとして

トレンド変換点を判断するには、非常に有効だと思います。

僕はこの販売者様の初期に出されたツール、RSIパーフェクトオーダーを購入して以来、販売者様が新しく出品されたツールについては内容を読まずにまず購入しております。普段は気になる商品はしっかり内容を読み、調べ、吟味してから購入しております。が当販売者様についてはまず購入しております。なぜか、トレーダーが必要としているツールで、かつ、そう!そこが必要段だったんです!となるからです。サポートも朝方まで付き合ってくれます。やり取りすれば分かりますが、本当にトレーダーのことを考えたツール開発を行っている方です。また価格も1トレードで順分くらいにペイができるほどの安価です。僕は最初に購入した FX最強のインジケーターランキング RSIパーフェクトオーダー を使った 初日3ケタの利益を獲得 しました。確かにトレンドが一番でた通貨ペアの選定もありましたが、そうではなくてもしっかり利益があがったと思っております。 使えばわかりますが、これ使って負ける人いるの??と思っております。 そして今回の商品はトレンドやレンジを判別できる、つまり未来の相場を予測できるツール、しかもCCFPなど他にもありますが今まで活用してきた中で最強です。強弱の強さまでしっかりわかります。このレベル、発想が実現されているこのツールをこの値段で出しちゃって良いの?が出品されているのを知った時の正直な感想です。買うのだから一時的にはお金を払っていますが、翌日の朝にはそれの何倍ものお金が増えているのでタダのような感覚になってしまいます。 異国の戦士様のツールを全てそろえてしまえば最強トレーダーの完成といっても大げさではないです。 僕はべつにアフィリエイトもしておりません。純粋な意見です。 また、商品のことに関わらず数日に1度気にかけてくれてメールもくれたりします。お会いしたことはありませんが、僕にとって最高のパートナーだと思っております。 ブログ、本当に必見ですよ。

テクニカル分析で使えるFX指標・インジケーター組み合わせオススメまとめ

テクニカル分析

FXを始める初心者がまず覚えておきたい「 テクニカル分析 」について解説します。

これらテクニカル分析の基本的な見方や使い方、FX初心者でも活用できるテクニカル指標と相性の良いお勧めの組み合わせなどを紹介していきます。
ちなみに筆者は登録方法も簡単な海外ビットコインFX「Bybit」 を使っています。

テクニカル指標には3つの分類がある

  1. トレンド系インジケーター
  2. オシレーター系インジケーター
  3. チャート(パターン)分析

トレンド系テクニカル指標(インジケーター)の簡単な判別方法として、移動平均線や一目雲などに代表されるようなチャートに重ねて表示させるインジケーターであることが挙げられます。(例外もあります)

オシレーター系インジケーターは基本的に、サブチャートという別枠で表示されるものです。MACDやストキャスティクスなどが代表的ですね。

チャートパターン分析というのは、トレンドラインやヘッドアンドショルダー、ダブルボトムといったチャートの形を典型パターンに当てはめて未来の動きを考察する手法です。

仙人

諸説あるかもしれませんが、これら3種類の指標を組み合わせて未来の値動きを読むトレード手法を”テクニカル分析“といいます。

トレンド系テクニカル指標

単純移動平均線(Simple Moving Average)

一目均衡表(Ichimoku)

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)

パラボリック(Parabolic SAR)

ドテンロングorショートなど 逆張りの指標として機能する指標 です。

トレンド発生やトレンド転換をいち早く察知できるパラボリックSARは、
初心者でも使いやすい簡単に判断できるテクニカルツールです。
ただ、ダマシもあるのですぐに損切り・撤退できるようにオーダーを出しましょう。

EMA(Exponential Moving Average)

ピボット・ポイント(Pivot Point)

ピボットポイントは海外トレーダーや機関投資家が好んで使用している、 相場の方向性を判断 し サポート/レジスタンスラインを可視化するための インジケーターです。

トレンド系指標一覧
移動平均線 ボリンジャーバンド フィボナッチ
ウィリアムズアリゲーター ドンチャンチャネル 一目均衡表/一目雲
エリオット波動 パラボリックSAR ケルトナーチャネル
EMA WMA FX最強のインジケーターランキング ギャン理論・ツール
エンベロープ GMMA(複合型移動平均線) ピボットポイント
リスクリワード・レシオ

オシレーター系テクニカル指標

RSI(相対力指数)

ストキャスティクス(Stochastics)

ストキャスティクスは FX最強のインジケーターランキング レンジ相場でのオシレーター的な指標としても優秀ですが、ゴールデンクロス・デッドクロス・ダイバージェンスなど、多様な売買シグナルを発してくれる便利な指標 なので是非抑えておきましょう。

DMI・ADX(方向性指数)

+DI (買い手) が-DI (売り手)を下から上に抜けゴールデンクロスになった場合、買いシグナルが発生。
-DI (売り手) が+DI (買い手)を下から上に抜けデッドクロスになった場合、売りシグナルが発生。
ADX線が40の値を超える場合、上昇トレンドまたは下降トレンドが強い。

MACD(マックディー)

CCI(商品チャネル指数 Comodity Channel Index)

オシレーター系の指標でありながら、これ単独で使用しても十分にトレード確度を高めることができる優秀な指標です。
ビットコインのCCIは私が見た感じではオシレーター系指標の中でもかなり有効に機能 しています。

モメンタム(Momentum)

アルティメット・オシレーター(Ultimate Oscillator)

ウィリアムズ%R(William’s %R)

オシレーター系指標一覧
MACD ストキャスティクス ADX(DMI)
移動平均乖離率 RSI RCI
チョピネスインデックス モメンタム 究極オシレーター
ウィリアム%R CCI フォースインデックス
OBV RVI サイコロジカルライン
ROC AD ASI
ATR

チャートパターン

三角持ち合い

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  • アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  • ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムは、三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)と同じ トレンド転換を表す代表的なチャートパターン の一つです。

また、 「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断する為のオシレーター系の指標を併用する と相性がいいので使いやすくなると思います。

ヘッドアンドショルダー(三尊)

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)は数あるテクニカル指標の中でも、 簡単に判別できる分かりやすさからか、最も強力な指標でそのパターン通りに動くことが多い です。

フィボナッチ比率

ピッチフォーク

ワイコフチャート

  • Accumulation:累積
  • FX最強のインジケーターランキング
  • Mark Up:利幅
  • Distribution:分布
  • Mark Down:値下げ

エリオット波動理論

ギャン理論

チャートパターン一覧
ヘッド&ショルダー(三尊) 上昇/下降ウェッジ ハーモニックパターン
プライスアクション アセトラ/ディセトラ カップ&ハンドル
ピッチフォーク・ファン ウォルフ波動 ダブルボトム/トップ
上昇/下降フラッグ・ペナント Cフォーク ワイコフチャート
酒田五法 ダイヤモンドフォーメーション アイランドリバーサル

テクニカル指標オススメの組み合わせ

テクニカル指標オススメの組み合わせをご紹介します。
組み合わせる上での基本的な考え方としては、 トレンド系指標×オシレーター系指標という組み合わせが相性がいい ということです。

一目均衡表(一目雲) × RSI

ボリンジャーバンド × RSI・ストキャス

ボリンジャーバンド × MACD

為替FXツールではデフォルトでボリンジャーバンド FX最強のインジケーターランキング とMACD を併用するインジがあるほどメジャーな組み合わせです。

三尊 × フィボナッチリトレースメント

エリオット波動 × フィボナッチリトレースメント

エリオット波動 の推進5波・調整3波のリズムはフィボナッチ比率 の値動きで推移する可能性が非常に高いです。
自然の法則を味方につける最強コンビです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる