日本のバイナリーオプション業者

ストップリミット注文とは?

ストップリミット注文とは?
    TT OCO は、2953.25 の「買」利益注文と、2956.00 のストップ注文で発注されます。

BitMEX (ビットメックス) のストップ指値注文・ストップ成行注文を画像でやさしく解説!

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

BitMEX (ビットメックス) とは

BitMEX (ビットメックス) の注文方法・指値、ストップ指値などの解説

BitMEX (ビットメックス) の成行注文

たとえば「1BTCを購入したい」と考えていた時を想定してみましょう。ちょうど取引板には、「0.5BTCを20万円で売却したい」という注文と、「0.5BTCを21万円で売却したい」という2つの売り注文が並んでいました。2つの注文の数量を合計すると、ちょうど1BTCになります。

この時に「1BTCを購入したい」という成行注文を出すと、2つの売り注文をもとにシステムが1BTCを約定してくれます。この場合だと計算式は、「20万円 (0.5BTC) + 21万円 (0.5BTC) = 41万円 (1BTC)」で購入できたということですね。

このように、成行注文はレートを指定しなくても、取引所のシステムが自動でレートを計算してくれる便利な機能となっています。すぐに買いたいという方にはおすすめの注文方法と言えるでしょう。BitMEXでは、上記の画面の「数量」の項目に数値を入力することで発注が可能です。

BitMEX (ビットメックス) の指値注文

指値注文は名前の通り、数量だけでなく購入したいレート (価格) を指定して注文を出します。

BitMEXでは上記の注文画面の「数量」の項目に取引したい数量を入力し、「指値」のところに取引したいレートを入力します。

BitMEX (ビットメックス) のストップ指値

BitMEX (ビットメックス) のストップ成行

BitMEX (ビットメックス) の利食い指値注文

BitMEX (ビットメックス) の利食い成行注文

BitMEX (ビットメックス) のトレイリングストップ注文

BitMEX (ビットメックス) のストップ指値などのオプション機能

Post-Only

非表示・アイスバーグ注文

トリガ時に決済

注文の有効期限設定

トリガの基準価格設定

BitMEX (ビットメックス) の逆指値についてまとめ

BitMEX (ビットメックス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。

FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。 目次

リミットとストップは、指値と逆指値の違い

FXにおけるリミット・オーダー(Limit Order)は指値注文という意味で、ストップ・オーダー(Stop Order)は逆指値注文という意味です。

日本語 英語 意味
指値注文 リミット・オーダー 有利なレートでする予約注文または決済予約
逆指値注文 ストップ・オーダー 不利 なレートでする予約注文または決済予約

リミットは、利益確保(利確)

FXでは、 利益が確保できる注文をリミット・オーダー (Limit Order)といいます。

ストップとは、損切り

リミット・オーダー同様に、買い注文でも売り注文でも、それが決済であっても、それらが 損失を限定するための予約注文であったら、ストップ・オーダー (Stop Order)です。

買い注文と売り注文ごとのリミットとストップの使い方

FXのリミット・オーダーとストップ・オーダーの違いは、注文のやり方(注文のタイミング)です。

買い注文 売り注文
今より高い価格での予約注文 バイ・ストップ セル・リミット
今より低い価格での予約注文 バイ・リミット セル・ストップ

買い注文のバイ・ストップとバイ・リミット

  • 今より低い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・リミット(Buy Limit、指値注文)
  • 今より高い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・ストップ(Buy Stop、逆指値注文)

売り注文のバイ・ストップとバイ・リミット

  • 今より高い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・リミット(Sell Limit、指値注文)
  • 今より低い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・ストップ(Sell Stop、逆指値注文)

Posted by Mori Masaaki

  • Mori Masaaki 最新の記事

最新のページ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • XM(XMTrading)の仮想通貨取引を徹底解説!XMで仮想通貨を取引するメリットとデメリット!
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 – ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更

他のFAQ

トピックス

NextFX

日本初上陸! NextFX - シンプル・スマートな新時代の経済指標配信サービス!

500ドル以上の初回入金をすると、入金ボーナスが付与されます。

WeTrade FX 初回入金ボーナス

IronFX (アイアンFX)よりビットコイン入出金導入のご案内 - 手数料無料、自動反映、便利なビットコイン送金をご利用ください

IronFX (アイアンFX)よりビットコイン入出金導入のご案内 - 手数料無料、自動反映、便利なビットコイン送金をご利用ください

海外FX業者 FBS公式タイアップのキャッシュバック口座!リベート率は業界No.1!ドル円で8ドル/lotなど

FBS公式タイアップ!標準8ドル/ロットのキャッシュバック口座! - 海外FX業界トップレベルのリベート率!

HFM リターン・オン・フリーマージン(ROFM)- 高金利!最高3%!

ワールドワイドFXポータル みんなで海外FX

「みんなで海外FX」 始まります!

関連ページ

Axiory

IronFX

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。

最近のコメント

iiiiiii のコメント

kaede のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo ストップリミット注文とは? のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • ストップリミット注文とは?
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • LAND-FX 100%入金ボーナス
  • XMTrading ロイヤルティプログラム 最大20 XMP/ロット
  • XMTrading 100%+20%入金ボーナス
  • GeneTrade 75%入金ボーナス
  • exness Premier キャッシュバック 最大3ドル/ロット
  • FXGT 暗号通貨ファン向け週末宝くじ 総額24万円

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

TT OCO 注文

® , it will highlight to show the related working OCO child order:

TT OCO の動作

TT OCO の次の動作を設定できます。

  • TT OCO 親注文がトリガーされた後のストップ子注文の動作
    • ストップ子注文の価格の設定

    ストップ子注文の注文タイプの設定

    基本的な TT OCO 注文を設定して、親 OCO 注文がトリガーされて子指値 (利益) 注文が発注されると、ストップ子注文が市場でどのように発注されるかを設定できます。子注文は以下の注文タイプで発注できません。

    • Stop ストップリミット注文とは? Limit (ストップ指値)
    • ストップ成行
    • TT Stop (TT ストップ)

    : TT OCO 親注文の一部として発注された TT ストップ子注文の場合、TT ストップで発注されたネイティブ子注文の有効期限を上書きまたは選択できます。TT ストップを選択すると、フライアウトで TIF (有効期限) セレクターが表示されます。

    以下の例では、既定の設定を使って、TT OCO が買注文として発注されます。

    1. TT OCO が 2923.50 で即時にトリガーされ、この価格帯で指値注文を発注します。
    2. カーソルは同じ側で最初の注文より高い価格に配置されていて、その価格で有効なストップ指値注文を発注できることが示されています。ストップ指値注文は 2924.75 で発注されます。

    [Audit Trail] (システム履歴) は、ストップ指値 (保護ストップ注文) が実際に 2925.00 で発注されたことを示します。これは、ペイアップ設定に基づいて1ティック離れた値です。ストップ指値がトリガーされると、注文は 2924.75 で約定され、最初の指値注文 (利益注文) が取り消されます。親 TT OCO ストップリミット注文とは? 注文は 2924.75 で約定されます。

    この次の設定では、TT OCO はストップ成行注文を発注するように設定されています。ただし、成行注文に対してはペイアップ設定は無視されます。

    以下の例では、この設定を使って、TT OCO が買注文として発注されるのが示されています。

    1. TT OCO が 2923.50 で即時にトリガーされ、この価格で指値注文を発注します。
    2. カーソルは市場の同じ売買側にある最初の注文より高い価格で配置されていて、有効なストップ成行注文は 2925.25 で発注できることが示されています。

    [Audit Trail] は、ストップ成行注文 (保護ストップ注文) がトリガーされて 2925.25 の市場価格で約定され、最初の指値注文 (利益注文) が取り消されます。親 TT OCO 注文は 2925.25 で約定されます。

    ストップ子注文の価格の設定

    特定の価格帯でストップ子注文を執行するように、TT OCO を設定できます。市況 (WAT) に基づいて子注文を設定したり、市場からの追加ティック数 (ストップリミット注文とは? ペイアップ) を設定できます。この例では、「-3」のペイアップを使用します。

    TT OCO 注文を発注するには

    1. 利益注文の価格帯をクリックします。この例では、TT OCO は売注文として発注されます。つまり 2954.50 で即時にトリガーされ、指値注文を発注します。
    2. ストップリミット注文とは?
    3. 同じ売買側にある保護ストップ指値注文の価格帯をクリックしますが、 ここでは 2952.75 という安めの価格です。

    ストップ指値注文は 2952.75 でトリガーされ、子指値注文は 2953.50 で発注されます。これは「-3」の ペイアップ設定に基づき市場から3ティック離れた価格です。

    [Audit Trail] には、子指値注文が有効化されて 2953.50 で約定され、2954.50 の利益注文がが取り消されたことが示されます。親 TT OCO 注文は 2953.50 で約定されます。

    市況に基づいた約定待ち子注文の価格のアグレッシブ化

    ウィズ ア ティック動作を設定するには

    1. 希望の枚数と価格の設定を指定します。
    2. [With a Tick] を有効化して枚数のしきい値を設定します。

    ADD PIC

    インサイド マーケットで買注文を発注した場合、インサイド売値の枚数が 20 以下を下回ると、TT OCO 親注文は1ティック分、子注文の価格の再設定を行います。

    TT では、固定の枚数ではなくパーセント数で ウィズ ア ティック機能を設定できるオプションを提供しています。例えば、[ウィズ ア ティック] が 20%に等しい場合、枚数を入力する代わりに.

      ストップリミット注文とは?
    • 市場の反対側の枚数が注文の枚数の 20% を下回った場合.
    • 注文は1ティック分、市場にアグレッシブ態勢をとります。

    特定の価格帯での TT OCO 親注文のトリガー

    TT OCO 親注文がトリガーされる価格も設定できます。トリガー価格が親 TT OCO に設定されると、価格の条件が満たされるまで「保留」にされます。TT OCO がトリガーされると、市場で選択した価格で子利益注文とストップ注文を発注します。TT OCO は、以下のトリガーをサポートしています。

    • イフタッチ: 現在の市場より良好な価格に到達したり、良好な価格を抜けた場合にトリガーされます。
    • ストップ: 市場が現在の市場より悪条件な価格に到達したり、その価格を抜けた場合にトリガーされます。
    • LTP(直近値): 直近値を使って、トリガー値を求めます。注文をトリガーさせるため、取引は直近値で、または直近値を介して行われます。
    • Bid/Ask: 最良買値や最良売値を使って、トリガー値を評価します。
    • 同サイド: ストップリミット注文とは? 注文の買い/売りと同方向の気配値をトリガー評価します。
      • 買いの際は最良買値
      • 売りの際は最良売値
      • 買いの最良売値
      • 売りの際は最良買値

      この例では、TT OCO 注文トリガーは「ストップ」であり、トリガー値は「2954.50」に設定されます。トリガー値は、「LTP」の価格タイプに基づいて評価されます。

      トリガー値の事前条件を含んだ TT OCO 注文は、市場で以下のように作動します。

        TT OCO は、2953.25 の「買」利益注文と、2956.00 のストップ注文で発注されます。ただし、親 OCO 注文は、ストップ注文がトリガーされるまで、2954.50 のトリガー値で市場に保持されます。

      [Audit Trail] には、ストップ指値注文がトリガーされて 2956.25 で約定し、2953.25 で最初の指値注文が取り消されたことが示されます。TT OCO 注文は 2956.25 で約定されます。

      ストップ注文とイフタッチ トレイリング トリガーを使用して、市場をトレイルする価格帯で TT OCO 親注文を発注

      市場に応じて動的に調整されるトリガー値を使って TT OCO トリガーさせることもできます。「トレイル」 (ティック オプション) を使って、指定の価格タイプからの追加ティック数を設定して OCO 注文をトリガーさせることもできます。

      [トレイル (ティック)] 設定は、使用するトリガーに基づいてトリガー値が調整されます。

      • イフタッチ: 市場が 注文のため高値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が安値に移動する際、トリガー値は調整されません。市場が 注文のため安値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が高値に移動する際、トリガー値は調整されません。
      • ストップ: 市場が 注文のため安値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が高値に移動する際、トリガー値は調整されません。市場が 注文のため高値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が安値に移動する際、トリガー値は調整されません。

      この例では、TT OCO 注文トリガーは「ストップ」であり、 トレイル (ティック)は「3」に設定されます。トリガー値は、「LTP」の価格タイプに基づいて評価されます。発注すると、TT OCO ストップリミット注文とは? トリガー値は3ティック分直近値をトレイルします。

      トレイリング値のトリガーを含んだ TT OCO 注文は、市場で以下のように動作します。

        TT OCO は、2953.25 の「買」利益注文と、2956.00 のストップ注文で発注されます。

      [Audit Trail] には、TT OCO 注文が 2959.75 でトリガーされて 2960.75 で約定されたことが表示されます。これはストップ指値 (保護) 注文の価格です。2958.75 の指値 (利益) 注文は取り消されました。

      TT OCO ストップリミット注文とは? 親注文の開始時間と終了時間の設定

      既定で、TT OCO は発注後すぐに約定待ちを開始し、取り消されるまで約定待ち続けます。ただし、TT OCO 親注文の約定待ち開始と終了の時間を設定できます。

      TT OCO 親注文の開始時間と終了時間を設定するには

        [Start] 設定は、ドロップダウン矢印をクリックして希望の開始時間オプションを選択します。

      • GTC: 取り消されるまで TT OCO 親注文の約定待ちを続けます。
      • Time: TT OCO 親注文が終了する時間と日付を設定します。
      • Day: 取引セッションの最後に TT OCO 親注文を取り消します。

      : 注文テンプレートを作成または使用している際で、[ 時間] オプションを使用している際、最初に設定された日付が過去の場合は [開始] と [終了] の日付は自動的に調整されます。

      TT OCO 注文

      ® , it will highlight to show the related working OCO child order:

      TT OCO の動作

      TT OCO の次の動作を設定できます。

      • TT OCO 親注文がトリガーされた後のストップ子注文の動作
        • ストップ子注文の価格の設定

        ストップ子注文の注文タイプの設定

        基本的な TT OCO 注文を設定して、親 OCO 注文がトリガーされて子指値 (利益) 注文が発注されると、ストップ子注文が市場でどのように発注されるかを設定できます。子注文は以下の注文タイプで発注できません。

        • Stop Limit (ストップ指値)
        • ストップ成行
        • TT Stop (TT ストップ)

        : TT OCO 親注文の一部として発注された TT ストップ子注文の場合、TT ストップで発注されたネイティブ子注文の有効期限を上書きまたは選択できます。TT ストップを選択すると、フライアウトで TIF (有効期限) セレクターが表示されます。

        以下の例では、既定の設定を使って、TT OCO が買注文として発注されます。

        1. TT OCO が 2923.50 で即時にトリガーされ、この価格帯で指値注文を発注します。
        2. カーソルは同じ側で最初の注文より高い価格に配置されていて、その価格で有効なストップ指値注文を発注できることが示されています。ストップ指値注文は 2924.75 で発注されます。

        [Audit Trail] (システム履歴) は、ストップ指値 (保護ストップ注文) が実際に 2925.00 で発注されたことを示します。これは、ペイアップ設定に基づいて1ティック離れた値です。ストップ指値がトリガーされると、注文は 2924.75 で約定され、最初の指値注文 (利益注文) が取り消されます。親 TT OCO 注文は 2924.75 で約定されます。

        この次の設定では、TT OCO はストップ成行注文を発注するように設定されています。ただし、成行注文に対してはペイアップ設定は無視されます。

        以下の例では、この設定を使って、TT OCO が買注文として発注されるのが示されています。

        1. TT OCO が 2923.50 で即時にトリガーされ、この価格で指値注文を発注します。
        2. カーソルは市場の同じ売買側にある最初の注文より高い価格で配置されていて、有効なストップ成行注文は 2925.25 で発注できることが示されています。

        [Audit Trail] は、ストップ成行注文 (保護ストップ注文) がトリガーされて 2925.25 の市場価格で約定され、最初の指値注文 (利益注文) が取り消されます。親 TT OCO 注文は 2925.25 で約定されます。

        ストップ子注文の価格の設定

        特定の価格帯でストップ子注文を執行するように、TT OCO を設定できます。市況 (WAT) に基づいて子注文を設定したり、市場からの追加ティック数 (ペイアップ) を設定できます。この例では、「-3」のペイアップを使用します。

        TT OCO ストップリミット注文とは? 注文を発注するには

        1. 利益注文の価格帯をクリックします。この例では、TT OCO は売注文として発注されます。つまり 2954.50 で即時にトリガーされ、指値注文を発注します。
        2. 同じ売買側にある保護ストップ指値注文の価格帯をクリックしますが、 ここでは 2952.ストップリミット注文とは? 75 という安めの価格です。

        ストップ指値注文は 2952.75 でトリガーされ、子指値注文は 2953.50 で発注されます。これは「-3」の ペイアップ設定に基づき市場から3ティック離れた価格です。

        [Audit ストップリミット注文とは? Trail] には、子指値注文が有効化されて 2953.50 で約定され、2954.50 の利益注文がが取り消されたことが示されます。親 TT OCO 注文は 2953.50 で約定されます。

        市況に基づいた約定待ち子注文の価格のアグレッシブ化

        ウィズ ア ティック動作を設定するには

        1. 希望の枚数と価格の設定を指定します。
        2. [With a ストップリミット注文とは? Tick] ストップリミット注文とは? を有効化して枚数のしきい値を設定します。

        ADD PIC

        インサイド マーケットで買注文を発注した場合、インサイド売値の枚数が 20 以下を下回ると、TT OCO 親注文は1ティック分、子注文の価格の再設定を行います。

        TT では、固定の枚数ではなくパーセント数で ウィズ ア ティック機能を設定できるオプションを提供しています。例えば、[ウィズ ア ティック] が 20%に等しい場合、枚数を入力する代わりに.

        • 市場の反対側の枚数が注文の枚数の 20% を下回った場合.
        • 注文は1ティック分、市場にアグレッシブ態勢をとります。

        特定の価格帯での TT OCO 親注文のトリガー

        TT OCO 親注文がトリガーされる価格も設定できます。トリガー価格が親 TT OCO に設定されると、価格の条件が満たされるまで「保留」にされます。TT OCO がトリガーされると、市場で選択した価格で子利益注文とストップ注文を発注します。TT OCO は、以下のトリガーをサポートしています。

        • イフタッチ: 現在の市場より良好な価格に到達したり、良好な価格を抜けた場合にトリガーされます。
        • ストップ: 市場が現在の市場より悪条件な価格に到達したり、その価格を抜けた場合にトリガーされます。
        • LTP(直近値): 直近値を使って、トリガー値を求めます。注文をトリガーさせるため、取引は直近値で、または直近値を介して行われます。
        • Bid/Ask: 最良買値や最良売値を使って、トリガー値を評価します。
        • 同サイド: 注文の買い/売りと同方向の気配値をトリガー評価します。
          • 買いの際は最良買値
          • 売りの際は最良売値
          • 買いの最良売値
          • 売りの際は最良買値

          この例では、TT OCO 注文トリガーは「ストップ」であり、トリガー値は「2954.50」に設定されます。トリガー値は、「LTP」の価格タイプに基づいて評価されます。

          トリガー値の事前条件を含んだ TT OCO 注文は、市場で以下のように作動します。

            TT OCO は、2953.25 の「買」利益注文と、2956.00 のストップ注文で発注されます。ただし、親 OCO 注文は、ストップ注文がトリガーされるまで、2954.50 のトリガー値で市場に保持されます。

          [Audit Trail] には、ストップ指値注文がトリガーされて 2956.25 で約定し、2953.25 で最初の指値注文が取り消されたことが示されます。TT OCO 注文は 2956.25 で約定されます。

          ストップ注文とイフタッチ トレイリング トリガーを使用して、市場をトレイルする価格帯で TT OCO 親注文を発注

          市場に応じて動的に調整されるトリガー値を使って TT OCO トリガーさせることもできます。「トレイル」 (ティック オプション) を使って、指定の価格タイプからの追加ティック数を設定して OCO 注文をトリガーさせることもできます。

          [トレイル (ティック)] 設定は、使用するトリガーに基づいてトリガー値が調整されます。

          • イフタッチ: 市場が 注文のため高値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が安値に移動する際、トリガー値は調整されません。市場が 注文のため安値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が高値に移動する際、トリガー値は調整されません。
          • ストップ: 市場が 注文のため安値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が高値に移動する際、トリガー値は調整されません。市場が 注文のため高値に移動すると、トリガー値は指定した追加ティック数の値で市場を追います。市場が安値に移動する際、トリガー値は調整されません。

          この例では、TT ストップリミット注文とは? OCO 注文トリガーは「ストップ」であり、 トレイル (ティック)は「3」に設定されます。トリガー値は、「LTP」の価格タイプに基づいて評価されます。発注すると、TT OCO トリガー値は3ティック分直近値をトレイルします。

          トレイリング値のトリガーを含んだ TT OCO 注文は、市場で以下のように動作します。

            TT OCO は、2953.25 の「買」利益注文と、2956.00 のストップ注文で発注されます。

          [Audit Trail] には、TT OCO 注文が 2959.75 でトリガーされて 2960.75 で約定されたことが表示されます。これはストップ指値 (保護) 注文の価格です。2958.75 の指値 (利益) 注文は取り消されました。

          TT OCO 親注文の開始時間と終了時間の設定

          既定で、TT OCO は発注後すぐに約定待ちを開始し、取り消されるまで約定待ち続けます。ただし、TT ストップリミット注文とは? OCO 親注文の約定待ち開始と終了の時間を設定できます。

          TT OCO 親注文の開始時間と終了時間を設定するには

            [Start] 設定は、ドロップダウン矢印をクリックして希望の開始時間オプションを選択します。

          • GTC: 取り消されるまで TT OCO 親注文の約定待ちを続けます。
          • Time: TT OCO 親注文が終了する時間と日付を設定します。
          • Day: 取引セッションの最後に TT OCO 親注文を取り消します。

          : 注文テンプレートを作成または使用している際で、[ 時間] オプションを使用している際、最初に設定された日付が過去の場合は [開始] と [終了] の日付は自動的に調整されます。

          注文方法の種類と解説

          Forex Trading MasterClass

          成行注文は、現在の価格で市場でリアルタイムで執行されます。あなたはFX業者に、今エントリーしたいので、スプレッドは気にしていないと言っているのです。 成行注文は、市場価格でのトレードをオープンまたは決済するために使用することができます。 その名の通り、マーケットオーダー(成行注文)とは、現在の価格での売買注文のことで、通常はモニターの前で見ている人や、プライスアクション、ローソク足のパターン、テクニカル指標ニュースイベントを待っている人や、またはすぐに決済したいと思っている人が使います。 主なデメリットは、何を支払うかわからない事です。成行注文にも用途はありますが(トレード計画を変更する正当な理由がある場合は、素早くトレードから抜け出すのに適しています)、資金が危険にさらされているときに素早く客観的に考えることができる、熟練の感情的ではないトレーダー以外の全ての人にとっては危険なものになります。トレーダーがしっかりと決められたトレード計画を持っていたとしても、恐怖や欲、エゴがあると、成行注文の勢いでそれを放棄してしまうことがあります。このように、初心者の方や、月単位でコンスタントに利益を上げていないトレーダーは、しっかりとしたトレード計画に基づいて、あらかじめ決められたエントリーポイントと決済ポイントの固執する必要があります。 成行注文について詳しく見る>>

          エントリー注文

          成行注文 (現在の価格ですぐに売買する注文)とは異なり、エントリー注文 (またはエントリー指値注文)は、トレーダーが現在の価格より有利であると考える価格で新しいポジションを持つ為に事前に入力された保留中の注文です。これらは自動的に実行され、トレーダーは注文後、何もする必要はありません。エントリーポイントを事前に選択できるこの機能は、次の2つの理由で非常に役立ちます:

          1. 時間のあるとき、都合のいい時にいつでも注文できる。一定の価格以上でエントリーしたい時などに、トレード時間が限られている人にとって重要です。 フルタイムトレーダーにとっても、24時間対応できるわけではないので、欠かせない機能です。
          2. エントリーを決める際の感情、人の意見などを取り除きます。飲酒や運転と同じで、トレードと感情は、混合しない。混合すると、危険をおかします。お金がかかっている状態でリアルタイムトレードする時は、恐怖や欲を避ける事ができる人はほとんどいません。 テクニカル分析を行い、恐怖や欲からは離れたエントリーポイントを選択したいと思い、機会をつかむのをためらわせるかもしれません。遅過ぎたり、早過ぎたりたるするポイントでエントリーしたくないはずです。

          これらの注文は、一定の価格に達した時に実行されます。通常は、特定の価格での入力を意図しています。ただし、一定の条件下では、意図した価格よりも下 (ロングポジションを建てる場合) または上 (ショートポジションを建てる場合) に跳ね上がったり、“ギャップ”が生じたりする事がある為、注文入力された価格よりも良い価格で効力を発揮します。これは、ほとんどのトレーダーに推奨される注文方法です。 エントリー指値注文とエントリー逆指値注文を理解する>> 決済注文 決済では2つの注文方法があります:ストップオーダーとリミットオーダー 両者の大きな違いは、負けたトレードを決済して損切りをするのか、勝ったトレードを決済して利益を取るのかということです。以下、まとめです。 リミットオーダー(利益確定注文) リミットオーダー(指値注文)は一般的に、利益を得て決済する方法です。あなたがロングしようとしている場合は、指値注文は市場価格の上になり、あなたがショートしようとしている場合は、指値注文は市場価格の下になります。リミットオーダーはゴール地点のように考えて下さい。 トレードは、市場価格が指値注文を超えた時点で決済され、利益は口座残高に反映されます。 ストップオーダー(損切り注文) ストップオーダーもトレードを終了させる決済注文です。一般的にストップロス注文またはプロテクティブストッップと呼ばれるこのタイプの注文は、トレードで発生した損失の額を制限することを目的としています。 ストップロスオーダーは、指定された損失レベルでトレードを終了します。 ストップロスは、利益が伸びてきた時に、利益を固定するために使用することもできます。 ストップリミット注文とは? ストップロスは、痛みを伴いますが、使用しない場合よりも、トレーディングゲームに長く留まる事ができます。 その名の通り、ストップロスオーダー(損切り注文)とは、これ以上の損失が膨らまないように自動的に損失を確定する保留中の注文です。最大値はどちらかによって決めます:

          損切り注文には基本的に2種類あります1: 固定またはシンプルなストップロス: Thこの注文はあらかじめ決められた一定の損失に達した場合、または市場がその損失を超えて乖離した場合に自動的に執行されます。メタ4メタ5のような優れたトレードアプリでは、ピップス、金額での損失、またはエントリーからのパーセンテージで損失を設定できます。 ストップロスと利益確定の設定と計算の仕方>> トレーリングストップロス: その名の通り、この種のストップロス注文は、価格の動きによって、ストップロスオーダーを自動で動かしてくれます。価格は予想に反して反対方向に行った時に、ピップス、口座資金、何%の損失に応じて、自動的に決済します。このようにトレーリングストップロスは、損失を制限するだけでなく、通常のランダムな価格変動や“ノイズ”によって、利益も制限します。 利益を守り、最大化するためのトレーリングストップの使い方 >> ストップロスオーダーはリスク管理の重要な部分です。 事前に入力しておけば、トレードシステムが自動的に損切りをしてくれます。トレードに感情を持ち込まないようにしてくれます。 ストップロスが損失を制限するのと同じように、決済は、あなたの利益を制限しますが、ロックされます。それらは、ピップス、現金、またはエントリー価格からの何%動いたかに関係なく、所定の損失ではなく所定の利益で執行されます。何らかの理由でトレーリングストップが不適切な場合、決済指値注文は、価格が逆行した場合に利益をロックします。 通常、更なる利益への強い抵抗になると思われるレジスタンス付近に設定します。注文の種類の正確な名前は、いくつかの取引アプリで異なる場合がありますので、実際のお金を取引する前に明確にしてください。 FXオーダーブック(顧客の取引情報) デイトレーダーがトレードの意思決定に使用するツールの一つに、様々なタイプのマーケットデータがありますが、一般的にはレベルIとレベルIIのマーケットデータと呼ばれています。 この相場データには、現在の価格や最近の売買が成立したものなどの情報が含まれています。レベルⅡのデータは、レベルⅠよりも多くの情報を提供します。トレーダーは、取引に必要なデータを決定し、業者を通じてそのデータを購読しています。 業者によっていは、レベルIとレベルIIに関連する価格が異なる場合があります。 不要なものに対して料金を払わないように、データの違いに注意することが重要です。 オーダーブックのレベルⅠ・レベルⅡデータの説明 >> FX注文の仕方 注文はFX会社の条件に従って、比較的簡単に注文できます。 以下のガイドラインは、すべての主要なプラットフォームで共通している必要があります。以下のガイドラインは、全ての主要なプラットフォームで同等です: 1. 取引を開き“注文”タブを選択 2. どちらでトレードするか選択(買い または 売り) 3. 価格が現在の市場価格より高いか低いかによって、注文の種類を決定する価格レベルを指定します。 4. ストップとリミット注文を置く。 5. 注文を送信する。 実際にトレードを行う前に、使うプラットフォームに慣れる事は重要です。 しっかり理解することにより、トレードを実行または管理する際にエラーを最小限に抑えることができます。 しっかり勉強してください。 異なる種類の注文とその用途を理解することは、基本的なスキルとして不可欠です。時間をかけて勉強して、本番の前に、デモトレード口座を使って試してみてください。 より深い知識を学びたい場合は、注文について勉強したい場合、私たちのスクールに参加して下さい。

          関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる