攻略方法を紹介

本質的価値の定義

本質的価値の定義
歴史は同じようには繰り返さないが、韻を踏む。(The past does not repeat itself, but it rhymes.)

「あなたにとって仕事とは」面接で聞かれたときの答え方<掘り下げ方と回答例も紹介>

企業は、学生が「仕事に対してどんな価値観を持っているのか」を知りたいと考えています。その人が大事にしている価値観は、社会人となったとき、仕事に対してどんな問題意識やプロ意識を持って取り組むのかに大きく関係するものといえます。例えば同じ営業職でも、人との信頼関係を大事にしている場合、「信念として、顧客に必要のない商品は売らない」というケースもありますし、組織に貢献することを大事にしている場合、「顧客にさまざまな提案をし、売り上げアップを目指す」というケースもあるでしょう。「仕事に対する価値観」は、その人の仕事に対する取り組み方や姿勢、意欲など、本質的な部分につながるものといえるのです。

学生と企業、双方の価値観がマッチしているかを見ている

企業には、それぞれ大事にしている価値観があります。「信頼を守ること」「挑戦を重ねていくこと」などを企業理念として掲げているケースもあり、それは事業内容や社員に求める姿勢にもつながっているものです。そのため、企業と学生、双方の本質的な価値観がマッチしているかどうかは、採用における重要なポイントとなるのです。「長所・強み」などを回答する際には、いくつもある中から「その企業で活躍する際に求められていること」をクローズアップすることができます。しかし、「あなたにとって仕事とは」という質問への回答は、「自分が働く上で最も大事にしたいこと」であり、入社後、仕事に向き合っていくための本質的な基軸となるものです。ここがマッチしていない場合には、「うちの会社には合わない」と判断される可能性もありますが、学生にとっても、「本質的な価値観がマッチしているかどうか」は非常に重要です。その企業を志望するかどうかの判断ポイントとすることも大事でしょう。

「あなたにとって仕事とは」を考える際のポイント

自分にとって「Must(必須のもの)」となるものを考える

人にはさまざまな価値観があるものなので、「何のために働くのか」を聞かれた際、一つだけには絞れないものです。しかし、自己分析を進めた結果、「働く上で、これだけは絶対に譲れない」というものが必ずあるはずなのです。「仕事において、何を一番大事にするのか」を考えてみれば、「あなたにとって仕事とは」の軸となる価値観を明確にすることができるはずです。

仕事に対し、「Want(欲しいもの)」と「Must(必須のもの)」をごっちゃにして考えてしまうケースがよくあります。「できれば高い収入を得たい」「なるべくワークライフバランスを大事にしたい」「好きなことにかかわる仕事ができれば」など、希望レベルのものは「Want」に当てはまるでしょう。一方、自分にとって「これがないと無理」というものが「Must」です。「信頼できる仲間がいないと無理」「自分のやりたいことを目指せる道筋がない企業は無理」など、それぞれの価値観によって、その答えとなるものは変わってくるでしょう。しかし、「Must」となるものは、「それがなくなったら、仕事そのものがやりたくなくなる」ことであり、この価値観は、入社後、働き続けていくためにも非常に重要なものとなるのです。まずは、「Want」となるものをどんどん書き出し、そこから「なくても大丈夫」と思えるものを消していきましょう。最後に残った一つが、「仕事において最も大事にしたい価値観」となるでしょう。

OB・OG訪問で「仕事の本質」を掘り下げる

また、OB・OG訪問の際は、「何に喜びを感じているのか」「どんなやりがいがあるのか」「信念として大事にしていることは何か」「どんな大変さや難しさがあるのか」などをどんどん聞くことがポイントです。リアルな経験談を通じて、仕事の本質を知ることができますし、共感できる部分とできない部分が必ずあるものなので、「自分が仕事に対して望むこと、望まないこと」が見えてくるでしょう。そこから、「なぜそれをやりたいと思ったのか」「なぜ意義を感じたのか」「そこで自分はどうありたいのか」を掘り下げていけば、自分なりの仕事への価値観を見つけることができます。そこから「Must(必須のもの)」となる価値観を探していきましょう。

「あなたにとって仕事とは」という質問への答え方のポイント

最初に結論を述べてから、その価値観の育まれた背景を伝える

質問に答える際には、「自分はこういうことを大事にしている」という結論を簡潔に述べましょう。そこから、その価値観が育まれた背景を伝えていくことが大事です。一場面を語るエピソードではなく、「こんな環境の中でその価値観が芽生え、こんな経験をして、それが自分にとって不動のものとなった」という、これまでの背景を語ることがポイントになります。人生の中で一貫性を持って大事にしてきた価値観は、単発のエピソードより、大きな説得力を持つものだと考えましょう。

その企業の価値観と「本質的にマッチしている」ことを伝える

仕事に対する価値観を伝える際には、「企業の価値観の本質的な部分とマッチしていること」が伝わるような内容を目指すといいでしょう。「仲間を大事にしてきたため、仕事でも人を大事にしていきたいと思う」という価値観を例に考えてみましょう。「OB・OG訪問で、先輩社員が学生に向き合ってくれる姿を見て、御社なら人を大事にしていくことができると感じた」と回答した場合、「社員の対応には個人差があるもの。企業としての本質を理解できていない」と受け取られかねません。多くの社員が向き合ってくれると感じたなら、「なぜそのような企業風土になったのか」まで調べてみることが大事です。企業分析をしっかり行い、「一人ひとりの顧客に向き合うことを大切にし、ここまで信頼を積み重ねてきた」など、その企業の風土や文化が培われた背景・理念などを理解することがポイントになるでしょう。企業のWebサイトをチェックし、採用ページに掲載されている言葉をそのまま使うのではなく、なぜその言葉を使っているのかという背景まで知ることで、企業が本質的に大事にしていることを理解することができるでしょう。

どんな株式投資のスタイルがあるの?テクニカルとファンダメンタルズを解説!

投資スタイル

移動平均線

画像はイメージです

青い線はより長い期間の平均であるため、赤い線と比べてなだらかになっていますね。

その通りで、移動平均線とは一定期間の株価推移の平均値を線にしてつなぎ合わせた株価指標です。

逆に、長期で平均をとると、大局的な相場の流れが見えることになります。

テクニカル指標はどこで確認できるの?

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

ファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズとは国や企業の経済状態を表す指標であり、「経済の基礎的条件」と訳されます。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支、雇用統計などがファンダメンタルズに当たり、企業の場合は売上高や利益といった業績、資産や負債などの財務状況が挙げられます。

ファンダメンタルズ指標にはどんなものがあるの?

ファンダメンタルズ分析とは、企業の価値を推定して、いまその本質的価値に対して株価が割安なのか割高なのか判断するために行うものです。

割安なら今買っておいた方が良い一方で、売却に適したタイミングとは言えません。

逆に割高なら、今買うのは見送るか、株を持っているなら売却のタイミングであると言えます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズはどこで確認できるの?

ただ、最初から決算短信に載っている損益計算書や貸借対照表を見ようとするとかなり難解かもしれません。
そこで個人投資家向け企業レポートで「ブリッジレポート」などを見ると、とても分かりやすい形で確認できます。

ファンダメンタルズ分析をしていきたいあなたは、まずは決算情報を読み解く力をつけていきましょう!

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どっちがおすすめ?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

しかし、一般的にはテクニカルは短期的な株価の動きを予想するために使い、価格差(値ざや)を利用して収益を出そうとする売買で用いられます。

ファンダメンタルズは、中長期投資での企業価値や成長性を計るために使われます。

歴史は同じようには繰り返さないが、韻を踏む。(The past does not repeat itself, but it rhymes.)

と言ったように、「過去がこうだったから、次もこうなる」という断定は不可能であり、チャートだけでは長期で勝ち続けることが難しいという考えを持つ人も多数います。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

保険と投資 アイキャッチ

【いまさら聞けない】保険とは?保険と投資の違いを徹底解説!

米国大統領選挙と株価

【2020年アメリカ大統領選挙】選挙結果が株価に与える影響は?

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Podcast更新情報

マイメイト(アイキャッチ)

GMOコイン口コミアイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

ラグビーから考えるスポーツの本質的な価値とは~Criacao Athlete College vol.21~

森田さん「『ドラゴンクエスト3』という有名なゲームがありますが、私の知っている人で、ゲームのオープニングからエンディングまでを3時間以内で終わらせる人がいます。調べてみると、クリアにかかる平均タイムは約30時間、早い人で約20時間だそうですから、3時間以内でのクリアがいかにすごいことか分かります。一方で、短い時間でクリアすることを目指すのではなく、最強のキャラクターを作ったり、レアなアイテムを集めるなどの、所謂「やり込み」に情熱を燃やす人もいるようです。私はゲームについて全く詳しいわけでも、得意というわけでもありませんが(笑)恐らく前者は必要以上のレベル上げなどはせず、クリアに必要ないイベントもスルーし、最短距離でラスボスに向かっていくはずです。逆に後者は、レベルを上げてキャラクターを変化させ、アイテムを探して各ステージの隅から隅まで歩き回っているかもしれません。何を言いたいのかというと、同じゲームの「クリア」という事を見てみても、 目指すゴールが違うと、その過程における取り組み方は全く違ってくる ということです。チームの目標達成にあたっては、そこにズレが出てくることを避けたいので、そのために、VISION「どんな事を達成したいのか」、ストーリー「どのようなプロセス、階段を昇って達成するのか」、基準「プロセスにおける取り組みの基準」を共有することが重要だと思っています。」

組織の発展や進化について、生物の進化論を通して考えていきたいと思います。

生物の進化論には、ラマルクの「獲得形質の遺伝」とダーウィンの進化論「自然選択説」という代表的な説があるようです。

ラマルク「個体が努力によって後天的に獲得した形質や能力が、遺伝子を通じて子孫に継がれ、進化していった。」

ダーウィン「同じ生物種による生存競争が起きる中で、その時々の自然環境において、元々の個体差(突然変異なども含めて)により先天的に有利な性質を持った個体の子孫が残っていく事により、環境に適応した進化が起こっていった。」

森田さん「現時点では、生物の進化論においてはダーウィンの説が定説とされているようです。ただ、組織がより良いものへと進化していく過程の考え方について、私はラマルクの考え方を大事にしたいと思っています。もちろん一人一人の個の集団が組織となる訳ですから、組織の文化を大きく変化させる為に「目指す組織文化に対する適切な性質を持つ人材」を注入していき、その中で目指す環境に適さない者が淘汰され、組織が変化していく。という考え方も、もちろん有りだとは思います。しかし、私はラマルクの考え方が好きなのです。

私が大学4年生の時、同級生と一緒に数ヶ月間話し合い『応援されるクラブとなり、三連覇を達成する。そして、10年後も20年後も魅力あるクラブであり続ける為の文化を残したい』という想いを共有して、練習や、日々の生活において取り組み方を良い物にしていこうと努力しました。恐らく私たちの時には、想いを同じ解像度で共感できている人数はまだ少なかったと思います。それでも何とか良い結果を得る事が出来、その結果がそれまでの取り組みを肯定し、次の学年では、チームを良くしようという想いに共感して、それを行動に移す選手の数は明らかに多くなっていました。それが翌年、また翌年と繋がっていき、今では私たちの頃の文化の話など恥ずかしくて出来ないほどになっています。まずは 「組織を良くしたい」という高い基準を周囲に示す こと。 それを感じた後輩がその後、 「自分も」という意識で基準を高く引き上げるこれらの繰り返しで、永続的な組織の土台作りに繋がり、組織は良い物になっていくのだと思います。

コロナ禍が問い直す文化の本質的価値

本特集では、さまざまな社会領域を連携させていこうとする文化政策の大きな流れを知り、その動きを先取りしてきた現場の取組みから学ぶことを目的とする。そしてコロナ禍の現実からどんな未来を想像し、今後の社会づくりやビジネスにどう展開していくのか。アートプロデューサー、森隆一郎(合同会社渚と 代表)のディレクションの下で、「新しい文化政策」を軸に「ニューノーマル」を考えていきたい。第 1 回はニッセイ基礎研究所研究理事の吉本光宏が語ってくれた。

法律がアートの現場に追いついてきた

―― 改正された文化芸術基本法の基本的な特徴などを教えてください。

文化の幅広い価値にいち早く着目していたアートシーン

その背景も多様です。例えば、まちづくりでは、 1995 年にチャールズ・ランドリーらが提唱した「創造都市」という概念があります。これは文化芸術のクリエイティビティで地域を活性化しようというものです。 2000 年ごろには日本でも紹介されて、横浜市が 2004 年に創造都市の政策を立ち上げるなど、日本でも大きなムーブメントとなりました。芸術を活かした都市政策や地域の活性化が、その頃からずっと広がっていたというのが背景の一つですね。

もう一つ、日本の特徴として、いわゆる「アートプロジェクト」があります。美術館や劇場で作品を見るのではなく、 90 本質的価値の定義 年頃からアートを通して地域の課題と向き合いながらプロジェクトを立ち上げていく動きが起きてきた。 2000 年の大地の芸術祭以後、トリエンナーレやビエンナーレが数多く出てきて、その大部分が地域再生を目的に含めています。

教育や福祉の分野では、 1990 年代後半からアーティストが学校や高齢者施設などでワークショップを行うことが活発になってきました。森隆一郎さんがいらしたいわきアリオスも熱心に取り組んでいます。ほかにも、 1998 年に『特定非営利活動促進法( NPO 法)』が施行され、アートを活用しながら都市再生や教育、福祉など社会的な課題にチャレンジしていこうというアート NPO が登場してきました。

このように、 2017 年の改正に当たる部分は、すでに世の中の動きとしては 1990 年代半ばくらいからずっとあったんですね。最初の法律ができた 2001 年にはそこは入っていない。その後、今回の改正なので、法律が時代のさまざまなアートの現場の状況に追いついてきたことになります。

―― 実際に改正後の動きに変化はあったのでしょうか?

改正後、 2018 年 3 月に第 1 期の『文化芸術推進基本計画』が閣議決定され、文化芸術の本質的な価値に加えて、社会的、経済的な価値を視野に入れて文化政策を推進することになったことが、大きく変わった点です。

『文化芸術推進基本計画』には、全部で六つの戦略が定められており、文化審議会では当初戦略 2 の「文化芸術に対する効果的な投資とイノベーションの実現」を戦略 1 本質的価値の定義 、つまり最も重視しようという案が示されたのですが、議論の結果、「文化芸術の創造・発展・継承と豊かな文化芸術教育の充実」が戦略 1 に位置づけられました。つまり、文化芸術の本質的な価値を生み出す戦略が最初にあって、そこから社会的、経済的な価値が生まれるというようになったという点が審議会での議論の重要なポイントでした。しかし、以前にはなかったイノベーションや社会的価値が、新しく政策領域として認識されています。

アーティストの意義は表現したいものを表現すること

アーティストの意義は表現したいものを表現すること

―― アートの現場では改正後に何か変化はありましたか?

文化の本質的な価値をないがしろにしない

―― アートの現場で成功している事例などはあるのでしょうか?

コロナ禍で文化でしかできないことを改めて問い直す

アートは人々に気付きを与えられる

―― 今後の文化政策のあり方やポストコロナの見通しについても教えてください。

まず、劇場マネージメントでいうと、アウトリーチに熱心なところとして先のいわきアリオスのほかに、長野の上田市にサントミューゼという劇場と美術館が複合になった施設があります。かつては劇場は公演がメインでそのサブにアウトリーチがあったのですが、ここは逆でアウトリーチが先にあり、市内の小学校の 5 年生全員にアウトリーチをやった後にホールでリサイタルをして、そこに来てもらうといった取り組みが特徴的です。

社会復帰を促すヨコハマ・パラトリエンナーレ

最近の特徴的な事例としては、ヨコハマ・パラトリエンナーレですね。 2020 年はコロナ禍のためオンライン開催でした。ヨコハマ・パラトリエンナーレは障がいのある人も関わっていますが、決して障がい者アートを推進しようというものではないんですよ。

エリアソンの作品に見る、アーティストならではの問題提起

もう一つ、注目しているアーティストにオラファー・エリアソンがいます。彼は 2012 年ロンドン五輪の時に『 Little Sun 』という太陽電池でランプがつく作品を発表、それを全世界の電力供給を受けていない 16 億人に届けるというプロジェクトを立ち上げました。そこには、環境問題や南北の経済格差、さらにはオリンピックのはらむ矛盾なども内包されていると思うんですね。

彼が最近特に注目しているのは気候変動です。地質学者のミニック・ロージングと協力して実現させた『 Ice Watch London 』は、北極海に浮かぶ氷山を切り出してきて、何億年か前にできた氷をテート・モダンの外に置いて氷が溶けていく様子を見たり、音を聞いたりするというプロジェクト。私たちは普段気候変動の実態に気付かないですよね。それをアーティストならではの目線、表現によって問題提起をしている。彼の作品によって私たちは気候変動の深刻さが突きつけられたと思うんですね。

コロナ禍にこそアートの価値が問われる

コロナ禍にこそアートの価値が問われる

―― 新型コロナウイルス感染症は文化政策とどう関わるでしょうか?

コロナ禍に関しては、アーティストのいわゆるセーフティーネット的な支援をいろいろなところがやりましたよね。日本も遅ればせながら文化庁が 500 億円くらい予算をつけて、個人のアーティストへの支援を行ったり、文化施設を再開するための支援をしたりしています。

コロナ禍にインスパイアされた作品制作

文化芸術がダメージを受けた社会で担う役割とは

ワールドシティカルチャーフォーラムという国際ネットワークがあります。これからの都市政策にとって文化の重要性とか、文化の役割は何かということを国際的に共有、議論しようという都市間のプラットフォームで、東京をはじめ世界中の約 40の 都市が参加しています。

新型コロナウイルス感染症で参加都市が集まる国際会議ができなくなったので、2020年 3 月末からオンラインで定期的に議論が行われてきた結果、将来に向けて二つの大きな方向がアジェンダになっています。一つは途絶えてしまった文化芸術活動をどうやって再開するか、もう一つは文化芸術がパンデミックでダメージを受けた都市や社会を回復するのにはどういう役割を担うことができるか。

文化をパラダイムシフトしてみる

文化をパラダイムシフトしてみる

この図 1 本質的価値の定義 は、芸術文化の社会的インパクトが拡張していることを示すために 2000 年初頭くらいに作成したものです。

中心の芸術文化への投資は芸術文化そのものからは回収できない。しかし、中心への投資は周辺領域ですごく大きなリターンになって帰ってくる。文化政策で予算として 100 本質的価値の定義 使っても文化の領域で帰ってくるのは 30 かもしれない。でも、そのことで子どもたちの想像力や創造性が育成されるとか、スティーブ・ジョブズみたいな人が出てきて今までにない産業が生まれたとすると、とんでもない経済的価値が生まれる。

文化政策

図2(©️ 吉本光宏)

道具としての文化を逆手に取る

もう一つ、これも最近考えていることですが、道具主義的文化政策というのがあります(上記、図 2 を参照)。創造都市やトリエンナーレなどもそうですが、地域の活性化のために芸術やアーティストを使う。アーティストや芸術が道具にされることで、アートの本質的な価値が損なわれるという議論があるんですね。経済的効果とか地域創生などの政策的な要求が、芸術文化を道具化してしまう、と見られている。ですが、僕はそれを逆に考えるべきだと思うんですよ。政策的な要請を逆にアートの側が道具として使う、という具合に。

【基礎から分かる】バリュエーション(企業価値評価)とは?種類と算定手法/方法

企業価値を測る意義

企業価値を測ること(バリュエーション)は M&A や投資の際に非常に重要なプロセスです。 M&A の際に価格交渉をする目安や、投資を実施するかどうかの判断基準で使われます。売り手側にとっては、オファー価格の検討および投資価値判断、買い手側にとっては株式譲渡タイミングの検討および譲渡先の選定など M&A では企業価値評価によって出された企業価値が大きく買収価格に反映されるため、その企業の本質的な価値を正確かつロジカルに評価することが肝要です。しかし、企業価値は株価のように変動しやすく、将来性を加味すると企業価値は断定的ではなくなってしまいます。また、企業価値評価の方法によっても結果が変わるため、評価対象に対して適切な評価方法を選択することがキーとなります。

事業承継ニーズが増える一方で、自社内での M&A (売り手・買い手ともに)戦略を展開するには、専門家の参画が必須ですが、自社内でも主体的に取り組まなければ、真の成功は望めません。専門家・アドバイザーからもたらされるインプット・アウトプットを有効活用する上で、ポイントを把握、理解するために、基礎的な事項を押さえておきましょう。

バリュエーション(企業価値評価)方法

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ

【コストアプローチ】

デメリット

企業の将来性を加味した評価では無いことがデメリットとなります。企業の将来性(事業計画値、成長戦略)も含めたバリュエーションが必要な M&A の場合には不十分となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる