攻略方法を紹介

ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント

ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント
▼経済指標カレンダーの例▼ 出典:Money Partners

仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズ分析の情報入手のポイント

仮想通貨の基礎

仮想通貨(暗号資産)ファンダメンタルズ分析 を行う際に、どのような情報が重要になるかを解説します。

タクミ

みお

仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、 「世界の政府の発言・政策、金利政策をはじめとする経済の動向や経済指標、各仮想通貨の暗号資産取引所上場情報・開発情報・企業提携情報を分析すること」 です。

それを元にして仮想通貨のチャートの今後の動きを予想することができるので、ファンダメンタルズ分析の重要性は高いと言えます。できる限り早く情報を入手することも大切だと言えるでしょう。

※ファンダメンタルズの情報を略して「ファンダ」と呼ぶ投資家も多いです。「ファンダ上げ」といったら、ファンダメンタルズ情報によりチャートの価格が上昇したという意味です。

ファンダメンタルズ分析を行うメリット

ファンダメンタルズ分析のメリットは以下のようなところにあります。

  • 経済指標発表などのスケジュールを頭に入れておくことで、事前にリスクやチャンスに対して備えることができる。大きな値動きが生じそうなタイミングを予想できることになります。場合によっては一旦仮想通貨を売却してリスクオフすることになります。ファンダメンタルイベントのスケージュールが入ったファンダメンタルカレンダーを用意する人もいます。
  • 入手したファンダメンタルズの情報を元にして仮想通貨(暗号資産)の今後の価格の予想をすることができる。
  • 仮想通貨の各々の銘柄の開発情報などを得ることで、その銘柄の有望性を知り、多くの取引所に上場する前に先行して投資することで大きなチャンスを獲得できる

ファンダメンタルズ分析のデメリット

  • デマ情報に惑わされてしまう可能性がある。
  • 情報に期待し過ぎてしまって、冷静さを失うことがある。情報を先に入手した機関投資家を中心として、既にその情報が価格に織り込まれていて、期待したほど上昇しなかったり、反対に急落するリスクがある。
  • 良いファンダ情報が出た時に思い切って大きな投資をし過ぎてしまったが、既にかなり高値圏に入ってしまっていて反落することがある。

みお

タクミ

仮想通貨のファンダメンタルズ分析で重要な情報

政府の規制に関する情報

政府が規制を入れて、仮想通貨取引の自由度が低くなるようなファンダメンタルズの情報がニュースなどで報道されると価格が下落する傾向があります。

国家情勢に関わる情報

国家情勢は全ての種類の仮想通貨銘柄にとって重要なファンダメンタルズ情報となるのです。

金利の情報

取引所への上場の情報

仮想通貨(暗号資産)ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント に特有のファンダメンタルズ情報として、対象銘柄の取引所への上場の情報も非常に重要です。世界的でも取引高が大きいBINANCE(バイナンス)やCoinbase(コインベース)への上場が決まった場合には、「ファンダ上げ」が起こり、つまり、一気に価格が暴騰することもあるのです。

企業との提携の情報

The Sandboxは、プレイヤーが仮想体験をプレイ、構築、所有、および収益化できる仮想メタバースです。ゲーム内でキャラクターやアイテムに価値を持たせて売買することが可能です。今回はThe Sandboxの特徴や将来の展開や価格の予想について解説していきます。リアルタイムのチャートも表示しています。

開発状況や今後のプランに関する情報

開発情報の入手先としては、各仮想通貨の公式HPが最も詳しいことも多いので、おすすめです

バーン(Burn)の情報

バーン(Burn)とは、その仮想通貨の一定数量を流通市場から排除することで、その仮想通貨を未来永劫取り出せないウォレットに送ってしまうことです。焼却して存在をなくしてしまうという意味合いから、「バーン」と呼ばれています。

ただし、情報獲得が遅くて、既に高騰したところで買ってしまうと、その後に価格調整で反落することがあるので、仮想通貨取引の初心者の方は特に 高値掴みに 注意しましょう。

エアドロップの情報

エアドロップとは、無償で仮想通貨がもらえるキャンペーンイベントのようなもののことをいいます。

特定の仮想通貨銘柄を特定の時点で保有していると、その保有者に対して新しく開発されたトークンが配布されるということです。ちなみに、その時点のことを「スナップショット時点」と呼びます。

その仮想通貨の銘柄に関する特有のファンダメンタルズ情報

仮想通貨(ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント 暗号資産)のファンダメンタルズ情報の入手先

ここでは、仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズの情報をどこで入手できるのかを説明したいと思います。調べ方がわからないと困ってしまいますからね。

タクミ

仮想通貨の発行者・開発者の情報

政府や金融庁

暗号資産取引所の発信情報

ニュースサイト

仮想通貨のニュース等を取り扱う情報サイトで最新情報などを入手する人もいます。ニュースサイトなどの情報源を使うと、内容がまとめられているので時間がかからないこと、原文が英語等の外国語であっても日本語に翻訳されていることなどのメリットがあります。

TwitterやYouTubeなど

SNSのTwitterでは、各々の仮想通貨の開発会社の公式アカウントや、有名な仮想通貨情報発信者のアカウントもあります。そういった信用性の高い情報は有用です。Twitterのメリットとしては、情報の拡散速度が速いので、確かに仮想通貨の最新情報を仕入れるのに優れているということです。

YouTubeでは、動画で説明してくれるので、視覚も使えるため、理解しやすいというメリットがあります。気になる最新情報を聞いた場合にもっと詳しく知りたいのであれば、ユーチューバーが詳しく解説してくれる動画を見ても良いでしょう。

ネム(XEM/JPY)のデイトレード戦略【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

XEM JPY2


ただし、利確と損切りに関してはアリゲーターのサインではなくトレンドラインを明確に割り込んだタイミングとします。理由としてはイグジットサインであるアリゲーターラインの並びが崩れた時にすると、少し利益をこぼしてしまうからです。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説 - 2022年6月10日
  • 2022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】 - 2022年6月10日
  • エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説 - 2022年6月9日
  • Coincheck ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは? - 2022年6月9日
  • 2022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】 - 2022年6月9日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

FXのファンダメンタルズ分析とは?やり方や情報源サイト、テクニカル分析との違い

fxのファンダメンタルズ分析とは?テクニカル分析との違いや分析方法

経済指標カレンダー

▼経済指標カレンダーの例▼ 出典:Money Partners

たとえば、上記画像であれば「景気指数」が高いほど景気が良いと読み取ることができます。
逆に景気指数が低くなっていると、景気が悪くなっている可能性があると考えられるというわけです。

「どの指標に注目すればいいかわからない」という方は、経済指標カレンダーに記載されている【重要度】という項目で重要度が高いものを確認するといいでしょう。

金融政策によるファンダメンタルズ分析方法

金融政策には、景気が悪くなったときに行われる「金融緩和」と、景気が良くなりすぎたときに行う「金融引き締め」の2種類があります。

【金融緩和の例】

  • 政策金利の利下げ
    →政策金利を下げることで景気を刺激し、物価の上昇を促す
  • 量的緩和
    →国債などを中央銀行が購入し、市場にお金が出回りやすい状態にする

【金融引き締めの例】

  • 政策金利の利上げ
    →金利を上げることで出回るお金の量が抑えられ、景気の加熱を防ぐ
  • 量的緩和縮小
    →中央銀行が購入している資産の額を減らして、市場の金利引き上げを図る

たとえば、金融緩和を行っているなら「現在は景気が悪いが、金融政策で景気が回復する可能性がある」と予想できるというわけです。

要人発言によるファンダメンタルズ分析方法

  • 物価が高いという内容の発言
    →今後、金利を上げる施策を実施する可能性がある
  • 経済状況に対して強気の発言
    →現在の景気が良い可能性がある
  • 物価が低いという内容の発言
    →今後、金利を下げる施策を実施する可能性がある
  • 経済状況に対して弱気の発言
    →現在の景気が悪い可能性がある

「物価が高い・経済について強気」といった発言であれば、相場の上昇の要因となる可能性が高いとされています。

一方で、「物価が低い・経済について弱気」といった内容なら、相場の下落に繋がる恐れがあります

地政学的リスクによるファンダメンタルズ分析方法

紛争や諸国間でのトラブルが起きている国では、相場が大きく上下するとされています。
そのため、紛争などが起きている国の通貨の売買は避けたほうがいいでしょう。

また、紛争が起きている国だけでなく、その国と関係を持っている国の通貨も動く可能性が高いといわれているため注意してください。

地政学的リスクを抱える可能性がある国のFX通貨を保有している場合、「有事のドル買い ※ 」と呼ばれるように米ドルを合わせて買う投資家もいるようです。
※戦争・テロなどの有事の際に、リスク回避のために安定性のある米ドルが買われることです。

FXでのファンダメンタルズ分析の3つの注意点

注意①:短期的なトレードに向いていない

ファンダメンタルズ分析は、次のような短期的なトレードには不向きな手法といえます。

1ヶ月に1度や4半期に1度のペースで発表されるため、中期〜長期的なトレードに適した手法というわけです。

注意②:為替相場に影響しない場合もある

ファンダメンタルズ分析による判断材料は、すべてが相場に影響を与えるとは限りません
経済指標の変化や要人発言があっても、相場が大きく動かない場合もあるそうです。

相場が動くファンダメンタルズを見極めるためには、過去のデータを見て「何が起きたタイミングで相場が動いたのか」を分析することも大切といわれています。

注意③:都合のいい情報のみを集めない

ファンダメンタルズ分析で情報収集を行う際は、あなたに都合の良い情報だけを集めないように注意しましょう。

希望的観測を織り交ぜずに、客観的に情報を集めて分析することが大切です。

FXのファンダメンタルズ分析は、経済指標・金融政策・要人発言から今後の相場の動きを予測する分析手法のことです。

経済状況などから相場の動きを予測することで、急な変動によるリスクを減らして、それを利益につなげられる可能性もあります

30代OLのリッチな憧れ

都内に住むアラサー女子。余裕あるリッチな暮らしを目指し、お金と投資について勉強中。資産運用や日々のお得情報を発信。FP資格受験勉強中。

お金の勉強。【企業分析】財務三表(BS, PL, CF)を簡単に読もう

そこで今回は財務三表の見方について勉強したいと思います。

f:id:castella_ya:20200305105735j:image

財務三表の絶対に押さえておきたいポイント

財務三表は、3つの重要な財務諸表(ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント BS, PL, CF)のことを指します。

①貸借対照表(B/S)

B/Sとは、企業の財務状態(資産内容)を表すもの。

f:id:castella_ya:20200305112346j:image

図の左側にはお金の使われ方が書いてあり、2つに分類される。

資産とは、お金の使われ方を表すものであり、 財産を表す ものでもあるということです。

負債(他人資本)ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント

図の右上の負債はお金の集め方の1つ目。他人資本とも呼ぶ。

負債は、他人から集めたお金で、 返す(支払う)必要のあるお金 のこと。

純資産(自己資本)

図の右下の純資産もお金の集め方の1つ目。自己資本とも呼ぶ。

純資産は、自分たちで集めたお金で、 返す(支払う)必要のないお金 のこと。

B/Sの事例

f:id:castella_ya:20200307174123j:image

自己資本比率 (総資本のうち自己資本の割合) も大事な指標。40%以上あると健全と言われることが多いので、83.4%の任天堂はかなり理想的で安全な会社とわかる。

②損益計算書(P/L)

P/Lとは、企業の成績表。企業の体質を表すもの。

主な記載法は次の通り。( )の+ - =の順番で上から各利益が計算されていく流れ。

(+) 売上高

(-) 売上原価

(=) ①売上総利益 ← 粗利

(-) 販管費 ← 販売費、人件費、広告費等

(=) ②営業利益 ← 本業から得られた利益

(-) 営業外費用 ← 財務関連費用

(=) ③経常利益 ← けいつねとも呼ぶ。本業以外の財務活動(株の売買など)から得られた利益

(+) 特別利益 ← 売却益等

(-) 特別損失 ← 災害による損失等

(=) ④税金等調整前利益

(-) 税金

(=) ⑤当期純利益 ← 最終利益

P/Lの事例

f:id:castella_ya:20200307174104j:image

当期純利益率 (全体の売上に占める最終利益の割合)も大事な指標。2019/3で16.2%と、過去より高くなってきている。この数字が高ければ高いほど、株主への配当金も高いかも。

③CF計算書

CF計算書とは

CF計算書とは、1年間の現金の流れを表すもの。

BSやPLは各項目に対してその企業の見解が反映された企業の”意見”ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント であり、CF計算書は現金の流れなので嘘のつけない”事実”であると言われている。 分析をする際にはCFまで確認することが重要。

【株初心者向け】ファンダメンタルズとテクニカル分析の違いとメリット、デメリット(各指標の目安あり)

株・投資の勉強

株初心者

ぽちゃ

株式投資では投資判断のための銘柄分析手法として「ファンダメンタルズ分析」「テクニカル分析」という大き2つの異なるアプローチがあります。

どちらか一方が優れているということではなく、それぞれアプローチ方法が異なり、確認できる内容が違います

ここでは、投資初心者向けに銘柄分析の基本となる「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の概要とそれぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

各指標のおおよその目安となる数値についても記載しています。

ファンダメンタルズ分析とは

PCで分析している画像

ファンダメンタルズ分析とは「 ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント 企業の業績や財務状況を分析して企業価値を判断し、株の売買判断をする方法 」です。

株価は企業の業績に中長期的には連動する(企業業績が上がれば株価も上がる)と考え、主に財務諸表を分析し現在の株価が妥当な金額なのか判断します。割安と判断すれば買いに動きます。

特に長期投資においては銘柄分析のコアとなる部分です。

業績:会社が儲かっているか、成長しているかを確認

売上

PSR: 株価売上倍率(Price Sales Ratio )の略。

PSR = 株価 ÷ 1株あたりの売上

営業利益

EPS: 1株あたり利益(Earnings Per Share)の略。

EPS = 利益 ÷ 発行株数

PER:株価収益率(Price Earnings Ratio)の略

PER = 株価 ÷ EPS(一株あたりの利益)

差別化ポイント

その企業の強み、他社が簡単にまねできないポイントがなにかを探ります。

特に長期投資をする際は重要な点で、投資の神様ウォーレン・バフェットも差別化ポイント=経済的な堀の重要性を何度も説いています。

財務、キャッシュフロー:経営が安定しているか

自己資本比率

純資産のうちの自己資本の比率を確認します。

通常自己資本率が40%以上なら安全と考えます。

自己資本利益率

ROE:自己資本利益率(Return on Equityの略)

【 ROE = 利益 ÷ 純資産 】

通常ROEが10%以上であれば効率的な経営がなされているとされます。

株価純資産倍率

PBR: 株価純資産倍率 (Price Book-Value Ratioの略)

【 PBR = 株価 ÷ 1株あたりの純資産 】

PBRがいくらであれば割高かは判一概には言えませんが、1以下であれば割安と考えます。

PBRとは? 【初心者向け解説】PBRの考え方と平均値PBRとは Price to Book Ratio の略語です。日本語で「 株価純資産倍率 ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント 」です。Price=株価とBook=純資産のRatio=比率との意味です。純.

流動比率

流動資産を流動負債で割って算出

流動資産とは1年以内に現金化できる資産。流動負債は1年以内に返さないといけない借金です。流動比率をみることで1年以内に返済する必要がある借金を返す余裕が有るか確認できます。

150%以上が理想。
100%をきってくると基本的にはお金が回りません。

有利子負債依存度

資金調達を借金に頼りすぎていないかを確認する。

50%以上なら危険です。

営業キャッシュフロー

本業の利益でお金がちゃんと回っているか確認します。

決算とコンセンサス予想

ファンダメンタルズ分析では株価は業績に連動すると考えますが、業績が伸びる中で市場の予想を上回っていくことが重要です。

決算でコンセンサス予想を上回ることができるか、個別株への投資の際は毎四半期の決算に注意が必要です。

ファンダメンタルズ分析のメリット

ファンダメンタルズ分析のデメリット

テクニカル分析とは

スマホで株価を確認する人の画像

テクニカル分析とは 「 これまでの値動き、チャートを研究することでトレンド(これから値上がり基調か値下がり基調か)やパターンを把握し今後の株価を予測する」 ものです。

株式相場は同じようなパターンを繰り返したり、特定のパターンが出たあとは特定の動きをすることがあります。こういった値動きをチャートを追いながら見極めます

テクニカル分析に関しては、当たる確率の高い行動の回数を重ねることが重要になります。

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の株価の終値の平均株価を線でつないだものです。

上昇トレンドの際は移動平均線まで株価が落ちてきた際が買いサインと捉えます。

ここでは投資初心者向けに移動平均線について解説をします。株式投資において、「 何を 」買うかも大事ですが、「 いつ 」売買するかも同じくらい重要です。移動平均線を理解することで、売買タイミングのヒントを見つけることができま.

ゴールデンクロス / デッドクロス

短期と長期の移動平均線を引いた時に、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜ける(クロスする)ことをゴールデンクロスといいます。買いシグナルです。


逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へ交差した場合は、デッドクロスと呼び、相場が下降トレンドに入ったことを示します。

カップ・ウィズ・ハンドル

ここでは株式投資に使えるカップ ウィズ ハンドルというチャートパターンについて解説します。カップウィズハンドルとはカップ ウィズ ハンドルとは、株価のチャートパターンの一種です。カップウィズハンドルのチャートが.

株の中には一定の値幅で上昇、下落を繰り返す銘柄があります。
箱の中で株価が動いているようなのでボックスと呼ばれています。

この特性を利用し、下値で買って上値で売るを繰り返すことで利益を上げることができます。

テクニカル分析のメリット

  • 投資家心理の予測に役立つ
  • 株価の動きを視覚的に理解できる
  • 経済や銘柄に関する深い知識がなくても取引ができる
  • 分析力を向上させて精密に分析することで、予測精度が高まる

テクニカル分析のデメリット

  • 指標が多くてどれを使えばいいか迷う
  • 短期トレードになることが多く、値動きに振り回される(値動き以外によりどころがない)
  • サインを見極めるのは簡単でない
  • 売買回数が多いので手数料に注意が必要
  • そもそも触ってはいけない銘柄も

PCの前で笑顔の女性の画像

ファンダメンタルズ分析
・中長期投資向け
・企業の業績、財務を確認し現在の株価の妥当性を判断
・企業分析の精度が上がれば、儲けやすい
・ただし株価が業績が必ずしも連動するとは限らない

テクニカル分析
・短期投資向け
・チャートでトレンドや値動きのパターンを研究して将来の株価を予測
・チャート分析の精度が上がれば、儲けやすい
・ただし売買頻度が高く値動きに一喜一憂すると精神的に辛い

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる