オプション取引方法

株式逆指値注文

株式逆指値注文

FAQs/セキュリティーについて

ここで入力する電話番号は、国際電話をかける形式で入力します。 例 +1-555-204-5151 もしくは 00 44 7555 123 456.

引き出しの制約が、BullionVault口座内の資金や資本を守る仕組みについて

これは、おそらく銀行も提供することができない最も高いレベルのセキュリティーと考えます。それは、銀行は顧客のために多くの支払いを行わなければならないため、このような制限を設けることはできないためです。それに対し、BullionVaultは、セキュリティーを高めるために、顧客が当初入金を行った口座以外への支払いを制限することができるのです。

第三者によって証明されているBullionVaultディリーリポートについて

日々BullionVaultは、顧客所有の地金リストをオンライン上で公表しています。

このBullionVaultのディリーレポートの詳細は、年に一度、外部監査会社Armstrong Watsonによって監査されていますので、100%信頼いただけるものと考えます。 この監査会社は、弊社内部手続きを精査し、計算方式を確認し、顧客の地金を保管している地金保管会社及び顧客口座のあるを銀行をチェックします。そして、弊社の監査報告書をこの会社のウェブサイトに公表します。この報告書を読んでいただくと、独立した会社が英国法に法って作成されてことが分ります。

BullionVaultは、このように独立した企業により発行される報告書と照らしあわされた顧客口座詳細を日々オンラインで公表している世界で唯一の地金取引会社です。 また、その監査会社のウェブサイトで監査報告書を公表している唯一の会社でもあります。このような会社方針を持つ会社は世界でも数少ないと考えます。

BullionVaultにおける「地金の完全な所有権」について

寄託(bailment)について

英国法においては、"寄託(bailment)"は、現物の所有物が、所有者(bailor)から他の者(bailee)へ渡された後に決まった日程で所有者へ返却される、もしくは所有者(bailor)の指示に従い預託された場合に発生します。寄託(bailment)の本質は、保管者(bailee)この現物所有物を保管しますが、この所有権はあくまでも所有者(bailor-BullionVaultにおける顧客)に留まるというものです。

寄託(bailment)は、現代の投資社会においては一般的ではないために、ご存じなかったかもしれません。 しかしながら、法律上は寄託(bailment)は、実際に所有できる現物商品に関してのみ適応されます。そのため、寄託(bailment)は、証券証書、信託証書、銀行口座のような消費預託口座、先物もしくは簿記上の記載事項などには適応されません。 このような紙面上での所有に関しては、基本的な所有権の概念は認められていません。それは、所有物の実質の価値は紙面上では実証できないためです。

企業破綻時の寄託(bailment)の取り扱いについて

企業が破綻した場合、会社の資産を清算し、債権者に公平にその資産を配分するために精算人が選任されます。 精算人は、破綻会社の貸借対照表に計上されている全ての資産(消費預託の金を含む)を差し押さえます。 しかしながら、法的には、寄託(bailments)を破綻会社の所有物として取り扱い、債権者に分配することはできません。

  • 寄託を証明する書類として、第一に寄託されている品物の所有者を明確に表示したもの。これは、BullionVaultの利用規約で明確に顧客のものであることが述べられています。 この事実は、BullionVaultと貴金属専門保管会社の契約間においても明確に示されています。
  • 第二に、会社の貸借対照表です。 これは、年に一度イギリス企業設立関係局(Companies House)に、会社資産を示す公的書類として届出されます。 債権者はこの書類に計上されている資産があることで、会社の破綻時にも債権を回収することができるものと理解します。しかしながら、顧客所有の地金はGalmarleyの資産として計上されていないため、これらはGalmarleyの所有物ではないことは明らかです。どのような債権者も資産として計上されていない地金を要求することはできません。
  • 第三の点は、保管サービスに対する支払いです。 これは、BullionVaultの保管している地金が顧客の所有物であることを明白にします。これは、契約の形態の証拠となります。例えば、顧客は所有物の保管料として支払いを行っているのであり、所有権の移譲を収益目的で行っているわけではないということです。 保管料は通貨の残高から引き落とされます。毎月の口座詳細に表示されます。

BullionVaultで保管されている資金の安全性について

銀行口座におけるどのような資金も、寄託法の保護を受けません。 そのため、顧客資金は先とは異なる方法で、(i)BullionVaultの破綻、(ii)銀行の破綻に備えて、守られる必要があります。

顧客から送られた資金は、米国民でなくても、ウェルズ・ファーゴが破綻した際に、25万ドルを上限として保証を受けられる可能性があります。このような場合は、ウェルズ・ファーゴが加入している預金保険制度、FDIC(Federal Deposit Insurance 株式逆指値注文 Corporation)に基づいて支払われます。

資金と地金-その違いについて

しかし、BullionVaultの地金は顧客の所有物です。そのため、銀行、貴金属専門保管会社、BullionVaultの破綻によるリスクが介在しません。 これらの会社全てが破綻したとしても、所有する地金は顧客のものであることに変わりなく、精算人によって全て返却されるものです。 これが、BullionVaultにおいて直接地金現物を所有する本質であるのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる