FX入門

日経平均CFDってなに

日経平均CFDってなに
CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、指数先物の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは建玉金額の10%、株式CFDは建玉金額の20%に相当する額です。
取引価格は、原資産の価格を参照し当社が提示します。売値と買値に価格差があり相場急変時等に拡げる場合があります。取引手数料は無料です。
その他、金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。
・取引通貨が米ドルの為替レートはインターバンクの為替レートをふまえて当社が決定します。
・当社のCFD取引は店頭取引のため、取引価格等が他社や取引所と異なる場合があります。
・設定されたロスカットレートに達した場合、ロスカットルールによりポジションが強制決済されます。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、十分な余裕資金をもった取引であることなど当社からのお客様への確認事項を満たしたうえで取引いただくようご留意ください。また、「リスク・取引手数料相当額等」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

CFDってなに?

これまでFXを中心にトレードしてきたくり子さんとカブオ君。最近、FX以外の投資対象にも興味を持つようになりました。
株式や投資信託、債券、コモディティなど、さまざまな投資対象がありますが、二人は、次は株式取引にチャレンジすることに。聞くところによると、自分が今、FXのトレードを行っているくりっく365を上場している東京金融取引所では、株価指数を対象にしたCFD、「くりっく株365」の取り扱いがスタートするとのこと。
それなら、まずはCFDから始めてみよう。二人はそう考え、CFDの研究を始めることにしました。
しかし、調べていくうちに、FXとCFDにはさまざまな違いがあることに気づいてきました。それは一体何なのか。二人は、CFDに詳しいと言われているミスター・ワタナベのもとを訪ね、さまざまな質問を開始しました。

「これまでFX中心に投資をしてきたんだけど、随分といろんな知識が付いてきたわ。金融経済にも詳しくなったしね。投資先が為替だけという 集中投資からステップアップしてこれからは分散投資が必要よね。まずは、株式投資でも始めてみようかな。」 「でも、株式投資とFXでは、結構、勝手が違いますよね。株式投資の場合、会社の業績や財務諸表などの分析が必要になるし、何よりもあれだけたくさんの銘柄の中からお宝を発掘するのって、結構、大変じゃないかと思うんですが。」 「そう。そこが悩みなの。何を買ったらいいのか、さっぱり見当が付かないのよ。」 「銘柄分析が難しいのであれば、株価指数に投資するという手もありますよ。」 「株価指数?」 「株価指数とは、たくさんの銘柄が上場されている株式市場の全体の値動きを表すために用いられるものです。日本で代表的な株価指数は日経平均株価で、株式市場が開いている日は必ず、ニュースなどで報道されているから、投資をやったことがない人でも聞いたことあると思いますよ。日経平均株価なら、日々、相場の状況が把握しやすいし、簡単に言ってしまえば、日本の国が、今後景気が良くなるか、悪くなるかを示す指標みたいなものですよ。」 「株価指数か・・・・・・。でも、どうやって投資すればいいの?」 「えっと、確か株価指数先物取引というのがあるみたいだけど、ある程度、資金も必要みたいだし、先物取引ということは必ず取引期限があるんですよね。」 「だからこそCFDがあるんだよ。」 「CFD?」 「くり子さんは確か、「くりっく365」でFXをやっているんだろ。今年の11月22日から、「くりっく365」を上場している東京金融取引所が「くりっく株365」というCFDの上場を開始するんだ。これなら、FXと同じようなプラットフォームを使って、日経平均株価などの世界の主要な株価指数を対象とした投資ができるし、仕組みも似ているから、FX派のくり子さんでも、そんなに迷うことなくCFDに投資ができるってわけ。」 「えっと、確か株価指数先物取引というのがあるみたいだけど、ある程度、資金も必要みたいだし、先物取引ということは必ず取引期限があるんですよね。」 「FXとCFDって似ているんですか?」 「CFDというのは「差金決済取引」、すなわちContract For Differenceの略なんだが、FXも幅広い意味で、CFDの仲間と言っても良い。」 「確かに、FXも証拠金を預けて通貨を売買するけれども、現物の受け渡しはしないのが一般的ですね。」 「そう。FXもまさに差金決済取引なんだよ。「くりっく株365」の場合、FXと同じ差金決済取引の仕組みを使って、日経平均株価をはじめとして、ドイツやイギリス、台湾、中国の代表的な株価指数を対象とした売買ができる。」 「それは便利。FXと仕組みが似ているとなれば、それほど苦労せずに株価指数を対象にしたCFDにも投資できそうですね。」 「FXと違う点もいくつかあるのだが、それは追って説明していこう。ただ、ひとつ言えるのは、CFDが登場したことによって、個人でも手軽に株価指数に投資できるようになったということだね。すでに株価指数先物取引やインデックスファンドを利用することで株価指数に投資することもできたけど、CFDなら、それらに比べて取引の自由度も高いというメリットがあるんだ。日本で初めて公的な取引所が上場する取引所CFD「くりっく株365」の商品性を中心に解説していこう。」

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。 日経平均CFDってなに

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる