FXの練習方法は

オプションの使用方法について

オプションの使用方法について
利用できるドライブを選択して「構成」をクリック

Storebrowse

Storebrowseユーティリティを使用して、公開アプリおよび公開デスクトップのICAファイルを生成します。 quicklaunch オプションを使用するには、起動URLとストアURLの入力が必要です。起動URLは、StoreFrontサーバーまたはCitrix Gateway URLのいずれかになります。ICAファイルは、 %LocalAppData%\Citrix\Storebrowse\cache ディレクトリに生成されます。

.\storebrowse –M 0X2000 –E https://myfirstexamplestore.net/Citrix/Second/discovery

'Controller.Calculator' 'Calculator' '\' '' http://abc-sf.xyz.com/Citrix/Stress/resources/v2/Q29udHJvbGxlci5DYWxjdWxhdG9y/launch/ica

-L , --launch

説明:

Storebrowseユーティリティを使用して、公開アプリおよび公開デスクトップに必要なICAファイルを生成します。起動オプションを使用するには、リソース名とストアURLが必要です。この名前は、StoreFrontサーバーまたはCitrix Gateway URLのいずれかになります。ICAファイルは、 %LocalAppData%\Citrix\Storebrowse\cache ディレクトリに生成されます。

.オプションの使用方法について オプションの使用方法について \storebrowse –M 0X2000 –E https://myfirstexamplestore.net/Citrix/Second/discovery

'Controller.Calculator' 'Calculator' '\' '' http://abc-sf.xyz.com/Citrix/Stress/resources/v2/Q29udHJvbGxlci5DYWxjdWxhdG9y/launch/ica

-S , オプションの使用方法について オプションの使用方法について --sessionlaunch

説明:

ただし、ユーザーが資格情報を指定しない場合、資格情報を入力するための AuthManager プロンプトが表示され、リソースが起動されます。

.\storebrowse –M 0X2000 –E https://myfirstexamplestore.net/Citrix/Second/discovery

'Controller.Calculator' 'Calculator' '\' '' http://abc-sf.xyz.com/Citrix/Stress/resources/v2/Q29udHJvbGxlci5DYWxjdWxhdG9y/launch/ica

前の結果で太字の名前は、 -S オプションの入力パラメーターとして使用されます。

-f , --filefolder

説明:

起動オプションを使用するには、フォルダー名とリソース名の入力がストアURLとともに必要です。ストアURLは、StoreFrontサーバーまたはCitrix Gateway URLのいずれかになります。

.\storebrowse.exe –f “C:\Temp\Launch.ica” オプションの使用方法について –L “Resource_Name”

.\storebrowse.exe –f “C:\Temp\Launch.ica” –L “Resource_Name”

-t , --traceauthentication

説明:

AuthManager コンポーネントのログを生成します。ログは、Storebrowseユーティリティが組み込みの オプションの使用方法について AuthManager を使用している場合にのみ生成されます。 localappdata%\Citrix\Storebrowse\logs ディレクトリに生成されます。

注:

このオプションを、ユーザーのコマンドラインに表示される最後のパラメーターにすることはできません。

-d , --deletestore

説明:

.\storebrowse.exe –d https://my.firstexamplestore.net/Citrix/Store/discovery

.\storebrowse.exe –d https://my.secondexmaplestore.com

Citrix Gatewayでのシングルサインオンのサポート

シングルサインオンを使用すると、ドメインに認証でき、ドメインが提供するCitrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaS(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)を使用できます。各アプリやデスクトップに再認証する必要なくサインインできます。ストアを追加すると、Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSとともに資格情報とスタートメニューの設定がCitrix Gatewayサーバーにパススルーされます。

前提条件:

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix WorkspaceアプリGPO管理用テンプレートを開きます。
  2. [コンピューターの構成] ノードで、[管理用テンプレート]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[ユーザー認証]>[Citrix Gatewayのシングルサインオン] に移動します。
  3. シングルサインオンオプションで[有効]または[無効]に切り替えます。
  4. [適用][OK] の順にクリックします。
  5. Citrix Workspaceアプリのセッションを再起動して、この変更を適用します。

制限事項:

  • Storebrowseユーティリティでの資格情報入力操作のために、StoreFrontサーバーでHTTP基本認証方式を有効にします。
  • HTTPストアがあり、公開された仮想アプリと仮想デスクトップを確認または起動するためにユーティリティを使用してストアに接続しようとする場合、コマンドラインオプションを使用した資格情報の入力はサポートされません。この問題を回避するには、コマンドラインで資格情報を提供しないときに外部 AuthManager モジュールを使用します。
  • Storebrowseユーティリティは、現在、StoreFrontサーバー上のCitrix Gatewayで構成された単一ストアのみをサポートしています。
  • Storebrowseユーティリティの資格情報の入力は、Citrix Gatewayが単一要素認証で構成されている場合にのみ機能します。
  • オプションの使用方法について オプションの使用方法について
  • Storebrowseユーティリティのコマンドラインオプション Username (-U) 、 Password (-P ) Domain (-D) では大文字小文字が区別され、大文字のみを使用する必要があります。

DIESER DIENST KANN ÜBERSETZUNGEN ENTHALTEN, DIE VON GOOGLE BEREITGESTELLT WERDEN. GOOGLE LEHNT JEDE AUSDRÜCKLICHE ODER STILLSCHWEIGENDE GEWÄHRLEISTUNG IN BEZUG AUF DIE ÜBERSETZUNGEN AB, EINSCHLIESSLICH JEGLICHER GEWÄHRLEISTUNG DER GENAUIGKEIT, ZUVERLÄSSIGKEIT UND JEGLICHER STILLSCHWEIGENDEN GEWÄHRLEISTUNG DER MARKTGÄNGIGKEIT, DER EIGNUNG FÜR EINEN BESTIMMTEN ZWECK UND DER NICHTVERLETZUNG VON RECHTEN DRITTER.

CE SERVICE PEUT オプションの使用方法について オプションの使用方法について CONTENIR DES TRADUCTIONS FOURNIES PAR GOOGLE. GOOGLE EXCLUT TOUTE GARANTIE RELATIVE AUX TRADUCTIONS, EXPRESSE OU IMPLICITE, Y COMPRIS TOUTE GARANTIE D'EXACTITUDE, DE FIABILITÉ ET TOUTE GARANTIE IMPLICITE DE オプションの使用方法について QUALITÉ MARCHANDE, D'ADÉQUATION À UN USAGE PARTICULIER ET D'ABSENCE DE CONTREFAÇON.

ESTE SERVICIO PUEDE CONTENER TRADUCCIONES CON TECNOLOGÍA DE GOOGLE. GOOGLE RENUNCIA A TODAS LAS GARANTÍAS RELACIONADAS オプションの使用方法について CON LAS TRADUCCIONES, TANTO IMPLÍCITAS COMO EXPLÍCITAS, INCLUIDAS LAS GARANTÍAS DE EXACTITUD, FIABILIDAD Y オプションの使用方法について OTRAS GARANTÍAS IMPLÍCITAS DE COMERCIABILIDAD, IDONEIDAD PARA UN FIN EN PARTICULAR Y AUSENCIA DE INFRACCIÓN オプションの使用方法について DE DERECHOS.

このサービスには、Google が提供する翻訳が含まれている可能性があります。Google は翻訳について、明示的か黙示的かを問わず、精度と信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことに関するあらゆる黙示的保証を含め、一切保証しません。

ESTE SERVIÇO PODE CONTER TRADUÇÕES FORNECIDAS PELO GOOGLE. O GOOGLE オプションの使用方法について SE EXIME DE TODAS AS GARANTIAS RELACIONADAS COM AS TRADUÇÕES, EXPRESSAS OU IMPLÍCITAS, INCLUINDO QUALQUER オプションの使用方法について GARANTIA DE PRECISÃO, CONFIABILIDADE E QUALQUER GARANTIA IMPLÍCITA DE COMERCIALIZAÇÃO, ADEQUAÇÃO A UM PROPÓSITO ESPECÍFICO E NÃO INFRAÇÃO.

Windows 10が起動しない時の修復方法

インストール済のドライバーが壊れてしまった場合や、最近インストールしたアプリが原因でWindows 10の挙動が不安定になってしまった場合などに、事前のバックアップ情報を基にシステムを正常であった状態に復元させる機能が「システムの復元」です。
システムの復元を実行すると個人用ファイルに影響はありませんが、問題を引き起こしている可能性のある、最近インストールしたアプリ、ドライバー、更新プログラムは削除されます。

スタートアップ修復やシステムの復元でWindows 10が修復できない場合

Windows 10が起動できない状態から事前のバックアップを基にWindows 10の再インストールを行う事が出来るのが「回復ドライブ」です。個人用ファイル、インストールしたアプリとドライバー、設定に加えた変更など全て削除し、初期状態に戻してくれます。
また、Windows回復環境からWindows 10を初期化させる機能も備わっておりますが、初期化に関しては以前の記事で紹介しておりますので、文末のリンクよりご覧ください。
Windows回復環境の起動方法については、スタートアップ修復に失敗してしまった場合に「詳細オプション」を選択し、他の修復作業を進めることができます。

Windows 10でスタートアップ修復に失敗してしまった場合の画面

Windows オプションの使用方法について 10でスタートアップ修復に失敗してしまった場合の画面

スタートアップ修復でWindows 10を修復する

Windowsの起動に2回続けて失敗し、スタートアップ修復が行われている画面

Windowsの起動に2回続けて失敗し、スタートアップ修復が行われている画面

また、スタートアップ修復が自動的に立ち上がってこない場合はシステム修復ディスクから手動でスタートアップ修復を行うこともできます。システム修復ディスクに関しては事前に作成しておく必要がありますので、下記でご紹介いたします。
システム修復ディスクは別の正常に起動するWindows 10搭載パソコンから作成したものも使用することができます。システム修復ディスクからパソコンを起動する場合は、あらかじめBIOS設定でSecureBootをDisabled(無効)に設定しておく必要があります。

システム修復ディスクの作成

手順 1:スタートメニューより、「Windowsシステムツール」の「コントロールパネル」を選択します。 (または[スタート] ボタンの横にある検索ボックスで、「コントロールパネル」を検索)

スタートメニュー > Windowsシステムツール > コントロールパネルを選択

スタートメニュー > Windowsシステムツール > コントロールパネルを選択

手順 2:コントロールパネルより「システムとセキュリティ」の「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

システムとセキュリティの「バックアップと復元(Windows 7)」を選択

システムとセキュリティの「バックアップと復元(Windows 7)」を選択

手順 3:パソコンの光学ドライブにブランクのCD / DVDメディアをセットした後、「システム修復ディスクの作成」 を選択します。
※「システム修復ディスクの作成」 を選択する前に、パソコンの光学ドライブにブランクのCD / DVDメディアをセットしておかないと警告が表示されます。

「システム修復ディスクの作成」 を選択

「システム修復ディスクの作成」 を選択

手順 4:「ディスクの作成」 をクリックすれば、システム修復ディスクが作成されます。

システム修復ディスクの作成ダイアログ

システム修復ディスクの作成ダイアログ

システム修復ディスクを作成しておくことで、Windows 10がスタートアップ修復をおこなえない状況でも、様々な修復方法を実行できますので、事前に作成することをおすすめいたします。
それではシステム修復ディスクの使用方法についてご紹介いたします。

手動でスタートアップ修復する

オプションの選択画面で「トラブルシューティング」を選択

オプションの選択画面で「トラブルシューティング」を選択

トラブルシューティング画面で「詳細オプション」を選択

トラブルシューティング画面で「詳細オプション」を選択

「スタートアップ修復」を選択

「スタートアップ修復」を選択

「スタートアップ修復」を行うアカウントを選択

「スタートアップ修復」を行うアカウントを選択

アカウントに紐づいたパスワードを入力

アカウントに紐づいたパスワードを入力

コマンドプロンプトでWindows 10を修復する

修復作業において少し敷居が高くなりますが、上記のスタートアップ修復で改善できなかった場合、コマンドプロンプトで修復を行うことでスタートアップ修復よりも厳密に問題をチェックし修復することができます。修復は自動で行われますが、Microsoftのサーバー(Windows Update)より正しいデータを入手するため、あらかじめパソコンはネットワークに接続しておいてください。
ただし、コマンドプロンプトでの作業は誤った入力でWindows 10を修復できない状態にもしてしまうので、十分ご注意ください。

手順 1:上記、手順 3の「詳細オプション」より「コマンドプロンプト」を選択し、コマンドプロンプトが実行したら

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

(各 “/” オプションの使用方法について の前にスペースを入れます) と入力し、Enterキーを押します。
このコマンドで、システムイメージをチェックし、不具合があればWindows Updateを使用して破損しているファイルの修復を行います。

コマンドプロンプトでDISM.exeによる修復を実行中の画面

コマンドプロンプトでDISM.exeによる修復を実行中の画面

手順 2:”操作は正常に完了しました” というメッセージが表示されたら、

sfc /scannow

(“sfc” と “/” の間にスペースを入れます) と入力し、Enterキーを押します。
このコマンドでは、保護されているすべてのシステムファイルをスキャンして破損したファイルがあった場合は「C:\Windows\System32\dllcache」の圧縮フォルダにあるキャッシュコピーから復元を行います。
時間がかかる場合がありますので、ウィンドウを閉じないようにしてください。また、ノートパソコンの場合はACアダプターをつないで作業を行ってください。

コマンドプロンプトでsfc.exeによるシステムファイルチェックを実行中の画面

コマンドプロンプトでsfc.exeによるシステムファイルチェックを実行中の画面

手順 3:”検証が 100% 完了しました” というメッセージが表示されたら、「exit」と入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトを終了します。

exitコマンドでコマンドプロンプトを終了

exitコマンドでコマンドプロンプトを終了

システムの復元でWindows 10を修復する

インストール済みのドライバーが壊れてしまった場合や最近インストールしたアプリが原因でWindows 10が正常に起動しない場合や、起動後の挙動が不安定な場合にシステムの復元を行うことで、事前に作成された復元ポイントの情報を基にWindows 10を修復することができます。 オプションの使用方法について
復元ポイントについてはWindowsの設定より自動で作成される場合もありますが、改めて復元ポイントの作成についてご紹介いたします。

復元ポイントの作成

手順 1:スタートメニューより、「Windowsシステムツール」の「コントロールパネル」を選択(または[スタート] ボタンの横にある検索ボックスで、「コントロールパネル」を検索)し、「システムとセキュリティ」を選択します。

コントロールパネル「システムとセキュリティ」を選択

コントロールパネル「システムとセキュリティ」を選択

システムとセキュリティ画面で「システム」を選択

システムとセキュリティ画面で「システム」を選択

システムの保護を選択

システムの保護を選択

手順 4:「システムのプロパティ」画面が開いたら「作成」を選択します。(「作成」を選択できる状態であれば手順6に移ります。)
また、保護設定の項目で利用できるドライブの保護が無効になっている場合は、利用できるドライブを選択して「構成」をクリックします。

利用できるドライブを選択して「構成」をクリック

利用できるドライブを選択して「構成」をクリック

 「システムの保護を有効にする」を選択

「システムの保護を有効にする」を選択

復元ポイントの識別に役立つ説明を入力し、「作成」をクリック

復元ポイントの識別に役立つ説明を入力し、「作成」をクリック

事前に復元ポイントを作成していれば、Windows 10の挙動が不安定になった場合に、復元したい日時の復元ポイントを選んでWindows 10を修復することができます。
それでは復元の手順についてご紹介いたします。

復元の手順

 「システムの復元」を選択

「システムの復元」を選択

アカウントを選択

アカウントを選択

アカウントに紐づいたパスワードを入力

アカウントに紐づいたパスワードを入力

システムファイルと設定の復元

システムファイルと設定の復元

復元したい日時の復元ポイントを選択

復元したい日時の復元ポイントを選択

システムの復元のための設定を完了

システムの復元のための設定を完了

システム復元の中断はできない警告ダイアログ

システム復元の中断はできない警告ダイアログ

システムの復元前の再起動確認ダイアログ

システムの復元前の再起動確認ダイアログ

パソコンの構成が変更されている場合など、復元ポイントの情報と異なる場合にシステムの復元に失敗してしまう場合があります。
スタートアップ修復、システムの復元でも修復できない場合は回復ドライブを使用してWindows 10を再インストールすることができます。

回復ドライブでWindows 10を再インストールする

回復ドライブを作成することでWindows 10が正常に起動しなくなった場合に、正常なシステム情報を基にWindows 10を再インストールできます。
回復ドライブの作成、回復の使い方に関しては別記事で紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧ください。

急なトラブルでも対応できるように事前の準備が大切です

以上のようにパソコン(Windows 10)が起動しなくなった場合や最近インストールしたアプリが原因でWindows 10の挙動が不安定になってしまった場合にWindows回復環境から様々な修復方法を行うことで、Windows 10を正常に起動できるようになります。
しかし、冒頭でも触れましたように正しくWindowsが終了されなかった場合やWindows Update中にパソコンの電源が落ちてしまった場合など急なトラブルでWindows10が起動しなくなった場合に対処するため、システム修復ディスク、復元ポイント、回復ドライブの作成が必要となりますので、パソコン(Windows 10)の起動、挙動に問題がないうちに、事前に準備しておくことをおすすめいたします!

オプションの使用方法について

Recomendação Ministério Público Ceará

Plano Municipal de Contigência

SEMANA NACIONAL DE PREVENÇÃO À GRAVIDEZ NA ADOLESCÊNCIA

LEIS ESTRUTURANTES - PARTE 3

RGF
RGF - RELATÓRIO DE GESTÃO FISCAL
RGF - RELATÓRIO DE GESTÃO FISCAL - 2022
1º Quadrimestre/2022
RGF - RELATÓRIO DE GESTÃO FISCAL
RGF - RELATÓRIO DE GESTÃO FISCAL - 2021
3º Quadrimestre/2021
RGF - RELATÓRIO DE GESTÃO FISCAL
RGF - RELATÓRIO DE GESTÃO FISCAL - 2021
2º Quadrimestre/2021
LDO オプションの使用方法について
LEI DE DIRETRIZES ORÇAMENTÁRIAS
LEI DE DIRETRIZES ORÇAMENTÁRIAS - 2022
Anual/2022
LEI DE DIRETRIZES ORÇAMENTÁRIAS
LEI DE DIRETRIZES ORÇAMENTÁRIAS - 2021
Anual/2021
LEI DE DIRETRIZES ORÇAMENTÁRIAS
LEI DE DIRETRIZES ORÇAMENTÁRIAS - 2020
Anual/2020
LOA
LEI ORÇAMENTÁRIA ANUAL
LEI ORÇAMENTÁRIA ANUAL - 2022
Anual/2022
LEI ORÇAMENTÁRIA ANUAL
LEI ORÇAMENTÁRIA ANUAL - 2021
Anual/2021
LEI ORÇAMENTÁRIA ANUAL
LEI ORÇAMENTÁRIA ANUAL - 2020
Anual/2020
RREO
RREO
RELATÓRIO RESUMIDO オプションの使用方法について DE EXECUÇÃO ORÇAMENTÁRIA
2º Bimestre/2022
RREO
RELATÓRIO RESUMIDO DE EXECUÇÃO オプションの使用方法について ORÇAMENTÁRIA
1º Bimestre/2022
RREO
RELATÓRIO RESUMIDO DE EXECUÇÃO ORÇAMENTÁRIA
6º Bimestre/2021
PORTARIAS
PORTARIA nº - 02/2022
Autoriza a divulgação da relação nominal de cada servidor que receberá o Abono do オプションの使用方法について FUNDEB, refer.
PORTARIA nº - 291/2021
Dispõe sobre オプションの使用方法について オプションの使用方法について nomeação do Grupo de Trabalho para Elaboração do Plano de Gestão e Fiscalização.
PORTARIA nº - 226/2021
Determina o desligamento (demissão) funcional da servidora municipal Senhora LEDA MARIA BATISTA ANI.

O conteúdo desse portal pode オプションの使用方法について ser acessível em Libras, clique abaixo para aprender sobre o Vlibras.

Joacy Alves dos Santos Júnior

José Nunes dos Santos Filho

ACESSO À INFORMAÇÃO

COMO SE COMUNICAR CONOSCO?

TELEFONE
88 3568-4534

Prefeitura Municipal de Jaguaribara

Av. Bezerra de Menezes, 350
Centro
CEP: 63490-000
Jaguaribara

コマンドラインの基本

dsa_control [-a ] [-b] [-c ] [-d] [-g ] [-s ] [-m] [-p ] [-r] [-R ] [-t ] [-u :] [-w :] [-x dsm_proxy://] [-y relay_proxy://] [--buildBaseline] [--scanForChanges] [Additional keyword:value data to send to manager during activation or heartbeat. ]

  • にはManagerの完全修飾ドメイン名 (オプションの使用方法について オプションの使用方法について FQDN)、IPv4アドレス、またはIPv6アドレスを入力します。
  • にはManagerの待機ポート番号を入力します。

必要に応じて、有効化中に送信する設定 (説明など) を、この引数に続けて指定することもできます。詳しくは、Agentからのハートビート有効化コマンド (「dsa_control -m」)を参照してください。パラメータはキー:値のペアとして入力する必要があります (セパレータにはコロンを使用します)。入力可能なキー:値のペアの数に制限はありませんが、キー:値のそれぞれのペアをスペースで区切る必要があります。キー:値のペアにスペースや特殊文字が含まれている場合は、キー:値のペアを引用符で囲む必要があります。

認証パスワードです。Deep Security Managerで以前に設定されている可能性があります。詳細については、Deep Security Managerを介してセルフプロテクションを設定するを参照してください。設定されている場合は、 dsa_control -a 、 dsa_control -x 、および dsa_control -y を除く dsa_controlコマンドすべてにパスワードを含める必要があります。

例: オプションの使用方法について オプションの使用方法について dsa_control -m -p MyPa$$w0rd

パスワードは、コマンドラインに直接入力した場合、画面上に表示されます。入力中のパスワードをアスタリスク (*) にして非表示にする場合は、対話形式のコマンド -p * を入力します。この場合、パスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

dsa_control -m -p *

Agentセルフプロテクションを有効にします (1: 有効、0: 無効)。セルフプロテクションにより、ローカルのエンドユーザはAgentに対してアンインストールや停止などの制御ができなくなります。詳細については、Agentセルフプロテクションの有効化または無効化を参照してください。この機能はWindows版でのみ使用できます。

セルフプロテクションはdsa_controlコマンドで有効化できますが、関連付けられた認証パスワードの設定にはDeep Security Managerを使用する必要があります。詳細については、Deep Security Managerを介してセルフプロテクションを設定するを参照してください。パスワードは、設定後は -p または --passwd= オプションを使用してコマンドラインに入力する必要があります。

プロキシが認証を要求する場合は、 -x オプションと組み合わせてプロキシのユーザ名とパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードは、コロン (:)で区切ります。例: # ./dsa_control オプションの使用方法について -x dsm_proxy:// -u : 。

ユーザ名とパスワードを削除するには、空の文字列( "")を入力します。例: # ./dsa_control -x dsm_proxy:// -u :"" 。

プロキシのユーザ名のみを変更せずにプロキシのパスワードのみをアップデートする場合は、 -x オプションの使用方法について なしで -u オプションを使用できます。例: # ./dsa_control -u : 。

注意: dsa_control -u の使用は、エージェントのローカル設定にのみ適用されます。このコマンドを実行した結果、マネージャ上でセキュリティポリシーが変更されません。

プロキシが認証を要求する場合は、 -y オプションと組み合わせてプロキシのユーザ名とパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードは、コロン (:)で区切ります。例: # ./dsa_control オプションの使用方法について -y relay_proxy:// -w : 。

ユーザ名とパスワードを削除するには、空の文字列( "")を入力します。例: # ./dsa_control -y relay_proxy:// -w :"" 。

プロキシのユーザ名のみを変更せずにプロキシのパスワードのみをアップデートする場合は、 -y オプションの使用方法について なしで -w オプションを使用できます。例: # ./dsa_control -w : 。

注意: dsa_control -w の使用は、エージェントのローカル設定にのみ適用されます。このコマンドを実行した結果、マネージャ上でセキュリティポリシーが変更されません。

Agentからのリモート有効化 (「dsa_control -a」)

Agentからのリモート有効化 (AIA) を有効にすると、ManagerとAgent間の通信の問題を防ぐことができます。また、インストールスクリプトと共に使用すると、Agentのインストールを簡略化できます。

    にはManagerの完全修飾ドメイン名 (FQDN)、IPv4アドレス、またはIPv6アドレスを入力します。

dsa_control -a dsm://dsm.example.com:4120/ hostname:www12 "description:Long Description With Spaces"

dsa_control -a dsm://fe80::ad4a:af37:17cf:8937:4120

Agentからのハートビート有効化コマンド (「dsa_control -m」)

externalid 値を設定します。この値を使用して、Agentを一意に識別できます。この値には、従来のSOAP WebサービスAPIを使用してアクセスできます。

スラッシュ (「/」) はグループの階層を示します。 group パラメータはグループの階層を読み取ったり、作成したりできます。
このパラメータは、メインの「コンピュータ」ルートブランチの下位にある標準のグループにコンピュータを追加する場合にのみ使用できます。ディレクトリ (Microsoft Active Directory)、VMware vCenter、またはクラウドプロバイダのアカウントに所属するグループにコンピュータを追加する場合には使用できません。

Agentからのリモート有効化をテナントとして使用する場合は、 tenantID と token の両方が必要です。 tenantID と token はインストールスクリプト生成ツールから取得できます。

セキュリティアップデートの実行をDeep Security Managerに指示します。

Deep Security Agent 12.0以降で UpdateComponent パラメータを使用する場合は、Deep Security Relayもバージョン12.0以降であることを確認してください。詳細を表示。

「ポリシーの送信」処理を実行するように Deep Security Managerに指示します。

Agentを有効化する

  1. Deep Security Managerの画面右上で、 [サポート情報]→[インストールスクリプト] の順にクリックします。
  2. プラットフォームを選択します。
  3. [インストール後にAgentを自動的に有効化] を選択します。
  4. インストールスクリプトで、 tenantID オプションの使用方法について と token の文字列を探します。

Windows

& $Env:ProgramFiles"\Trend Micro\Deep Security Agent\dsa_control" -a

C:\Windows\system32>"\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\dsa_control" -a

Linux

不正プログラム対策およびルールアップデート用にプロキシを設定する

Windows
    管理者権限でコマンドプロンプト (cmd.exe) を開きます。

cd C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security オプションの使用方法について オプションの使用方法について Agent\

dsa_control -w myUserName:MTPassw0rd

dsa_control -y relay_proxy://squid.example.com:443

Linux

/opt/ds_agent/dsa_control -w myUserName:MTPassw0rd

/opt/ds_agent/dsa_control -y オプションの使用方法について relay_proxy://squid.example.com:443

Managerへの接続用にプロキシを設定する

Windows
    管理者権限でコマンドプロンプト (cmd.exe) を開きます。

cd C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\

dsa_control -u myUserName:MTPassw0rd

dsa_control -x dsm_proxy://squid.example.com:443

Linux

/opt/ds_agent/dsa_control -u myUserName:MTPassw0rd

/opt/ds_agent/dsa_control -x オプションの使用方法について dsm_proxy://squid.example.com:443

Agentからのハートビート有効化コマンド

Windows

& "\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\dsa_control" -m

C:\Windows\system32>"\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\dsa_control" -m

Linux

不正プログラムの手動検索を開始する

Windows
    管理者権限でコマンドプロンプト (cmd.exe) を開きます。

cd C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\

dsa_control -m "AntiMalwareManualScan:true"

Linux

/opt/ds_agent/dsa_control -m "AntiMalwareManualScan:true"

診断パッケージを作成する

Deep Security Agentに関する問題のトラブルシューティングを行う必要がある場合に、コンピュータの診断パッケージを作成して送信するよう、サポート担当者から求められることがあります。詳細な手順については、保護されているコンピュータでCLIを使用してAgentの診断パッケージを作成するを参照してください。

Deep Security Agentコンピュータの診断パッケージは Deep Security Managerから作成できますが、AgentコンピュータがAgent/Applianceによって開始される通信を使用するよう設定されている場合は、Managerは必要なログの一部を収集できません。そのため、テクニカルサポートから診断パッケージを要求された場合は、該当するAgentコンピュータで直接コマンドを実行する必要があります。

Agentをリセットする

Windows

& "\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\dsa_control" -r

C:\Windows\system32>"\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent\dsa_control" -r

Linux

dsa_query

エージェント情報を表示するには、 dsa_query オプションの使用方法について コマンドを使用できます。

  • "GetHostInfo" : ハートビート中にManagerに返されるIDを照会します。
  • "GetAgentStatus" :どの保護モジュールが有効になっているかを検索します. 不正プログラム対策 および 変更監視 検索のステータス、その他のその他の情報を照会します。
  • "GetComponentInfo" : 不正プログラム対策のパターンおよびエンジンのバージョン情報を照会します。
  • "GetPluginVersion" : Agentと保護モジュールのバージョン情報を照会します。

例:
dsa_query -c "GetComponentInfo" -r "au" "AM*"

CPU使用率とRAM使用量を確認する

Windows

Linux

ds_agentプロセスまたはサービスが実行されていることを確認する

Windows

Linux

ps -ef|grep ds_agent

LinuxでAgentを再起動する

service ds_agent restart

systemctl restart ds_agent

一部の処理には -tenantname パラメータまたは -tenantid パラメータのいずれかが必要です。テナント名を使用すると実行エラーが発生する場合は、関連付けられたテナントIDを使用してコマンドを再度実行します。

Deep Security Manager

dsm_c -action actionname

コマンドのヘルプを表示するには、 -h オプションを使用します。 dsm_c -h

一部の処理には -tenantname パラメータまたは -tenantid パラメータのいずれかが必要です。テナント名を使用すると実行エラーが発生する場合は、関連付けられたテナントIDを使用してコマンドを再度実行します。

このコマンドの実行前に環境をバックアップしてください。この設定による影響を理解している場合を除いては、このコマンドは使用しないでください。誤った設定により、サービスが利用不可能となったり、データが読み取り不能となったりすることがあります。このコマンドを使用するのは通常、テクニカルサポートから依頼された場合のみです。この場合、どの設定の NAME を変更するか指示があります。通常の処理でこのコマンドの使用が必要となることもあります。その場合、設定方法はドキュメント内の該当セクション (masterkey など) に記載されています。

  • データベースのパスワード
  • Keystoreパスワード
  • 個人データ

新規インストール時にカスタムのマスターキーを設定した場合は、セットアップがすでにインストーラにより行われています。マスターキーの生成をスキップしていて、その設定を今行う必要がある場合は、手順1のコマンドから開始して、順番にすべてのコマンドを入力してください。

アップグレード時にマスターキーを設定した場合は、データベースとプロパティファイルをバックアップして、手順4のコマンドから開始してください。

dsm_c -action masterkey -subaction [generatekmskey -arn AWSARN | generatelocalkey] - Key Management System (KMS) キーのAmazon Resource Name (ARN) か、 LOCAL_KEY_SECRET ローカル環境変数を使用して、マスターキーを生成します。複数ノードのDeep Security Managerにローカル環境変数を使用する場合は、すべてのノードに対してユーザレベルではなくシステムレベルで、64文字以下で設定する必要があります。

マスターキーの設定時には、Deep Security Managerで権限が必要となります。また、KMSまたは LOCAL_KEY_SECRET とのネットワーク接続が安定している必要もあります。マスターキーの暗号化と復号化を行う際にこれらが必要となります。一時的に接続が切れた場合は、Deep Security Managerでは必要なデータの復号化ができなくなり、サービスが利用不可能になります。症状としては、再起動の失敗などのエラーに関するイベントログやアラートが断続的に途切れたりします。

dsm_c -action masterkey -subaction export -file FILEPATH - マスターキーをバックアップのために、パスワードで暗号化されたファイルにエクスポートします。パスワードが要求されます。

マスターキーを安全な場所にエクスポートしてバックアップします。バックアップがないと、マスターキーを紛失または破損した場合に暗号化データがすべて読み取り不能となります。その場合、Deep Security Manager、すべてのRelay、およびすべてのAgent /Appliances の再インストールが必要となります。マスターキーが盗まれた場合は、Deep Security環境のセキュリティが侵害されます。欧州の一般データ保護規則 (GDPR) などのコンプライアンス規則により、個人データの漏えいから72時間以内に監督機関に通知する義務が生じたり、コンプライアンスに準拠していない場合に罰金が科せられたりする場合があります。詳しくは、弁護士に相談してください。

dsm_c -action masterkey -subaction [importkmskey -file FILEPATH -arn AWSARN | importlocalkey -file FILEPATH] - バックアップしたマスターキーをインポートします。このコマンドは、マスターキーが破損した場合に障害復旧を行う場合や、マスターキーを他のKMSに移行する場合に役立ちます。このコマンドの実行前に、プライマリテナント (T0) のデータベースから既存のマスターキーを削除する必要があります。

delete from systemsettings オプションの使用方法について where uniquekey = 'settings.configuration.keyEncryptingKey'

dsm_c -action masterkey -subaction encrypttenantkey -tenantid [all | TENANTNUM] - マルチテナント環境が構築されている場合に、マスターキーを使用して既存のテナントキーシードを暗号化します。テナントキーシードは、次の手順で使用するサブキーを生成するために必要となります。シードがすでに暗号化されていたとしても、何重にも暗号化されることはないため、複数回実行しても安全です。

dsm_c -action changesetting -name settings.configuration.encryptTenantKeyForNewTenants -value true

dsm_c -action upgradetasks [-listtasksets] [-listtasks オプションの使用方法について -taskset UPGRADE_TASK_SET [-force]] [-tenantlist] [-tenantsummary] [-run -taskset UPGRADE_TASK_SET [-force] [-filter REGULAR_EXPRESSION]] [-showrollbackinfo -task TASKNAME] [-purgehistory [-task TASKNAME]] [-showhistory [-task TASKNAME]] [-tenantname TENANTNAME | -tenantid TENANTID]

オプションの使用方法について


ご提供開始時には、ESET Management エージェント の ESET オプションの使用方法について Security Management Center への接続間隔は「20分」に設定されています。
安定稼動・負荷軽減のため、接続間隔を20分より短くすることはご遠慮いただいております。
既定値のまま運用していただくか、20分以上に設定していただきますようお願いします。

Android端末の管理をおこなう場合、 ESET Security Management Center の管理画面のコンピューター一覧に、管理対象の端末として、以下のコンピューター名で ESET Security Management Center Server が表示されます。

ip-172-31-xxx-xxx.ap-northeast-1.computer.internal

3)「管理の停止」タスクや「ソフトウェアアンインストール」タスクによる ESET Security Management Center Server の ESET Management エージェント のアンインストール

ESET Management エージェント の ESET Security Management Center への接続間隔は「20分」に設定されており、変更することはできません。
そのため、クライアントの情報収集や ESET Security Management Cente r からの各種設定変更に時間がかかる場合があります。

ヒント

  • クラウド対応オプションでご提供している ESET Security Management Center では、iOS端末の管理はできません。
  • ※ 2020年10月25日以前にご契約いただいたお客さまで iOS端末を管理したい場合、iOS 12 以下の端末のみ管理可能です。
  • クラウド対応オプション Lite でご提供している ESET Security Management Center では、Android端末 / iOS端末の管理はできません。

プログラム ESET Security Management Center プラットフォーム(OS) Windows, Windows Server, Mac, Android, Linux Desktop, Linux Server, iOS

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる