暗号資産オプション取引の基本

経済分析編

経済分析編
画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

経済分析編

第1回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第1回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

コロナ下で、あえてインバウンド観光について考える(JNTO 小松原早貴氏) いま、地方創生にV‐RESASが必要な理由(西内啓氏)

第3回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第3回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

まちづくりのために都市を「見える化」しよう(UR都市機構 赤星健太郎氏)

第4回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第4回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

ビジネスシーンでのRESAS活用(株式会社Publink 栫井誠一郎氏・日本商工会議所まちづくりタスクフォース委員 鵜殿裕氏)

第5回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第5回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

まちづくりにデータを活用しよう(株式会社まちづくり松山 加戸慎太郎氏)

第6回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第6回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

元副市長が教えるRESAS分析術
〜京都府亀岡市にいた2年間〜
(元亀岡市副市長 仲山徳音氏)

第7回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第7回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

自治体初CDOが推進するデータ利活用モデル(神奈川県庁 齊藤源一郎氏)

第8回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第8回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

まちの魅力の見つけ方、伝え方
(流山市役所 河尻和佳子氏)

第9回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第9回質疑応答編

経済分析編 画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

EBPMで成果を出す“本当の”データリテラシー(データ&ストーリーLCC 柏木吉基氏)

第10回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第10回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

地域経済循環図でお金の流れを「見える化」しよう(株式会社価値総合研究所 山崎清氏)

第11回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第11回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

AIを活用した未来構想と政策立案(京都大学 広井良典氏)

第12回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第12回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

地域活性化のためのSNSの活用と効果測定(一般社団法人SNSエキスパート協会 後藤真理恵 氏)

第13回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第13回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

ビックデータ分析から見る災害が地域に与える影響~東日本大震災からコロナウイルス感染症を考える~(ネブラ株式会社 代表取締役 阿部博史氏 氏)

第14回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第14回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

地域交通におけるデータ活用の在り方を考える~GTFSオープンデータの整備からビッグデータ活用まで~(東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授 伊藤昌毅 氏)

第15回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第15回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

将来推計人口の導き方、読み解き方(国立社会保障・人口問題研究所 久井情在 氏)

第16回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第16回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

自治体からみた人口減少社会の影響分析~GISによる公共施設配置の最適化など~(新潟市都市政策部GISセンター 長谷川普一 氏)

第17回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第17回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

地域活性化のための気象データ活用と実践(岐阜大学工学部附属応用気象研究センター センター長・准教授 経済分析編 吉野 純氏)

第18回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第18回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

コロナ禍におけるテレワークの動向~携帯位置データを活用したオフィス出社率の測定~(ニッセイ基礎研究所 金融研究部 准主任研究員 佐久間 誠氏)

第19回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第19回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

経済センサスから見る地域の現状(法政大学経済学部 教授 経済分析編 菅 幹雄 氏)

第20回プレゼン編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

第20回質疑応答編

画像をクリック
(YouTubeサイトへ)

経済分析編

書籍のカバー画像

価格 税込6,380円/本体5,800円
判型 A5判・上製
ページ数 392頁
刊行年月日 2015年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0797-9
Cコード C3034

書籍画像のサムネール 書籍画像のサムネール

序 章 チャネルの機能とその管理 経済分析編
1 はじめに
2 チャネルの機能と構成員
3 二重マージンとそれへの対応
4 垂直的取引制限: チャネルの調整
5 結 び

Ⅰ チャネル間における価格-数量競争の基礎理論

第1章 価格-数量競争の基本モデル
1 はじめに
2 モデル
3 フランチャイズ料の役割
4 垂直的統合か分離か
5 結 び

補 章 製品差別化
—— 数量競争、価格競争および経済厚生
1 はじめに
2 需要関数と逆需要関数
3 数量競争 経済分析編
4 価格競争
5 結 び

第2章 基本モデルの一般化
1 はじめに
2 小売業者数の選択
3 需要関数の一般化
4 製品差別化
5 結 び
第2章補論 系列関係がない場合

第3章 小売段階の競争と生産者間の競争
1 経済分析編 はじめに
2 生産者および小売業者数が複数のモデル
3 フランチャイズ料を徴収しない場合
4 垂直的統合
5 結 び
第3章補論 小売段階の競争と生産者間の競争: 実証

Ⅱ チャネルにおける費用削減投資

第4章 流通業者による費用削減投資
—— 規模効果、契約のタイミングとフランチャイズ料
1 はじめに
2 モデル1: 契約が先行
3 モデル2: 投資が先行
4 各モデルの均衡値の比較
5 結 び

第5章 高需要期の低価格現象
—— 流通費用削減投資
1 はじめに
2 予備的考察
3 流通業者投資のモデル
4 部分ゲーム完全均衡での投資
5 垂直的統合
6 結 び

第6章 生産者による費用削減投資
1 はじめに
2 生産者投資のモデル
3 部分ゲーム完全均衡での投資
4 結 び

Ⅲ 垂直的取引制限と経路選択

第7章 価格-価格競争
—— 垂直的分離と取引制限
1 はじめに
2 予備的考察: カルテルと垂直的統合
3 垂直的分離
4 ゲームの拡張: フランチャイズ料の役割
5 経路選択
6 再販制とテリトリー制
7 結 び

第8章 上限価格規制(再販制)
1 はじめに
2 再販制分析のためのモデル
3 各取引での部分ゲーム均衡
4 生産者による取引様式の選択
5 取引様式に垂直的統合の選択肢を加えた場合
6 結 び

第9章 テリトリー制
1 はじめに
2 テリトリー制分析のためのモデル
3 フランチャイズ料を徴収する場合
4 フランチャイズ料の徴収とテリトリー制の導入の同時選択
5 結 び
第9章補論 輸送費用と経済厚生

第10章 経路選択
1 はじめに
2 経路選択分析のためのモデル
3 フランチャイズ料を徴収しない場合 経済分析編
4 フランチャイズ料を徴収する場合
5 フランチャイズ料の徴収および経路の選択
6 結 び

Ⅳ チャネル間競争の諸側面

第11章 販売協賛金と経済厚生
1 はじめに
2 販売協賛金分析のためのモデル
3 各状況での部分ゲーム均衡
4 事後的な協賛金
5 協賛金に関する法学的・経済学的議論
6 経済分析編 結 び

第12章 系列調達 vs. 内部調達
—— トヨタ vs. GM
1 はじめに
2 組み立て企業分析のためのモデル
3 内点解の分析
4 端点解と下請法
5 結 び

第13章 直接販売 vs. 間接販売
—— 生産者による小売企業の株の所有
1 はじめに
2 株式取得検討のためのモデル
3 両生産者が間接販売を行う場合 経済分析編
4 結 び

第14章 小売企業の資本構成
—— 有限責任効果と統合効果
1 はじめに
2 債券発行のモデル 経済分析編
3 部分ゲーム完全均衡
4 小売業者の資本構成: 第0段階における選択
5 結 び

終 章 チャネル間競争のメカニズム
—— 経済分析編 総括と展望
1 チャネル間における価格-数量競争
2 費用削減投資 経済分析編
3 垂直的取引制限
4 チャネル間競争の諸側面
5 今後の研究課題

地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」

地域経済分析システム「RESAS」とは、産業構造や人口動態、人の流れなど、地域経済に関する官民のさまざまなデータを、地図やグラフ等で分かりやすく「見える化」しているシステムです。地方創生に関するさまざまな取り組みを情報面から支援するために、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が、経済産業省と連携して提供しています。
英語表記(Regional Economy Society Analyzing System)の頭文字を取って、“RESAS”(リーサス)と呼んでいます。
RESASは「産業マップ」「観光マップ」「人口マップ」「自治体比較マップ」などさまざまなマップから構成されています。
菊川市のマップも検索できますので、ぜひご覧ください。

RESASを利用するには

  • 地域経済分析システム「RESAS」公式サイト( 外部サイトへリンク )

RESASを活用したデータ分析職員研修会(中級編)を開催しました(令和元年11月6日)

11月6日、3年目となる菊川市と袋井市の共催でデータ分析職員研修会(中級編)を開催し、「超初級編」、「初級編」と継続受講者を中心に2市混成の30人が参加しました。
今回は、テーマに対し、自身の意見に必要なデータを取得・加工し、データの解釈・比較・検証の手法を理解することでデータを活用した仮説検証を行えることを想定し、「データにより他者を説得する力を付ける」ことを目的として行われました。
受講者は、「データで読み取る自市の強み、弱み」のテーマのもと、事前課題として収集したデータをグループ内で発表し合い、その後、データにより説得力を増すプレゼンテーションとなるようグループ内で協力してブラッシュアップを行いました。
また、講師には、昨年度に引き続き、(株)日経BPの高津尚悟氏と(株)日経BPコンサルティングの髙橋健太郎氏を迎え、「実践的データ分析」をテーマに「ソース」、「データ量/データの集め方」のポイントを学びました。

191216datekenshu01191216datekenshu02

RESASを活用したデータ分析職員研修会(初級編)を開催しました(平成30年10月9日)

10月9日、菊川市と袋井市の共催で地域の各種データの活用方法などを学ぶデータ分析職員研修会を昨年度に引き続き開催しました。勘と経験に頼りがちな施策決定プロセスに、「データを活用した証拠に基づく政策立案(EBPM)」を取り入れることを目的に開催。昨年度の「超初級編」受講者を中心におよそ30人が参加し、データを分析し効果的な施策について話し合いました。
昨年度、開催した研修会のステップアップ研修として位置づけ、行政機関や民間企業の膨大なデータを集約した国の地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」を活用し、開催。(株)日経BP社の高津尚悟氏と(株)経済分析編 日経BPコンサルティングの髙橋健太朗氏を講師に招き、「見る・知る・わかるデータ分析」(初級編)と題し研修が行われました。はじめに講師から、RESASを活用した対象地域の実態と課題の抽出、仮説検証の方法が説明され、その後、6グループに分かれ、RESASを使い人口推移グラフや自然増減・社会増減の推移グラフ、産業構造などを分析し、市の実態と課題の把握、設定した仮設の検証について話し合いました。参加者は、「施策立案のためのデータの収集・活用のポイントが分かった」、「今後は、証拠に基づくデータを活用した施策立案を積極的に行っていきたい」と話しました。
今後も、レベルの高いデータ分析研修を行い、職員のスキルアップを図ります。


H30datebunseki1H30datebunseki2H30datebunseki3

RESASを活用したデータ分析職員研修会(超初級編)を開催しました(平成29年10月20日)

10月20日、菊川市と袋井市の共催で地域の各種データの活用方法などを学ぶデータ分析職員研修会が開催されました。施策立案や事業推進を担う職員が、データの重要性を認識し、データ収集と分析のスキルを基礎能力として身に付けることが目的。若手職員を中心におよそ30人が参加し、データを分析し効果的な施策について話し合いました。
今回の研修は、行政機関や民間企業の膨大なデータを集約した国の地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」を活用し、県内で初めて複数市町で開催。(株)帝国データバンクの市川翼氏と(株)日経BP社の高津尚悟氏を講師に招き、「見る・知る・わかるデータ分析」と題した研修が行われました。はじめに講師から、データとは何か、なぜデータの活用が必要なのかの説明がされると、参加者は真剣に聞き入りました。その後、6グループに分かれ、RESASを使い人口推移グラフや自然増減・社会増減の推移グラフなどを見ながら分析し、市の総合戦略や総合計画と照らし合わせ課題や現状について話し合いました。参加者は、「データ分析で見るべきポイントが分かった」、「データを活用し、政策立案できるようになりたい」と話しました。
今後は、レベルの高いデータ分析研修を行い、職員のスキルアップを図ります。

研究者紹介

稲田 義久

1. 5月18日発表のGDP1次速報によれば、1-3月期の実質GDPは前期比年率-1.0%(前期比-0.2%)減少し、2四半期ぶりのマイナス成長となった。2021年度は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令と解除で、経済成長率はマイナスとプラスを繰り返した。結果、21年度の実質GDPは前年度比+2.1%と3年ぶりのプラス成長となったが、20年度の落ち込み(同-4.5%)に比すれば、回復力は弱いといえよう。

2. 1-3月期はまん延防止等重点措置によりほぼ全期間にわたり活動が抑制されたため、民間最終消費支出はサービス支出を中心に低調なパフォーマンスとなった。実質GDP成長率への寄与度を見ると、国内需要は前期比+0.2%ポイントと2四半期連続のプラスだが前期から減速した。一方、純輸出は同-0.4%ポイントと3四半期ぶりのマイナス寄与。交易条件の悪化から国内総所得(GDI)成長率は同-0.7%となり、5四半期連続で実質GDPの伸びを下回った

3. 1-3月期GDP1次速報と新たな外生変数の想定を織り込み、22-23年度の日本経済の見通しを改定した。今回、実質GDP成長率を、22年度+1.経済分析編 9%、23年度+1.7%と予測。前回(第137回)予測に比して、22年度は-0.4%ポイント下方修正、23年度は横ばいとなった。今回予測における海外外生変数想定の特徴は、前回に比して、原油価格の高止まり、世界貿易の停滞、円安の加速である。これらが22年度予測の下方修正につながっている。この背景にはロシアのウクライナ侵攻とその長期化による世界経済の減速やインフレの昂進、金融引き締め政策への転換がある。

4. 四半期ベースでみれば、22年1-3月期の実質GDPは2四半期ぶりのマイナス成長となり、コロナ禍からの回復が遅れている。COVID-19陽性者数は過去のピークに比して依然高水準だが、人流は大幅に改善している。このため4-6月期はサービス消費の拡大による比較的高めの成長が見込めるであろう。7-9月期以降も、潜在成長率を上回るペースが持続するため、コロナ禍前(19年10-12月期)の水準を超えるのは22年4-6月期、コロナ禍前のピーク(19年4-6月期)を超えるのは23年10-12月期となる。回復のペースが緩慢なため、前回予測から2四半期後ずれている。

6. ベースライン予測に対して、円安加速のシミュレーションを行った。シミュレーションによれば、円安は総じて日本経済に押し上げ効果をもたらすことがわかる。問題は円安と資源価格(原油価格)の上昇が同時に伴うケース(悪い円安)である。円安と原油価格上昇とでは、実質GDPに与える影響は逆方向となるため、両者の想定次第では実質GDPに下押し圧力が働くことに注意が必要である。。

朝刊 2022年05月25日 (水)

画像

  • 中国対抗、インフラ支援 5年で6.3兆円 日米豪印合意 声明、ロシア批判避ける
  • 中国対抗、インフラ支援 5年で6.3兆円 日米豪印合意 声明、ロシア批判避ける
  • 船体移動中、海底に落下 ベルト切れる 沈没の観光船
  • (日本へ逃れて 抱える思い:1)会いたい、でもいつになるか ウクライナ侵攻3カ月、日本へ逃れて
  • 折々のことば:2389 鷲田清一
  • (天声人語)大統領の発言
  • (しつもん!ドラえもん:4385)なんきょく編

2面 総合2

3面 総合3

4面 総合4

画像

  • T2|デザイン画|主な注目選挙
  • 攻防本格化へ 公示まで1カ月切る 参院選=訂正・おわびあり
  • 外務省幹部「のけぞった」 バイデン氏、台湾防衛発言
  • 「開かれたインド太平洋」推進 日印首脳一致
  • 中国念頭に連携、日豪首相が確認 ソロモン諸島巡り懸念
  • 研究時間確保、支援へ 大学教員らの負担軽減 政府戦略
  • クアッド、岸田首相議長国会見(要旨)
  • クアッド、共同声明(要旨)
  • (#政官界ファイル)細田議長報道巡り、山口公明代表「説明責任を」
  • (#政官界ファイル)補正予算の審議日程、与野党合意
  • (#政官界ファイル)立憲、参院選2人公認内定
  • 首相動静 24日

7面 国際

画像

  • ロシア、足元から侵攻批判 外交
  • ロシア、足元から侵攻批判 外交官辞職「侵略、国民への重罪」 国営TVで元軍人「全世界が敵対」
  • <考論>クアッド首脳会合、各国の識者は
  • 豪新政権、にじむ対中警戒 クアッド、気候対策も強調
  • デンマーク、対艦ミサイルを提供 ウクライナ、黒海封鎖対抗
  • 台湾、外交政策維持の構え
  • 「台湾、米中対立の中心にすべきでない」 経済分析編 キッシンジャー氏、ダボス会議で自制促す
  • ウイグル訪問、中国「理解を」 国連人権トップに王外相牽制
  • 南太平洋8カ国、中国外相訪問へ
  • (特派員メモ 上海)shanghaiされたくない
  • 世界の新型コロナ感染者

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる