バイナリーオプション

米国株決算

米国株決算
(※写真はイメージです/PIXTA)

米国株急落、IT 決算、ウクライナ情勢に警戒

S&P500 種株価指数は26 日(火)、米大手企業決算、ウクライナ情勢悪化、中国のロックダウン(都市封鎖)措置への懸念から2.8%下落した。ハイテク企業の比率が高いナスダック総合指数が特に売られ、4.0%下落した。投資家が大手IT 企業の1-3 月期決算発表を前にして警戒姿勢を強めたことが背景にある。投資家センチメントが悪化しやすい状況にあることから、何らかの失望材料が出れば市場は反応しやすくなるとの見方が広がった。S&P500 種は11 セクターの内、10 セクターが下落。特に一般消費財・サービス、情報技術、コミュニケーション・サービス・セクターが大きく売られた。

ウクライナ危機をめぐるロシアと西側諸国との対立激化の兆候も、不安要因の1 つに加わった。米国主催の国際会議が26 日に開かれ、西側諸国が一致してウクライナへの大型兵器の供与を拡大すると表明した。これまで大型兵器支援に踏み切れなかったドイツも今回大きく方針転換し、軍事支援強化に同意した。対するロシア側も、ラブロフ外相が核戦争の危険性を「過小評価すべきではない」と述べ、西側のウクライナ軍事支援をけん制した。また、ポーランドは2022 年末までにロシア産天然ガスの輸入を停止する意向を表明していたが、26 日、ロシアがポーランドへの天然ガス供給を27 日に全面停止すると通告したことが報じられたことから、情勢激化の懸念が一層高まった。この報道を受けて、北海ブレント原油価格は3.4%上昇し、1バレル105.78 米ドルとなった。

一方、中国でも、中国株式のCSI300 指数が5%安と1 日の下落率としては2 年ぶりの水準を記録した25 日に続き、26 日も0.8%続落した。中国政府がゼロコロナ政策を強化する兆候が見られたことから、中国経済の減速懸念や供給網の混乱を招くとの警戒感が広がっている。北京市では数百万人の市民を対象にしたPCR 検査が始まったことから、首都北京でも上海のようなロックダウン措置が行われるとの懸念が出ている。

さらに、米連邦準備理事会(FRB)の急速な金融引き締めによる景気鈍化懸念も根強い。これに地政学リスクによる安全資産への逃避も重なり、米国国債の利回りは急低下した。米国10 年国債利回りは8 ベーシスポイント(bp)下げて2.74%となり、先週の日中の高水準2.98%から大きく低下した。米ドル指数(DXY)は0.6%上昇し、2 年ぶりの高水準となった。

今後の展開

コモディティ: ブルームバーグ商品指数は年初来29%上昇しているが、MSCI ACワールド指数は11%低下しており、両指数の52週相関係数はゼロにまで落ちている。このようにコモディティは分散投資効果を提供しており、またインフレ高進局面では歴史的にコモディティ全般が好調に推移してきた。今後6カ月間でコモディティ指数にはさらに10%程度のトータルリターンの余地があると我々はみている。投資家にはコモディティの買いポジションの継続、特にアクティブ戦略を勧める。

バリュー銘柄 vs.グロース銘柄: エネルギーなどのバリュー(割安)株は、テクノロジーなどのグロース(成長)株と比べると金利上昇・インフレ高進による負の影響を受けにくい。グロース銘柄の株価には一般的に、将来の利益拡大期待が反映されているからだ。エネルギー銘柄は依然割安であり、足元で株価に織り込まれている原油価格は1バレル当たり70米ドル半ば程度であると思われる。

ディフェンシブ銘柄: 株式ポートフォリオにおいて景気循環銘柄とディフェンシブ銘柄をバランスよく取り入れることを勧める。ディフェンシブ銘柄の中ではエネルギーとヘルスケアを推奨する。医薬品セクターは低成長局面およびリスクオフの投資環境においても比較的底堅く、株価も現在割安とみている。

債券: 債券市場においては、金利の上昇は債券の価値の上昇を意味する。我々は新興国市場の短期デュレーション債券(残存期間の短い債券)の一部についても有望視している。ハイイールド債の中では環境・社会・ガバナンス(ESG)に注力する銘柄に投資機会があるとみる。また、持ち分の売却・換金が一定期間制限されることをいとわず、それによる追加リスクを許容できる投資家には、ダイレクトレンディングも上場市場を上回るインカム獲得機会が期待できる。

本稿は、UBS AGが作成した“Risk assets sell off”(2022年4月26日付)を翻訳・編集した日本語版として2022年4月27日付でリリースしたものです。本レポートの末尾に掲載されている「免責事項と開示事項」は大変重要ですので是非ご覧ください。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。本レポートに記載されている市場価格は、各主要取引所の終値に基づいています。これは本レポート中の全ての図表にも適用されます。

Mark Haefele

最高投資責任者
UBS Global Wealth Management

最新CIOレポート

House View Weekly

経済指標は底堅くも、景気後退懸念は続く

Global Forecasts

米国株反落 ボラティリティは続く

2022.05.米国株決算 18 Mark Haefele

UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社のサービスに関するお問合せは、UBS SuMi TRUSTウェルス・アドバイザリー株式会社*が承ります。
すでに口座をお持ちのお客様は、担当者までご連絡をいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

*UBS SuMi TRUSTウェルス·アドバイザリー株式会社はUBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社の金融商品仲介業者及びUBS銀行と三井住友信託銀行の銀行代理業務の業務委託契約に基づく銀行代理業者です。
商号等:UBS SuMi TRUSTウェルス·アドバイザリー株式会社 関東財務局長(金仲)第898号 関東財務局長(銀代)第377号

本ウェブサイトにはUBS証券株式会社が過去において発行したレポートも一部掲載されています。
(UBS SuMi TRUSTウェルス·マネジメント株式会社はUBS証券株式会社のウェルス·マネジメント事業を継承し、2021年8月に業務を開始しました)。

免責事項と開示事項
本ウェブページ掲載レポートおよびビデオコンテンツ(以下、本レポート)は、UBSチーフ・インベストメント・オフィス・グローバル・ウェルス・マネジメント(米国株決算 UBS Switzerland AGまたはその関連会社)米国株決算 が作成したリサーチレポートをもとに、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社(以下、「当社」)が翻訳・編集等を行い、作成したものです。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。本レポートが英文で作成されている場合は、英語での内容をお客様ご自身が十分理解した上でご投資についてはご判断していただきますようお願いいたします。なお、本レポートは、当社のほか、UBS銀行東京支店を通じて配布されることがあります。

金融商品取引法による業者概要及び手数料・リスク表示
商号等: UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3233号
加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

当社における国内株式等の売買取引には、UBS SuMi 米国株決算 TRUSTウェルス・マネジメント株式会社のお客様の場合、約定代金に対して最大1.10%(税込)、外国株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.375%(税込)の手数料が必要となります。ただし、金融商品取引所立会内取引以外の取引(店頭取引やトストネット取引等の立会外取引、等)を行う場合には、個別にお客様の同意を得ることによりこれらを超える手数料を適用する場合があります。この場合の手数料は、市場状況、取引の内容等に応じて、お客様と当社の間で決定しますので、その金額等をあらかじめ記載することはできません。これらの株式等の売買取引では手数料に消費税が加算されています。外国株式の取引には国内での売買手数料の他に外国金融商品市場での取引にかかる手数料、税金等のお支払いが必要となります。国により手数料、税金等が異なります。株式は、株価の変動により損失が生じるおそれがあります。外国株式は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。不動産投資信託は、組み入れた不動産の価格や収益力などの変化により価格が変動し損失が生じるおそれがあります。

UBS 銀行東京支店が提供する金融商品等に関する留意事項
外貨預金契約に手数料はありません。預入時に他通貨から預け入れる場合、あるいはお受取時に他通貨に交換する場合には、本契約とは別に為替取引を行って頂く必要があり、その際には為替手数料を含んだレートが適用されます。外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取時の外貨金額を円換算すると、当初払い込み外貨金額の円換算額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

その他のご留意事項
当社の関係法人であるUBS AGおよびUBSグループ内の他の企業(またはその従業員)は随時、本資料で言及した証券に関してロングまたはショート・ポジションを保有したり、本人または代理人等として取引したりすることがあります。あるいは、本資料で言及した証券の発行体または発行体の関連企業に対し、助言または他のサービスを提供することもあります。

©UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社 2022 米国株決算 すべての権利を留保します。事前の許可なく、本ウェブサイトを転載・複製することはできません。また、いかなる理由であれ、本レポートを第三者に配布・譲渡することを禁止します。UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社は、本レポートの使用または配布により生じた第三者からの賠償請求または訴訟に関して一切責任を負いません。

Copyright © UBS SuMi TRUST Wealth Management Co., Ltd. All Rights Reserved.

Finance Go:財務諸表,ファイナンス&米国株決算速‪報‬ 4+

現在利用可能な財務諸表と情報は次のとおりです。
1.損益計算書、貸借対照表計算書、およびキャッシュフロー計算書。
2.会社概要
3.会社の財務比率
4.企業価値
5.会社の主要な指標
6.会社の財務成長
7.会社の評価
8.株式市場と金融のニュース。
9.収益カレンダー、IPOカレンダー、株式分割カレンダー、配当カレンダー
10.Earning Call Transcript
11.株式インサイダー取引。
12.機関投資家および投資信託の保有者を含む保有者。
13.アップグレードとダウングレード。
14. 毎日の株式市場の主要なインデックス、先物(商品)および暗号通貨の価格。
15. 外国為替

Financial Statements Go is a financial reports App that helps you get key information from 25000+ major publicly-traded companies' statements.

It can also provide visualized financial reports.

The current available financial statements 米国株決算 and information are:
1. Income statement, balance sheet statement, and cash flow statement.
2. Company profiles summary
3. Company financial ratios
4. Company enterprise Value
5. Company key metrics
6. Company financial growth
7. Company rating
8. Stock market and finance news
9. Earnings Calendar, IPO Calendar, Stock Split Calendar, Dividend Calendar
10.Earning Call Transcript
11.Stock Insider Trading.
12. Holders, including 米国株決算 institutional and mutual fund holders.
13. Stock Upgrades & Downgrades.
14. Daily stock market major indexes, futures(commodities) and cryptocurrency prices.
15. Forex.
Also, we appreciate financialmodelingprep for providing financial data service for us.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる