オプション取引

ビットコイン始め方

ビットコイン始め方
NEXT MONEY

ビットコインとは通貨のような価値を持ったデジタルデータ

確かに、電子マネーにも硬貨や紙幣はないニャ。でも、 電子マネーはその国の法定通貨を電子化 したもの。お金を支払うときにはどれも「日本円」として使うニャ。
これに対して暗号資産は、 法定通貨とはまったく別の独立した通貨 の価値を持ったデジタル資産。たとえば、ビットコインには「BTC」という独自の単位もあるニャ。
それに、電子マネーには発行する会社など、管理する組織があるという点も暗号資産とは異なるニャン。

値動きの激しさもビットコインの特徴

・特定の国や企業がコントロールしておらず、需給で価格が変動する
・株やFXに比べ、投資家の数が少ない
・値動きに上限が設けられていない

近ごろの値上がりは、大規模な売買を行う米国の上場企業やヘッジファンドといった機関投資家が暗号資産の売買に続々と参入したからです。暗号資産を欲しい人がたくさんいると、需要と供給の関係で値上がりします。

<ビットコインの利用先>
買い物に使える
例えば家電量販店のビックカメラやソフマップなどでは、1会計につき30万円相当分までのビットコインを支払いに利用することができます。また、決済大手のペイパルも世界中の加盟店にて仮想通貨で決済できるサービスを展開する予定になっています。

送金できる
ビットコインはデジタルデータですから、他の人に送ることができます。銀行振り込みなどの場合、手続きの日時によっては翌日以降になることもありますが、ビットコインなら24時間いつでも送金できます。

給料として支払われる
海外では、給料を仮想通貨で払えるように給与制度を整えた企業もあります。

決済手段としてはビットコインはまだまだ発展途上。送金もビットコインの価格上昇にともなって、手数料が多少割高になってるニャ。だからビットコインは、現状ではまだ投資目的に利用されることが多いニャ。でも、決済手段も増えているように、将来的には日常的に利用されるようになっていく可能性は高いはずニャ!

さっきも言ったように、決済手段として使うために買うのはまだ早いかもしれないニャ。でも、ビットコインをはじめとする暗号資産は、投資としても注目を集めてるニャ。

ビットコインが投資家として注目を集める理由

ビットコインのデメリット

国による価値の保証がない
たとえば1万円は、国が1万円だと保証し、みんながそれを信用しているからこそ、1万円分の価値を持っているのです。しかし、ビットコインをはじめとする暗号資産には、そうした保証がありません。価値がゼロになる可能性も否定できません。需給の関係で価値が大きく変動します。

価格変動が大きく決済手段としては課題も…
価格変動が大きいと、買い物などに使いにくくなります。
たとえば、100万円分のビットコインで100万円の品物を買ったとします。しかし、購入後のビットコインの価格変動で、ビットコインの価値が50万円になってしまったとしたら、品物を売った人は大損です。価格が安定しないと、買い物には使いにくいでしょう。

ビットコインに投資をするときにも、同じことが言えるニャ。短期間で一度に買っちゃうと、価格の変動が激しいので心配になって、ついつい毎日の価格をチェックするかもしれないニャ。これでは、気が気じゃないニャ。
だから、ビットコインに投資するなら、 将来的に価値が上がることを期待して少額から、長期で積み立てを行うのがおすすめ 。毎月一定金額ずつ、コツコツと積み立てるやり方ニャ。毎月の投資金額は、日常生活に大きく影響しないような額にするニャン!

Tポイントを使えるビットフライヤー

ビットコインは暗号資産の取引所・販売所を介して購入します。マネ男のように日頃からTポイントを貯めていて、これからビットコインを買いたい人におすすめなのが、Tポイントを使ってビットコインを購入できるビットフライヤーです。

ビットフライヤーはビットコイン取引量が5年連続で国内No.1(※)の仮想通貨取引所ニャ。ビットコインをはじめとする12種類の暗号資産を100円から購入することができるニャン(2021年3月現在)。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2020年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤーの魅力は、 様々な手数料が無料になっている こと。アカウントの作成・維持の手数料だけでなく、販売所でのビットコイン・アルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)の売買手数料も無料。住信SBIネット銀行から入金した場合の振込手数料も無料になっています。

また、安全面にもしっかり配慮。システムにさまざまな暗号を採用し、外部からの攻撃を防ぐとともに、強度の高いパスワード・2段階認証(ログインの時にIDやパスワードを2回入れるしくみ)を採用しています。また、ビットフライヤーはユーザーから預かっている資産をインターネットと完全に切り離されたセキュリティレベルの高いコールドウォレットで100%保管されているから安心です。

ビットフライヤーではTポイントをビットコインに交換できるニャ(100ポイントから)。さらに、ビットフライヤーのウォレットでビットコイン決済をすると、500 円(税込)ごとに 1ポイントのTポイントを貯めることができるニャン!

ビットコイン/仮想通貨投資の始め方を徹底解説|始める手順を初心者にもわかりやすく解説

仮想通貨の始め方

引用元:Trading View提供のチャート

このように、世界中の関心が高まり市場として現在も大きく伸びているので、非常に将来の市場も大きく期待できるというわけですね。

ブロックチェーンに対する理解を深めることができる

ブロックチェーン

  • 分散型台帳で監視を行い、取引を管理する仕組みでセキュリティが非常に高い
  • データ改ざんが事実上不可能と言われており、で安全性が高い仕組み

このブロックチェーンを使った「スマートコントラクト(契約の自動化)」は不動産の賃貸契約で利用されているだけでなく、世界の大手銀行でもブロックチェーンを活用したコスト削減を進められています。

少額から投資を始めることができる

1BTCの価格が350万(2021年1月)と出ているため、初心者が手が出しにくいと思っている人も多いと思いますが、 ビットコイン始め方 ビットコイン投資は少額から始めることができます。

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)なら0.001BTCから購入可能

仮想通貨投資は現在において注目されている投資分野 ですので、まだ始めていない方は今日から始めてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ビットコインが無料で貰える仮想通貨の始め方

先ほどまでは仮想通貨投資を始めるために最適な取引所を紹介していましたが、ここでは無料でビットコインを貰える方法について紹介します。

リスクをかけずに仮想通貨投資を始める方法になりますので是非参考にしてください。

その方法とは ビットコインが貰えるポイントサイト「ビッコレ」を活用すること です。

ビッコレ

ビッコレでは他のポイントサイトとは違い買い物や広告案件によって手に入れた報酬を全てビットコインで支払われます。

そのため、 誰でも無料でビットコインを稼ぐことができる方法 なのです。

現在では登録だけで100円分のビットコインを無料で獲得することができますよ。

\ 無料で100円分のBTCもらえる!/

ビットコイン(BTC)/仮想通貨に関するよくある質問(Q&A)

初心者が仮想通貨投資を始めるのは危険ではないのですか?

本人確認を厳重に行っているからこそ、なりすまし等によるリスクを防いでいます。

また、以前はセキュリティが脆弱でハッキングという被害が多かった印象がありますが、 現在は多くの取引所で強固なセキュリティを実施しているので安全 です。

自分が保有している仮想通貨はコールドウォレットと言われるオフライン上に保管されるので、インターネット上の第三者からアクセスされる心配はありません。

いくらから仮想通貨投資を始めることができますか?

1BTCの価格が300万円以上で取引されていると聞くと、そんな大金出せないと思うかもしれませんが、 ビットコインは0.0001BTCなどのように指定できるため、少額でも購入できます。

仮想通貨投資は500円〜1000円で始められる

スマホからでも仮想通貨を始められますか?

特にbitFlyerや コインチェック はアプリの使いやすさに定評がありますので、まずは試してみるといいでしょう。

仮想通貨を始めるために必要なものは何ですか?

ビットコインの購入に手数料がかかりますか?

ビットコインの購入に手数料がかからないことが多いですが、 販売所の場合、スプレッドに差があるため、取引所で購入するよりも割高になってしまいます。

ビットコインや仮想通貨の手数料を確認頂けると、詳しいスプレッドの仕組みや手数料について理解することができます。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資の始め方まとめ

bitFLyer toppage

ビットコインや仮想通貨投資は数百円から取引ができるため、普通の株取引よりもハードルが低く、初心者の方でも始めやすいです。

しかし、価格変動が大きく、あまり大きな額から初めてしまうと、大損してしまう可能性がありますので、 まずは少額から取引を始めることをおすすめ します。

【初心者】ビットコイン・仮想通貨の始め方

初心者A

NEXT MONEY

初心者B

NEXT MONEY

初心者C

NEXT MONEY

そもそも、ビットコイン・仮想通貨とは何か?

ビットコインの将来は?

ビットコインの使用方法

アドレスとは?

  • ビットコイン販売所でビットコインを購入
  • ビットコインウォレットと呼ばれるインターネット上の財布を作成し誰かにビットコインもらう

では、どのようにしてビットコインを使うのか?

中級編:2nd STAGE

ビットコインを購入する

DMM Bitcoinとは、株式会社DMM.comが運営をしている仮想通貨取引所であり、DMM Groupの会員数は2700万人を超え、1,823億円の売り上げを出しています。さらに、投資サービスである「DMM FX」の運営も行っており、安全面・専門知識における信頼度が高い取引所です。

DMM Bitcoin

  • 主な取り扱い通貨 : BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)
  • 取引手数料 : 0.04%~0.00%
  • セキュリティ : 金融庁登録済み(関東010)

DMMビットコイン口座開設の手順

パスワードの設定では、口座開設する仮想通貨取引所によって違うパスワードを設定しましょう!また、 15〜20桁 の第三者には分からない強固なパスワードをおすすめします!

二段階認証の設定

仮想通貨取引所の口座開設が完了した時点で必ずやらなくてはいけない設定があります。それは 「二段階認証」 です!仮想通貨取引所のセキュリティを高めるために、他のデバイスで取得した6桁のパスワードを設定します。

二段階認証アプリはこちら!

以上のような二段階認証の設定は、ほぼ全ての仮想通貨取引所で対応しているため 「取引所に登録したらすぐに二段階認証設定」 をキーワードに必ず設定を行いましょう!

仮想通貨の安全を担保するブロックチェーン

ブロックチェーンとは?

ビットコイン始め方

豆知識:サトシナカモト
ビットコインの担保であるブロックチェーンを発明したとされる人物。しかしこの人物の正体や詳細は分かっていない。1BTCの1億分の1に相当するビットコインの価格の単位が「satoshi」とされている。

中央集権と非中央集権とは?

取引所に潜むリスクと危険性

仮想通貨市場は中央集権システムは、先ほど説明した仮想通貨取引所(分散型取引所は違います)のことになります。ビットコインなどの仮想通貨がブロックチェーン技術によってデータが改善されなくても、 取引所を運営している企業のデータがハッキングされてしまえば金融・情報データは流出してしまいます。

もし、仮想通貨取引所を運営している会社や運営陣が取引所に集まったユーザーの仮想通貨を持ち逃げしたらどうでしょう? 仮想通貨を取り戻すことは困難 であり、実際にMt.GOXという仮想通貨取引所がユーザーの資金を持ち逃げしたのではないかとして大きな事件にも発展しました。

1、ウォレットで資金を守る

このように取引所とウォレットにはそれぞれのメリット・デメリットがあり、 資金をこまめに動かしたいときは取引所 、 長期的に保管する場合などはウォレット と、使い道や投資方法を考えながら保管していきましょう!

ビットコイン以外の仮想通貨を見てみよう

1500種類以上の仮想通貨

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、 世界中に1500種類以上 も存在しています。ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼び、様々な特徴を持ったアルトコインを取引するのも仮想通貨の楽しみでもあります。

2018年は 「アルトコインブームの到来」 と言われており、アルトコインを買うユーザーが急増してるため情報もインターネット上に多く揃っています。

人気アルトコイン6選

1st:Ethereum(ETH / イーサリアム)

そして最大の特徴として、ブロックチェーン技術を基盤とした 「分散型アプリケーションプラットフォーム」「スマートコントラクト」 が挙げられます。

2nd:Ripple(XRP / リップル)

仮想通貨ブームが訪れる前の2009年から多くの金融機関と提携を行なっており、現在では ビットコイン始め方 100社以上の金融機関と連携 しています。

3rd:Bitcoin Cash(BCH / ビットコインキャッシュ)

ブロックの許容量が足りない問題点については 1ブロックのサイズを8MB に増加することでこれを解決しています。

4th:EOS(EOS / イオス)

5th:NEO(NEO / ネオ)

また、DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)という技術を導入しており、ブロックチェーンのブロック承認に関する不正に対応することができる独自の技術を採用しています。

これは、ブックキーパーと呼ばれるブロックを確認する人物が存在しており、 ブックキーパーはブロックによる裏切りがないかどうか確認する役割を持ちます 。ブックキーパーは投票によって決定されブロックチェーンにも監視されているので中央集権化する可能性は極めて低いです。

6th:NEM(XEM / ネム)

仮想通貨にはそれぞれコンセンサスアルゴリズムという仕組みを採用していますが、 NEMはその中でも珍しい PoI(Proof of Importance)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

Importance(重要度)は、保有している仮想通貨が多いだけで報酬がもらえるわけでなく、取引量も考慮される仕組みですので、NEM自体の流動性を確保することができます!また、ハーベスティングという仕組みも採用しており、 10,000NEM保有 することによって自動的に報酬としてNEMを獲得することもできます。

【簡単すぎw】ビットコインの始め方・買い方の解説だよ【儲かる】


仮想通貨、ブロックチェーン、ウォレット、取引所、マイニングなどなど。ビットコインを始める上で最低限知っておくべき言葉です。

  • 仮想通貨:特定国家による価値の保証を持たない通貨のこと。ビットコイン以外にも有名な仮想通貨は10種類以上あります(wiki)
  • ブロックチェーン:仮想通貨を実現する仕組みのこと。改ざん困難な記録の方式なので期待されている。(wiki)
  • ウォレット:仮想通貨をインターネット上で管理するための財布のこと。
  • 取引所:仮想通貨を売買できるプラットフォーム。買いたい人と売りたい人をマッチングします。
  • マイニング:仮想通貨を掘り起こす作業のこと。難易度高めなので初心者は理解しなくてもOK。

ビットコインの始め方②:ビットコインの買い方を理解しよう

実際に購入する流れとは?

  • ステップ①:bitFlyerに登録する
  • ステップ②:bitFlyerで個人情報を登録する
  • ステップ③:パソコンから仮想通貨を購入する

1回やれば慣れるのですが、画像にて方法解説しますね。

まずは、「ビットコイン取引所」をクリックしたあとに、数量(BTC)を入力します。
画像では0.05BTCとしていますが、これだと5万円くらいです(※1BTC=100万円で換算)。慣れないうちは、0.001BTC(約1,000円くらい)で試すのが良いと思います。


次に「価格(BTC/JPY)」を入力します。
入力欄の上に随時動いているレート(実際に取引されているレート)が表示されていますので、そこをクリックすれば自動入力されます。オレンジ色で囲ってあるあたりのレートをクリックすると購入しやすいです。


最後に「注文を実行する」をクリックすると購入完了です!

【完全ガイド】ビットコインのやり方はこれで完璧!購入方法・買い方を初心者でもわかるように解説

ビットコインは仮想通貨界の米ドル

ビットコインはその数ある暗号資産(ビットコイン始め方 仮想通貨)の代表といっても良いでしょう。

実はビットコイン以外にも多くの暗号資産(仮想通貨)があり、それらのコインのことをアルトコインと言います。そのアルトコインを購入する際にビットコインを利用することができるなど、ビットコインは暗号資産(仮想通貨)界の基軸通貨となっています。

暗号資産(仮想通貨)と聞くと投資の対象として注目されがちですが、 実際には買い物や個人間の送金などに使用することも可能で、これから世の中にどんどん広がっていくでしょう。

ビットコインの入手方法

ビットコインを入手する4つの方法

ビットコインの入手方法

  1. 販売所・取引所で購入する
  2. 個人間で送金する
  3. マイニングする
  4. アービトラージする

1.販売所・取引所で購入する

取引所・販売所の図

ビットコインの売買は基本的に販売所・取引所で行います。多くの方がこの方法でビットコインを入手しているので、よほどのことがない限りこの方法で行います。

国内の有名な取引所ですとGMOコイン、CoincheckDMM Bitcoin、などがあります!販売所・取引所についてはのちほど詳しく説明します。簡単にメリット・デメリットについてまとめてみます。

販売所・取引所を使うメリット 販売所・取引所を使うデメリット
・最も簡単に
ビットコインを入手できる
・24時間取引可能
・大量に
ビットコインを購入できる
未成年は ビットコイン始め方
国内取引所に登録できない

・大規模なトラブルが
起きる可能性がある

2.個人間でやりとり(OTC取引)する

一般的な入手方法ではないですが、取引所を仲介せずに自分で取引する相手を見つけることもできます

これをOTC(ビットコイン始め方 Over the counter)取引と言います。

ただ、この方法は仲介者が存在しないため相手がかならず振込をしてくれる確証はなく、「100円振り込んだのに、1BTCが送られてこない」といったトラブルが発生する可能性はあります。簡単にOTC取引のメリット・デメリットをまとめてみます。

OTC取引のメリット OTC取引のデメリット
・手数料がかからない ビットコイン始め方
・値段の設定が自由にできる
・取引相手が
見つかるかわからない
・個人間でのトラブルが
起こる可能性がある

3.マイニング(採掘)する

マイニング

マイニングとは、ビットコインの取引の確認を素早くやることで報酬としてビットコインがもらえるというものです。

ここではマイニングについての詳しい内容には触れませんが、要するにビットコインの運用をすることで報酬がもらえるという感じに捉えてもらえれば大丈夫です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる