外国為替に関する取引戦略

リスク説明

リスク説明
信用リスクとは

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed リスク説明 only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for リスク説明 sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any リスク説明 jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is リスク説明 obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only リスク説明 リスク説明 and does not constitute an offer to リスク説明 sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance リスク説明 shall the provision of the information on this website be deemed to リスク説明 constitute an offer of securities or リスク説明 an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any リスク説明 リスク説明 U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as リスク説明 amended. Residents of the United States リスク説明 are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

リスク説明

価格変動リスク

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスクとは

為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

リスク説明

外国株式等の場合、 購入時より円高 になっていると、 円で換算した場合には 損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスク

米ドル建て株式を1株100米ドルで100株購入、購入時の為替レートが1米ドル=100円の場合は、購入時に1,000,000円を支払います。
当該株式を売却する際(1株の価格は100米ドルで変化しないと仮定)の外国為替レートが1米ドル=95円(1米ドル=100円の時よりも5円、円高になっている)になっていた場合、円での受取額は950,000円(100株 × 100米ドル × 95円)となり、円で換算した場合は購入時よりも50,000円、損をすることになります。

債券の取引に係るリスクや手数料

1.リスク説明 価格変動リスク

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

価格変動リスク

2.信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスク

3.為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 リスク説明 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスク

換金や売却が制限される場合

個人向け国債は、国(日本国政府)が発行する個人の方を対象とした債券であり、満期時の元本の返済、半年毎の利子の支払いも国が責任をもって行います。
ただし、下記のとおり 換金や売却が制限される場合があります ので、あらかじめご確認ください。

  • ・個人向け国債は、発行から1年間、原則として中途換金はできません。なお、保有者がお亡くなりになった場合、又は大規模な自然災害により被害を受けられた場合は、発行から1年以内であっても中途換金が可能です。
  • ・個人向け国債は、原則として、個人のみ保有可能であり、個人以外への譲渡は認められておりません。

日本証券業協会のホームページ(https://www.jsda.or.jp/shijyo/foreign/files/eibunkaisha.pdf)に掲載している外国の 発行者が発行する債券のうち国内で募集・売出しが行われた債券は、 金融商品取引法に基づく開示書類が英語により記載されています。

その他お取引に関する情報

  • 住所:〒330-8634 埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目333番地13
    むさし証券お客様相談室 お客さま相談担当
  • 電話番号:048-643-8360
  • 受付時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時00分(年末年始を除く平日)

金融ADR制度とは、お客さまと金融機関との紛争・トラブルについて、裁判手続き以外の方法で簡易・迅速な解決を目指す制度です。
金融商品取引業等業務に関する苦情および紛争・トラブルの解決措置として、金融商品取引法上の指定紛争解決機関である「特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)」を利用することができます。

  • 住所:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 二丁目1番1号 第二証券会館
  • 電話番号:0120-64-5005(FINMACは公的な第三者機関であり、当社の関連法人ではありません。)
  • 受付時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時00分
    ただし、祝日(振替休日を含みます)および年末年始(12月31日~1月3日)を除く。
  • 商号等 むさし証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第105号(第一種金融商品取引業・第二種金融商品取引業)
  • 本店所在地 〒330-8634 埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目333番地13
  • 加入協会 日本証券業協会・一般社団法人第二種金融商品取引業協会
  • 指定紛争解決機関 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
  • 資本金 50億円
  • 主な事業 金融商品取引業(第一種金融商品取引業・第二種金融商品取引業)
  • 設立年月 1947(昭和22)年8月27日
  • 連絡先 048-644-0634(代表)またはお取引のある支店にご連絡ください。
  • 株式のお取引に関する租税に関してはこちら ▶ 株式の租税について
株式の租税について

■個人のお客さまに対する上場株式の課税は、以下によります。
●上場株式の譲渡による利益は、原則として、上場株式等の譲渡所得等として申告分離課税の対象となります。
●上場株式の配当金は、原則として、配当所得として申告分離課税の対象となります。
●上場株式の配当、譲渡損益は、他の上場株式等(特定公社債等を含みます。)の利子、配当、および譲渡損益等との損益通算が可能です。また、確定申告により譲渡損失の繰越控除の適用を受けることができます。

個人向け国債に関する租税の概要

■お客さまに対する課税は、以下によります。
●個人向け国債の利子については、利子所得として申告分離課税の対象となります。
●個人向け国債の利子および個人向け国債を中途換金した際に発生した中途解約調整額は、上場株式等の利子、配当等および譲渡損益等との損益通算が可能です。

円貨建て債券に関する租税の概要

■外国源泉税が課されている場合は、外国源泉税を控除した後の金額に対して国内で源泉徴収されます。この場合には、確定申告により外国税額控除の適用を受けることができます。
●円貨建て債券の譲渡益および償還益は、上場株式等に係る譲渡所得等として申告分離課税の対象となります。
●円貨建て債券の利子、譲渡損益および償還損益は、上場株式等の利子、配当および譲渡損益等との損益通算が可能です。また、確定申告により譲渡損失の繰越控除の適用を受けることができます。
●割引債の償還益は、償還時に源泉徴収されることがあります。

■法人のお客さまに対する円貨建て債券の課税は、原則として以下によります。
●円貨建て債券の利子、譲渡益、償還益については、法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。なお、お客さまが一般社団法人又は一般財団法人など一定の法人の場合は、割引債の償還益は、償還時に源泉徴収が行われます。
●国外で発行される円貨建て債券(一部を除く。)の利子に現地源泉税が課税された場合には、外国源泉税を控除した後の金額に対して国内で源泉徴収され、申告により外国税額控除の適用を受けることができます。

外貨建て債券に関する租税の概要

■個人のお客さまに対する外貨建て債券(一部を除く。)の課税は、原則として以下によります。
●外貨建て債券の利子(為替損益がある場合は為替損益を含みます。)については、利子所得として申告分離課税の対象となります。外国源泉税が課されている場合は、外国源泉税を控除した後の金額に対して国内で源泉徴収されます。この場合には、確定申告により外国税額控除の適用を受けることができます。
●外貨建て債券の譲渡益および償還益(それぞれ為替損益がある場合は為替損益を含みます。)は、上場株式等に係る譲渡所得等として申告分離課税の対象となります。
●外貨建て債券の利子、譲渡損益および償還損益は、上場株式等の利子、配当および譲渡損益等との損益通算が可能です。また、確定申告により譲渡損失の繰越控除の適用を受けることができます。
●割引債の償還益は、償還時に源泉徴収されることがあります。

■法人のお客さまに対する外貨建て債券の課税は、原則として以下によります。
●外貨建て債券の利子、譲渡益、償還益(それぞれ為替損益がある場合は為替損益を含みます。)について法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。なお、お客さまが一般社団法人または一般財団法人など一定の法人の場合は、割引債の償還益は、償還時に源泉徴収が行われます。
●国外で発行される外貨建て債券(一部を除く。)の利子に現地源泉税が課税された場合には、外国源泉税を控除した後の金額に対して国内で源泉徴収され、申告により外国税額控除の適用を受けることができます。

FXのリスクとその対処法とは?初心者でもコントロール可能!

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

血圧の下が高いときのリスクとは?原因と今からできる予防策まで解説

食と健康

実は、 血圧が下だけ高いのも高血圧の一種で、放っておくと深刻な病気になる可能性がある状態 です。

ただし高血圧の治療のためには治療だけでなく 食事や運動を通じて生活習慣を改善することも重要 です。

この記事では、人間の血圧の仕組みを解説した上で、 簡単に始められる「下だけ高い高血圧」の予防・改善策 をお伝えします。

1.下だけ高くても高血圧?「下だけ高い」血圧の仕組み

そこで、 まずは血圧の仕組みを分かりやすく解説 していきますね。

血圧がどんなものなのかが分かれば、 リスク説明 「下の血圧が高い」のがどんな状態なのかも理解しやすくなる はずです。

1-1.そもそも血圧ってどんなもの?上と下って?

リスク説明
分類 上の血圧 下の血圧
正常血圧 115mmHg未満 かつ 75mmHg未満
正常高値血圧
(正常の範囲)
115~124mmHg かつ 75mmHg未満
高値血圧
(正常範囲内だが
高めの活圧)
125~134mmHg かつ/
または
75~84mmHg
Ⅰ度高血圧 135~144mmHg かつ/
または
85~89mmHg
Ⅱ度高血圧 145~159mmHg かつ/
または
90~99mmHg
Ⅲ度高血圧 160mmHg以上 かつ/
または
100mmHg以上

実は高血圧かを判断する際に用いられる血圧の基準値は、病院で測定した際と家庭で測定した際で異なっており、 本記事で紹介するのは家庭で測定した際の基準値 です。
二つの基準が定められている理由は、自宅では正常値でも病院では緊張して血圧が高くなる可能性などがあるためです。

家庭で測定した場合、 上の血圧が135mmHg以上、下の血圧が85mmHg以上 が高血圧に該当します。

ただしたとえ上の血圧が135mmHg未満でも、 下の血圧が85mmHg以上あれば高血圧 に該当します。

血圧は一定ではなく、日常生活を送るなかで常に変動しています。 興奮や緊張によって血管が狭くなったりすると、血圧が上がります。
例えば、楽しみにしていたイベントの前や、仕事でプレゼンをする際などに心臓がドキドキすることがありますよね。そういうときには私たちの血圧は上昇しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる