よくあるご質問

反転の見込み

反転の見込み
ルネサス、甲府工場に900億円規模の設備投資。パワー半導体の生産強化

車両ホーン 電気ホーン 車用 反転警報ホーン スピーカー ブザー バックアップビープ 音警告アラーム 12-80V 105 DB 汎用 反転の見込み 自動

車両ホーン 電気ホーン 車用 反転警報ホーン スピーカー ブザー バックアップビープ 音警告アラーム 12-80V 105 DB 汎用 自動

【商品名】
車両ホーン 電気ホーン 車用 反転警報ホーン スピーカー ブザー バックアップビープ 音警告アラーム 12-80V 105 DB 汎用 自動

【サイズ】
高さ : 反転の見込み 5.20 cm
横幅 : 8.20 cm
奥行 : 10.90 cm
重量 : 300.0 g
※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。

車両ホーン 電気ホーン 車用 反転警報ホーン スピーカー ブザー バックアップビープ 音警告アラーム 12-80V 105 DB 汎用 自動

2022年 5月16日(月) 掲載 出版物とサービス

GSJ 地質ニュース Vol.11 No.5

GSJ 地質ニュース vol.11 反転の見込み / No.5 を発行(掲載)しました。

2022年 5月13日 (金) 掲載 [ 5月12日 発表] プレスリリース

十和田火山の巨大噴火を引き起こしたマグマの蓄積深度が明らかに

(活断層・火山研究部門 中谷 貴之 研究員、地質情報研究部門 工藤 崇 研究グループ長、活断層・火山研究部門 鈴木 敏弘 テクニカルスタッフの研究成果です。)

2022年 反転の見込み 5月 2日(月)- 27日(金) 開催 [ 5月 9日掲載] イベント

5月10日「地質の日」経済産業省特別企画
見えない地下を視る!-3次元で解き明かす都心の地下地質-

2022年 4月27日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

多摩川低地の地下に分布する「軟弱層」を可視化

-過去の地盤沈下・地震被害と地下構造との関係が明らかに-
(地質情報研究部門 田邉 晋 主任研究員、企画本部 中島 礼 総括企画主幹らが行った研究の成果です。)

2022年 4月25日 (月) 掲載

【採用情報】大きいサイズ レディース トップス カットソー 半袖 USAコットン 綿100% 前後切替 Tシャツ ヘビーウェイト 夏服 30代 40代 50代 ファッション MAが開始されました。
研究職員募集(産総研Webサイト)をご覧ください。【募集終了】

2022年 4月22日 (金) 発表・掲載 プレスリリース

世界初、火山噴火推移予測のための火山灰データベースを公開

-噴火メカニズムの把握の効率化に貢献-
(活断層・火山研究部門 下司信夫 研究グループ長、松本恵子 研究員らが行った研究の成果です。)

2022年 5月30日(月)- 6月 3日(金) 開催 [ 4月19日掲載] イベント

2022年度 第1回 追加 地質調査研修(未経験者向け)

2022年 4月14日(反転の見込み 木) 掲載 [ 4月 8日発表]

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において科学技術賞(理解増進部門)を受賞

2022年 5月16日(反転の見込み 月)- 20日(金) 開催 [ 4月 5日掲載] イベント

2022年度 第1回 地質調査研修(未経験者向け)

-地質調査総合センターが主体となって行う企画です-
研修場所:茨城県つくば市(産総研)、茨城県ひたちなか市、福島県双葉郡広野町・いわき市周辺
【募集終了】

2022年 4月 4日 (月) 発表・掲載 主な研究成果

プロスポーツを対象とした選手・スタッフに対する新型コロナウイルスの検査戦略
-感染症数理モデルを用いた効果的な検査のあり方に関する評価-

(地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの研究成果です。)

2022年 3月29日 (火) 掲載 [ 3月28日発表] 主な研究成果

サッカー FIFA ワールドカップカタール 2022
-アジア最終予選における感染予防のための調査-

(地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長、高田モモ 研究員らの研究成果です。)

2022年 3月25日 (金) 掲載 出版物とサービス

地質調査研究報告 反転の見込み Vol.73 No.1(2022)

地質調査研究報告 Vol.73 No.1(2022)を発行(掲載)しました。

2022年 3月24日 (木) 掲載 [ 3月22日発表] 主な研究成果

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
-準決勝および決勝における感染予防のための調査-

(地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長、高田モモ 研究員らの研究成果です。)

2022年 5月 2日(月)- 27日(金) 開催 [ 5月 9日掲載] イベント

5月10日「地質の日」経済産業省特別企画
見えない地下を視る!-3次元で解き明かす都心の地下地質-

2022年 反転の見込み 5月30日(月)- 6月 3日(金) 開催 [ 4月19日掲載] 反転の見込み イベント

2022年度 第1回 追加 地質調査研修(未経験者向け)

2022年 5月16日(月)- 20日(金) 開催 [ 4月 5日掲載] イベント

2022年度 第1回 地質調査研修(未経験者向け)

2022年 3月15日 (火) - 4月24日 (日) 終了 [ 3月 1日掲載] イベント

地質標本館 特別展「GSJのピカイチ研究-2021年のプレスリリース等で発信した成果より-」

2022年 2月25日 (金) 終了 [12月24日掲載] イベント

第36回 地質調査総合センターシンポジウム

2022年 2月19日 (土)-20 (日) 終了 [ 2月 4日掲載] イベント

地質情報展 2022 あいち 発見!あいちの大地

2022年 2月10日 (木) 反転の見込み 終了 [12月22日掲載] イベント

第35回 地質調査総合センターシンポジウム 地圏資源環境研究部門 研究成果報告会

2021年 8月 3日 (火) -12月26日 (日) 終了 [10月25日更新] イベント

地質標本館 特別展
「南極の過去と現在、そして未来-研究最前線からのレポート-」

2021年10月 5日 (火) -12月 5日 (日) 終了 [10月 1日掲載] イベント

ハンマーキャスター 935ER-FR1002.9

2021年11月22日 (月) 反転の見込み 終了 [10月18日掲載] イベント

2021年 地質地盤情報分科会 令和3年度講演会

2021年11月12日 (金) 終了 [ 9月27日掲載] イベント

第34回 地質調査総合センターシンポジウム
防災・減災に向けた産総研の地震・津波・火山研究

2022年 5月13日 (金) 掲載 [ 5月12日 発表] プレスリリース

十和田火山の巨大噴火を引き起こしたマグマの蓄積深度が明らかに

(活断層・火山研究部門 中谷 貴之 研究員、地質情報研究部門 工藤 崇 研究グループ長、活断層・火山研究部門 鈴木 敏弘 テクニカルスタッフの研究成果です。)

2022年 4月27日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

多摩川低地の地下に分布する「軟弱層」を可視化

-過去の地盤沈下・地震被害と地下構造との関係が明らかに-
(地質情報研究部門 田邉 晋 主任研究員、企画本部 中島 礼 総括企画主幹らが行った研究の成果です。)

2022年 4月22日 (金) 発表・掲載 反転の見込み プレスリリース

世界初、火山噴火推移予測のための火山灰データベースを公開

-噴火メカニズムの把握の効率化に貢献-
(活断層・火山研究部門 下司信夫 研究グループ長、松本恵子 研究員らが行った研究の成果です。)

2022年 2月 2日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

南海トラフの深海底堆積物で生きるメタン生成微生物の特徴を解明

-メタンハイドレート成因解明の手掛かりに-
(地圏資源環境研究部門 片山泰樹 主任研究員らが行った研究の成果です。)

2022年 1月25日 (火) 発表・掲載 反転の見込み プレスリリース

日本で発生した巨大噴火の影響範囲を明らかに

-シリーズとして「大規模火砕流分布図」を作成 -
(活断層・火山研究部門 下司信夫 研究グループ長、宝田晋治 上級主任研究員らが行った研究の成果です。)

2022年 1月20日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

地質が支える豊田地域の自動車産業

-河岸段丘を活用した産業地帯の地質図幅刊行-
(地質情報研究部門 中島 礼 研究グループ長らが行った研究の成果です。)

2021年12月 6日 (月) 掲載 [12月 3日発表] プレスリリース

超深海の変質したマントル岩石の内部で炭素を含む海水が循環していることを明らかに

(地質情報研究部門 針金由美子 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

2021年11月 5日 (金) 発表・掲載 プレスリリース

地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇活動の縮小

-地震観測以外の新しい活用-
(活断層・火山研究部門 二宮 啓 研究員らの研究成果です。)

2021年 9月 3日 (金) 発表・掲載 プレスリリース

千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見

-約1000年前に発生した房総半島沖の巨大地震によって九十九里浜地域が浸水-
(活断層・火山研究部門 澤井祐紀 上級主任研究員、行谷祐一 主任研究員らの研究成果です。)

2021年 6月30日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

マウス脳微小透析法の温故知新

-神経伝達物質の濃度変化を1分ごとに観測し、ベイズ統計モデリングから単一マウスの時系列データ解析が可能に-
(地質情報研究部門 井口 亮 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

2021年 5月21日 (金) 発表・掲載 プレスリリース

ついに完成!東京都心部の3次元地質地盤図

-東京23区の地下の地質構造を立体的に観察できる次世代地質図-
(地質情報研究部門 中澤 努 研究グループ長、野々垣 進 主任研究員の研究成果です。)

2021年 4月19日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

世界第一級の大断層「中央構造線」が走る”阿波池田”地域の地質

-香川・徳島県境域の5万分の1地質図幅「池田」の刊行-
(地質情報研究部門 野田 篤 研究グル ー プ長らが行った研究の成果です。)

2021年 4月19日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

人が感じないごく小さな揺れの成分解析から地熱発電に利用可能な熱水の流動を検出

-地熱発電などの深部地下開発時の新たなモニタリング技術-
(再生可能エネルギー研究センターの岡本 京祐 反転の見込み 研究員らが行った研究の成果です。)

2021年 4月12日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

海底広域研究船「かいめい」を用いた国際深海科学掘削計画(IODP)第386次研究航海の実施について

-日本海溝で起きた過去の地震の痕跡を探る-
(地質情報研究部門 池原 研 特命上席研究員らが海洋研究開発機構らと共同で行った研究の成果です。)

2022年 3月14日 (月) 掲載

20万分の1日本シームレス地質図のデータを更新

2022年 2月24日 (木) 掲載 [ 2月18日公開]

地質図のJISのテンプレート(試作版)を公開

地質図をドロー系のソフト、GISソフトで描く場合に必要な日本産業標準(JIS A0204, JIS A0205)の記号のテンプレートの要望に対応しました。

円安は一体いつまで続く?~円安終了の条件と見通し

円安は一体いつまで続く?~円安終了の条件と見通し

(写真はイメージです/PIXTA)

1. トピック: 円安は一体いつまで続く?

FOMC後のドル円の反応と背景

積極的な円買い材料は現れそうにない

また、実需面での円安材料となっている日本の貿易赤字も当面解消が見込みない。赤字の大きな原因となっている原油価格高騰が長引くと予想されるためだ。一昨年以降の原油価格の上昇は原油の輸入額を膨らませるばかりでなく、一定の時間差を伴ってLNG(液化天然ガス)の輸入価格を押し上げる 1 ことで、LNGの輸入額も膨らませてきた。

一貫性のあるフォーカスインジケーター

W3C が勧告している WCAG (Web 反転の見込み Content Accessibility Guidelines) には「Focus Visible (フォーカスの可視化)」という達成基準があります (参考 : WCAG 2.1 解説書 達成基準 2.4.7 Focus Visible / 日本語訳)。また、WCAG の次期バージョン (2.2) では「Focus Appearance (フォーカスの外観)」という達成基準が新たに追加される見込みです (参考 : WCAG 2.2 解説書 達成基準 2.4.11 Focus Appearance (Minimum) および 達成基準 2.4.12 Focus Appearance (反転の見込み Enhanced))。つまり、ユーザーがフォーカス位置を視認する行為をデザインによって阻害しないこと (少なくとも、たとえば CSS で a:focus のような、ブラウザ標準のフォーカスリングを無効化する実装をしないこと)、さらにはもう少し踏み込んで、フォーカス位置を示すインジケーターを視覚的に識別しやすくデザインすること (十分なカラーコントラストや面積を確保すること) が、ウェブアクセシビリティの要件としては求められます。

私自身は、上記の WCAG 達成基準に加えて、「一貫性のあるフォーカスインジケーターにする」ことも併せて考慮に入れたいと考えています。フォーカスの対象となるオブジェクトには、テキストリンク、画像リンク、ボタンやアイコン、など様々なものがありますが、いずれのオブジェクトに対しても一貫して同じ外観でフォーカス状態が表現されることで、ユーザーにとって「この箇所に、今、フォーカスが当たっているのだな」ということがパターンとして認知、学習しやすくなるからです。

色を反転させる

「色を反転させる」形のフォーカスインジケーター (例1)

「色を反転させる」形のフォーカスインジケーター (例1)。
枠線のみで表現されるボタンであれば、テキストリンクと一貫性のあるフォーカスインジケーターにしやすい。

  • 非フォーカス時とフォーカス時のどちらにおいても、ボタンの塗り色とラベルの文字色との間で 4.5:1 反転の見込み 以上のコントラスト比を確保すること。(WCAG 達成基準 1.4.3「コントラスト (最低限)」)
  • 非フォーカス時とフォーカス時のどちらにおいても、ボタンの塗り色と背景色との間で 3:1 以上のコントラスト比を確保すること。(WCAG 達成基準 1.4.11「非テキストのコントラスト」)
  • 非フォーカス時とフォーカス時との間で、ボタンの塗り色のコントラスト差を 3:1 以上確保すること。(WCAG 達成基準 2.4.11「Focus Appearance (Minimum)」/ 未勧告)

「色を反転させる」形のフォーカスインジケーター (例3)

「色を反転させる」形のフォーカスインジケーター (例3)。
インタラクティブなアイコンの場合、この色反転は「アイコンにフォーカスが当たっている」ことを示しているのか?それとも「アイコンが押されてスイッチがオンになっている」ことを示しているのか?. という具合に、状態の理解に混乱が生じるかもしれない。

印を付ける

上掲の WCAG 2.2 解説書 反転の見込み 達成基準 2.4.11 Focus Appearance (Minimum) を見ると、特にボタンに対するフォーカスインジケーターの表現として、何らかの「印を付ける」実装例を見ることができます。たとえば、ボタン内のラベルに囲みを付ける、ラベルに下線を付ける、ラベルの横に帯を付ける、といった具合です。

「印を付ける」形のフォーカスインジケーターの例

「印を付ける」形のフォーカスインジケーターの例。
左から順に、ボタン内のラベルに囲みを付ける、ラベルに下線を付ける、ラベルの横に帯を付ける、というスタイリング。

このような視覚的表現は、適切なコントラスト比や面積を持っていれば、一応は WCAG の達成基準をクリアすることになるでしょう。ただ、そうした視覚的表現の意味するところがユーザー側のメンタルモデルと合致していない場合、「フォーカスが当たっている」状態であることがユーザーにうまく伝わらない恐れがあります。また、このような視覚的表現はボタン以外 (テキストリンクなど) には適用しにくいため、一貫性のあるフォーカスインジケーターをデザインする、という観点で考えた場合、採用するのは難しいように思います。

囲み線を付ける

フォーカス対象となるオブジェクトの種類 (テキストリンク、画像リンク、ボタン、アイコン、など) を問わず一貫性のある形で、かつ明快に「フォーカスが当たっている」状態であることを示すことができるという意味で、「囲み線を付ける」フォーカスインジケーターは、おそらくユーザーにとってもっとも認知、学習がしやすいのではないかと思います。

そもそも、ブラウザ標準のフォーカスリングは CSS の outline (オブジェクトの周囲の輪郭線の外観を定義するプロパティ) に対して独自のスタイリングを行っているものです。なのでこれを、より視覚的に識別しやすいものに改善するのは合理的と言えるでしょう (ただし、ブラウザ標準のフォーカスリングに対してユーザー自身が見やすいようにカスタマイズを施しているケースもあるので、 outline の値に !important は記述しないように)。

上掲の 反転の見込み WCAG 2.2 解説書 達成基準 2.4.11 Focus Appearance (Minimum) を参照すると、フォーカス時の囲み ( :focus 疑似クラスに対する outline の値) は、オブジェクトの周囲を 1 CSS ピクセル以上の太さで囲む実線で、かつ背景色とのコントラスト差が 3:反転の見込み 1 以上ある色に設定しておけばよさそうです。ただ個人的には、それだとボタン (塗り色またはボーダーの色) とフォーカス時の囲み線が隣接して識別しにくい可能性があるので、 outline-offset プロパティによってオブジェクトと囲み線の間に若干の余白を設けるのがよいかな、と思います。こうすることで、極端な話、囲み線の色をリンクやボタンと同色にしても「フォーカスが当たっている」状態であることを差し支えなく視認できるので、ダークモード対応と合わせてカラースキームをシンプルに保ちやすい、という副次的なメリットもありそうです。

「囲み線を付ける」形のフォーカスインジケーターの例。
outline プロパティで囲み線の色をリンク (ボタン) と同色に設定し、 outline-offset プロパティでオブジェクトと囲み線の間に若干の余白を設けている。 (上 : ライトモード / 下 : ダークモード)

フォーカスインジケーターのあしらいを、ビジュアルデザインの観点でかっこよく (あるいは品よく) 見せることはもちろん大事ですが、それも、フォーカスインジケーターが多様なユーザーにとって等しくアクセシブルで、十分に認知、学習しやすいという前提であればこそだと思います。この記事は必ずしも汎用的なベストプラクティスを示すものではありませんが、議論の取っ掛かりのひとつになれば幸いです。

電磁開閉器市場反転へ モータ関連需要が急回復

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

三誠 名古屋営業所を移転

不二電機工業 21年1月期減収減益 鉄道車両用ドアスイッチ堅調

モノタロウ 「顧客利便性を徹底追求」 鈴木雅哉代表取締役社長

「熱対策」への取組み進展大きなビジネスに成長 電子機器の長寿命化、エネルギーの効率活用に直結 データセンターエコに配慮した取組み進制御盤クーラーの採用増える

オータックス アルミダイキャスト カラー着色できる新素材

相原電機省スペース(薄型)トランス 「SMAシリーズ」 50~100VAまで3機種完備

省資源・省施工をキーワードに標準化・規格化を推進

CALEXテクノロジー放射温度計

IDS Imaging

工場・設備投資情報

ブロックファーム、静岡県沼津市の植物工場が完成。生産開始へ

TDK、積層セラミック生産体制を強化。岩手県北上市に新製造棟。2024年竣工

ルネサス、甲府工場に900億円規模の設備投資。パワー半導体の生産強化

業界動向(FA・自動化市況)

コラム・論説

【提言】劣化列島日本/希望と勇気⑤『出羽守(ではのかみ)』に支配されたウクライナ報道

営業力を鍛えよ アフターコロナは再び「営業力」が生きる時代が来る

儲かるメーカー改善の急所101項【急所62】工場の構造

オートメーション新聞は株式会社ものづくり.jpが発行・運営している製造業専門メディアです

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

(2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の令和3年の事業収入、不動産収入、山林収入または
給与収入(以下「事業収入等」という。)のいずれかが、令和2年に比べて10分の3以上減少することが見込まれ、
次の要件に該当する世帯
・主たる生計維持者の令和2年の所得の合計額が1,000万円以下であること。
・主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下であること。
※令和2年中と令和3年中で収入の種類が異なる場合は、対象となりません。
※減少が見込まれる事業収入等にかかる令和2年の所得額が0円またはマイナスの場合は、本減免の適用となりません。
※非自発的失業者(倒産・解雇などの理由で離職された方)にかかる軽減が適用となる方は、雇用保険の基本手当
(失業給付)により一定の保障がされるため、給与収入の減少による本減免は適用となりません。

対象保険税額について
対象保険税額=A×B/C
A:世帯の被保険者全員について算定した保険税額
B:減少が見込まれる収入に係る前年の所得額
C:主たる生計維持者および世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額
減免割合について
主たる維持者の前年の合計所得金額 減免割合(D)
300万円以下 全部
400万円以下 8/10
550万円以下 6/10
750万円以下 4/10
1,000万円以下 2/10

※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業(非自発的失業を除く)の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、
対象保険税の全部が免除となります。
※世帯に未申告の方がいる場合は、減免の判定ができないため、減免申請前に申告をお願いします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる