FXのメリット

仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは

仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは
すべてのキャンドルスティックは、緑と赤の2色があります。(ほとんどのサービスでは、カスタマイズされた色を使用することができます)。

CRYPTO BULLS 日本語 意味 - 日本語訳

The joint venture between the two firms will ensure Crypto Bulls Exchange functions properly and delivers the expected results.

Conclusion 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは The first cryptocurrency exchange in Dubai- Crypto Bulls Exchange- will have a major impact

Crypto bulls believe blockchain technology- a public immutable ledger that can be edited by multiple permissioned parties- has the potential to remake society by offering the promise

The announcement by Red Bull Aston Martin that they have a crypto sponsor will definitely shake the industry to the core.

lot fewer people following Bitcoin and the crypto market today than there were in 2017 during the bull run.

As 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは markets appear to be coming off the bottom crypto traders analysts holders and investors start looking towards the 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは next big bull run and it could be a monster.

the best bitcoin fork so far and that this new currency would probably beat Monero as the currency of the Darknet.

As the Crypto market bull gathers pace the most obvious desire for most Crypto fans and the general public is to buy Cryptocurrencies.

As the Crypto market bull gathers pace the most obvious desire for most Crypto fans and the general public is to buy Cryptocurrencies.

Kieran Kelly an 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは XRP evangelist and Crypto trader is investigating the factors that are derailing the Ripple bull run.

One thing that can be seen in the entire crypto market is the fact that BTC bulls are trying to regain a new control.

it would continue on 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは its upward spiral ahead of the much-anticipated bull run that Crypto markets experts have been forecasting.

Further Bitcoin Communities and Crypto forums have been flooded with articles speculating that BTC has already hit the bottom and the next likely scenario is that of a bull cycle.

In 2018 alone the Crypto market has 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは been on a prolonged bear run with few signs that a break out to a bull run is around the corner.

general trend in the wider market where Crypto prizes are set to recover as a bull trend is about to break out.

Crypto markets remain flat for a second day as the bulls fail to grapple control off the bears which have

security has been a major concern to many Crypto 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは buyers and the event could only reignite the long-held security fears and stall the market bulls.

the week seems to be headed for a major upswing as the weekly bull cycle gathers momentum due to events in and outside the Crypto economy.

If you have been trading crypto for a while now you must remember how dramatically the Bitcoin network fee increased at the time of the BTC bull run.

An analysis of the impact of the law shows that there is no cap on Crypto life insurance policies hence the current bull market could prompt a rush for Cryptos

The best crypto traders can trade both bull and bear and furthermore both trending and choppy markets.

Another Bitcoin bull is Julian Hosp president and co-founder of crypto wallet startup TenX who has a target

Ripple(XRP) has entered a bull run after breaking out of the $0.39 level of resistance to trade at about $0.43 as at the evening of Wednesday(May 15) on selected Crypto exchanges.

Saying that things like last weeks bull run are keeping people enthused in the crypto space and if we see more action like it then

英語 - 日本語

日本語 - 英語

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more or withdraw your consent to all or some of the cookies, please refer to the cookie policy .
By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは the use of cookies.

Opt-Out of the sale of personal information
We won't sell your personal information to inform the ads you see. You may still see interest-based ads if your information is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

仮想通貨市場の『クジラ』が数千億円規模のビットコインを買い注文か

取引ブロック内で発見された巨額マネー 米サンフランシスコにある通称:クリプトキャッスルの住人「Gardner」氏は、OTC取引におけるビットコインのブロックにて、 数十億ドル(数千億円)規模 にも及ぶ巨額の取引ブロックを発見。そのことをTwitterで報告したことで、ブル相場を誘発した可能性があります。

ブロックチェーンストラテジストの「Jeremy Gardner」氏(以下、Gardner氏)は、数十億ドル(数千億円)規模にも及ぶ取引が複数のブロックに存在しているとツイートし、ビットコインの ”ブル相場” を誘発したと非難されました。

数十億ドル規模の取引ブロックを発見

アメリカの若きビットコイン長者が集まる ”クリプトキャッスル” の住人「Gardner」氏は、BTCにおけるブル相場のきっかけを作り出してしまった可能性があります。

over the counterの略。

「Blockchain 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは Education Network」の創業者でもある彼は、 店頭販売(以下、OTC)市場で、数十億ドル(数千億円)規模の需要があることを単一のビットコインブロック内で発見しました。

仮想通貨市場の 『クジラ』 が行なったと思われる巨額の取引を告げる、この”予期せぬ”強気なコメントは、365回リツイートされ、931回のいいねが押され、85ものコメントが寄せられました。

ビットコイン市場の値動き

インフレを抑える仕組みとして、発行上限の定められたBTCは 「210,000ブロック」 ごとに半減期を迎え、マイニング報酬が半減しますが、現時点ですでに約80%ものビットコインがマイニングされ、約168億BTCが市場に出回っています。

いくつかの指標を見ると、2018年1月に起きたコインチェックのハッキング事件などが懸念されていることで、 仮想通貨商品における”OTC取引”の需要が伸びてきている ことを表しています。

Gardner氏による ”数十億ドル(数千億円)規模のブロック” の発見によって、一般投資家はもちろん、仮想通貨の価値が何百万ドルにもなると予想する「John McAfee」氏のような、ビットコイン愛好家の間で、この先もさまざまな憶測が飛び交うことになるでしょう。

Analyst: Whales Are Asking For Multi-Billion Dollars Worth of Bitcoin

Apr 3, 2018 by RICARDO ESTEVES

参考記事はこちらから

トレードで最も重要な8つのパターン

candlestick patternsローソク足とは?

キャンドルスティックパターンの読み方

candlesticks

すべてのキャンドルスティックは、緑と赤の2色があります。(ほとんどのサービスでは、カスタマイズされた色を使用することができます)。

赤色のローソク足

緑色のローソク足

手数料0

ローソク足について知っておくべき重要なこと

強気パターン

ハンマー

the hammer

反転ハンマー

the inverted hammer

ブリッシュ・エンガルフィング

The Bullish Engulfing

ピアーシングパターン

The piercing line

モーニングスター

the morning star

弱気パターン

ハンギングマン

the hanging man

このパターンは、ハンマーの弱気の代替と考えられています。一般的には上昇トレンドの終わりに、長い下ウィックと小さなボディで作成され、赤または緑にすることができます。このパターンは上昇トレンドが弱まっていることを示しており、トレーダーはそれを売りシグナルとみなされています。シューティングスター

the shooting star

ベアリッシュエンガルフィング

The Bearish Engulfing

結論

仮想通貨の専門用語まとめ!

株式・債券などの先物市場ではお馴染みの投資方法ですが、機関投資家などが市場間などで発生する同一銘柄の価格差を利用して収益を上げようとする投資手法で「サヤ取り」ともいわれています。
機関投資家などの大量の資金を有する投資家が、低リスクで稼げることからアービトラージを悪いことのように言う人もいますが、価格差とは市場の「歪み」であり、アービトラージによって市場は公正化し透明化するという考え方のほうが大勢を占めています。
仮想通貨では、多くの取引所が乱立することで大きな価格差(歪み)が発生しており、少額投資の個人投資家でもアービトラージのチャンスがあります。

ICO(アイシーオー)

ICOとは、initial coin offeringのこと。日本語では新規仮想通貨公開となり、株式IPO(新規株式公開)に似ていますが、中身は全く非なるものとなります。 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは
プロジェクトの目的や技術の説明、ビジョンやロードマップ、チームメンバーなどを記載したICOプロジェクトのサイトを公開することで、世界中にオンライン上からこのプロジェクトのための資金調達ができます。独自トークンのプレセールやクラウドセールスとして募集するという新たな資金調達法として注目を集めています。

IYRK(アイワイアールケー)

アルトコイン

アルトコインとは、ビットコイン以外のすべての仮想通貨の総称のことで、イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどはすべてアルトコインとなります。
もともとはalternative coinの略称で、ビットコインの代替通貨という意味です。

ECR20

通常、仮想通貨を発行するには、トークンやウォレットのインフラ開発から始めねばならず、資金や時間がかかるため仮想通貨の発行を敷居の高いものにしていました。
ECR20とは、イーサリアムと同じ技術を使い、新しくトークンを発行する際に用いる技術・仕様のことでありプラットフォームのことです。
ECR20を利用しオリジナルのアイデアを加えることで新しいトークンを作り出せるだけでなく、ERC20のシステムを使ったトークンはウォレットを利用できるため、時間やコストをかけずともトークンの発行ができるようになりました。

板(売り板・買い板)(板が薄い/厚い)

板とは、取引所における買いと売りの注文状況(気配値)のことで、板を見ることでどの価格帯にどのくらいの枚数(注文)が入っているのかを知ることができます。
取引所で表示される板情報では左側が売り板、右側が買い板となります。売りに多くの注文が入っている場合には「売り板が厚い」と言い、売りが多いので価格が上昇しづらいということが予想できます。
逆に、売り注文が少ない場合には「売り板が薄い」といい、売りが少ない上昇しやすい可能性も考えられます。

ウォレット

保有している仮想通貨を保有しておくための「箱(財布)」の役割を果たすものです。
証券会社の場合には、株を購入すると株券は証券会社に預けるか自宅などで保存しますが、デジタルマネーである仮想通貨には現物がありませんので、ウォレットで管理することが重要です。
ウォレットにはインターネット上で送受金できるオンライン型や、パソコンにソフトウェアをダウンロードして利用するローカルウォレット、完全にネット環境から切り離して利用するオフラインウォレットがあり、利用目的やセキュリティ度により使い分けると便利です。

ガス(イーサリアムの手数料)

イーサリアムを取引所ではなく自分のウォレットやDEX(分散型取引所)から移動する場合にガス(gas)を設定する必要がありますが、このガスとはイーサリアムの手数料のことです。 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは
ビットコインの場合には、トランザクションを処理するためにマイナー(マイニングをする人)にビットコイン(BTC)で報酬が支払われますが、イーサリアム(ETH)の場合はイーサリアムのマイナーに支払われるのがガス(gas)です。
通常の取引所ではETHで手数料処理が行われますので、ガスを見かけることはありません。

草コインは、もともとの意味は、ICOしたり取引所には上場したものの、それほど注目されることはなく通貨としての価値がほとんどないようなコインのことを言います。
1,500種類以上あるといわれる仮想通貨のほとんどが、実は草コインとなり、その名の通りどこにでも生えている草のようなコインという意味です。
ただし、いったん買いが入ると売り物が出にくいということもあり、メジャー通貨よりも上昇率が高いとして、草コインに関心を持つ投資家も多くいます。

クライアントウォレット

クライアント型のウォレットとは、パソコンやスマートフォンにインストールして使うタイプのウォレットのことで、「完全型」ウォレットと「簡易型」ウォレットがあります。
完全型ウォレットの場合、過去の全取引履歴をダウンロードする必要があるためパソコンの容量と時間が必要になるため、簡易型のウォレットが誕生しました。
オンラインウォレットに比べるとセキュリティ面が優れていますが、大きな金額を保管する場合には、普段使いするインターネットに接続するパソコンではなく、オフライン環境にするほうがより安全です。

51%攻撃(ごじゅういちぱーせんとこうげき)

悪意あるグループや組織がネットワーク全体の採掘速度の51%以上を支配し、自分たちに都合のいい不正な取引を行うことです。
取引全体の過半数の計算量を支配することで、不正な取引の正当化・正当な取引の拒否・採掘の独占を行うことが可能となります。
特定の管理者がいる中央集権制度を持たないはずの仮想通貨が中央集権により支配されてしまう可能性は否定できず、現在、51%攻撃に対する有効な対策はないといわれています。

GOX(ゴックス)する

GOXするとは、ハッカーの不正アクセス等によって取引所の仮想通貨が盗難等にあい、預けていた資産(仮想通貨)を突然失ってしまうことをいいます。
これは2014年2月に当時世界最大のビットコイン取引所だった東京のMt.GOX社が、ハッカー被害にあい75万BTC(日本円で約479億円)を引き出され破たんした事件からできた造語です。
当時、MT.GOXにビットコインを預けていた人は、突然ビットコインを失うという被害に遭いました。「GOXする」という語は仮想通貨に関するコミュニティの間で通じるスラングとして使われています。

サイドチェーン

Satoshi(さとし:単位)

株式投資では、仕手株など有名な言葉で、多額の資金を持つ仕手グループが意図的に特定の銘柄を購入することで価格形成(値動き)をコントロールして、利益を上げようとする方法です。
株式や外国為替相場は、巨大な市場ということもあり米国SECなどのチェック機関が多くあったり、アービトラージが盛んにおこなわれることで仕手化することもそう簡単ではありません。
仮想通貨相場は歴史の浅い市場ですので、比較的容易に仕手化することが可能で、実際に多くの仕手化が行われています。

スケーラビリティ

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、スマート(賢い)コントラクト(契約)という意味で、ブロックチェーン上で取引履歴とともに契約内容まで記載してしまうというものです。
スマートコントラクトが実用化されるようになると、世の中にあるすべての仲介人は必要なくなるといわれいます。例えば、オンラインカジノではスマートコントラクトにルールを書き込むことで、胴元による不正行為は不可能となります。
これまでは中央機関が管理していたことを、スマートコントラクトにすべての取り決めや契約内容を記載することで仲介者である管理者が不要となるのです。

Segwit(セグウィット)

0承認(ゼロしょうにん)

0承認とは、トランザクション(取引)がどのブロックにも属していない(承認されていない)ことをいい、通常のトランザクションを0承認で受け入れた場合、二重払い(空取引の発生)になってしまう可能性が潜在します。
二重払いとは、あるビットコインをAというお店の口座に送金したとしても、その後すぐにBという口座に手数料を高くして送金すると、Aに送金した取引内容の承認前にBが承認されてしまい、Aに支払ったビットコインの取引記録が消えてしまうことです。
ビットコインはトランザクションの承認に10分もかかりますので、お店で利用するには時間がかかりすぎます。店側は顧客を待たせるわけにいかず、やむなく0承認して対応しています。しかし、なかには二重払いする可能性のある人が出てきます。

ソフトフォーク

ソフトフォークとは、仮想通貨そのものの仕様変更のことですが、ハードフォークとは異なり通貨が分裂することはありません。
厳密に言えば、ブロックチェーンの分岐自体は行われますが、すぐに収束するため永続的に分裂することはありません。
ソフトフォークの代表例にはスケーラビリティ問題の際のSegwitがありますが、Segwitでは、ブロック自体の容量は変えずに、ブロックに入る取引データのサイズを縮小して問題解決を図ろうとするものです。

投資は利益を出すために行うもので、そのためには含み益がある状態で売却する必要があります。しかし、購入後に予想に反して価格が下落すると評価損に。ここで売却すると実損が出ますが、それにかまわず売却することを損切りといいます。
損切りとは「損を切る」ということ。購入後に事前予想と反対方向のトレンドを示すようなケースでは、さらに損失が膨らむ可能性もあり、失敗トレードと考えて傷の浅いうち(損失が小さいうちに)売却します。
初心者はなかなか損切りができず塩漬け状態にしてしまいますが、これでは資金効率が非常に悪く、損切りは極めて重要な投資戦術といわれます。

DApps(ダップス)

DAppsとは「非中央集権の分散型アプリケーション」のことです。簡単に言うと、従来からある特定の人物や組織が運営・管理を行う中央集権的なアプリケーションではなく、中心となって管理する人が誰も存在しない非中央集権的なアプリケーション。
DAppsはイーサリアムのスマートコントラクトをベースにするものが多く、ゲーム・取引所・予測市場・ID認証・分散型ストレージ・著作権保護などの分野に応用されています。
例えば、オンラインカジノのケースで説明すると、カジノでは胴元という中央集権的な管理者が存在しますが、胴元が不正を行う可能性があります。しかし、DAppsのオンラインカジノでは胴元が存在せず、スマートコントラクトの利用で公正かつ透明度の高いカジノが実現します。

DEX(分散型取引所)

中央集権的な特定の管理者を持たないはずの仮想通貨の世界でも、唯一中央集権的なのが仮想通貨取引所。そして、取引所のセキュリティの脆弱性を狙ったハッキング事件が多発しています。
このような中央集権型の取引所に対して、取引所自体もブロックチェーンテクノロジーを基盤とし、運営を管理していこうというのがDEX(分散型取引所)です。
DEX(分散型取引所)はブロックチェーンテクノロジーを基盤とすることで、仮想通貨が奪われるハッキングリスクを無くそうとするものです。つまり、秘密鍵を取引所の管理者が持つのではなく、ユーザーが管理できるようになるのがDEXです。

電子署名(デジタル署名)

トークンエコノミー

トークンエコノミーとは、国が発行するドルや円などの法定通貨に代わるトークンを用いた経済のことで、サービスを提供したい側が法定通貨の代わりにトークンを発行し、ユーザーが購入することで価値が生まれます。
この価値のついたトークンを通貨として取引を行うことで、トークンエコノミーが誕生します。ホワイトペーパーの翻訳で登場する新しい経済圏の創出とはこのことを意味しています。
ビットコインを例にすると、ビットコインプロジェクトでトークンとしてBTCが発行され、ビットコインに関心を持ち始めたユーザーがBTCを購入。そうすることで通貨としての価値が生まれ、BTCにより取引が増えてくることで新しい経済圏が創出されました。

トランザクション

二段階認証

仮想通貨取引所のハッキング問題が発生するたびに話題になるのが二段階認証です。
ログインパスワードに加えて、スマホアプリ・SNS・電話などを利用した認証コードによる確認を行うことで、口座をより安全にする仕組みのことです。
二段階認証は完全なセキュリティということではなく、最低限のセキュリィとして個人投資家が行うべきものですが、取引所の補償制度などではこの二段階認証を条件としているところも多くあります。
スマホアプリを利用する場合には、スマホ端末自体を紛失・破損した場合や、機種変する場合に備えてバックアップを取っておくことが重要となります。

ネイティブウォレット

DEX(分散型仮想通貨取引所)が提供するウォレットのこと。ネイティブウォレットを利用することで、ユーザーはウォレット内から直接仮想通貨の売買ができるようになり、これまでのように取引所で二者間によるマッチングを行う必要がなくなります。
デジタルマネーである仮想通貨は、取引所がハッキングされる可能性があるため、自分でウォレットを用意する必要がありましたが、DEX(分散型仮想通貨取引所)の場合には、取引所自体がスマートコントラクト上に存在する高いセキュリティ性を有しています。
また、顧客資金の保持もアクセスを行わないため、ウォレットのセキュリティを高めています。

ノードとは、通信ネットワークでよく使われる用語で、ルーターなどの接続ポイントのことを指し、この役割のおかげで通信は正常に行われます。
仮想通貨におけるノードとは、仮想通貨のトランザクション(送金処理)において、通信接続ポイントとして間に立ち、データの署名や取引データに不正がないかをチェックし、分散型台帳と比較することで監視・取引を承認する役割のことです。 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは
中央機関のない仮想通貨ではノードの役割があることで、通貨を正しく送金しその価値を補償しますので、多くの場合には仮想通貨による報酬が付与されます。

ハードフォーク

ハードフォークとは、仮想通貨の仕様を変える際に旧仕様を無視して、新仕様を新たに適用することで旧ルールとの互換性がなくなることです。これに対して、すべての仕様を変更し以前の仕様も使えるようにする方法をソフトフォークといいます。
ハードフォークが行われると、新仕様と旧仕様の2つの通貨が存在することになり、新たな通貨が誕生することから仮想通貨の分裂といわれることもあります。
有名なところでは、スケーラビリティ問題からビットコインでハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが新たに誕生することになり、ビットコインの分裂騒動などといわれました。
分裂というとあまりよくないイメージもありますが、仮想通貨ではどんな通貨でもハードフォークが実施されるわけではなく、ハードフォークが行われるのは一流通貨の証明であるともいわれています。

burn(バーン)

burnとは、燃やす(バーン)からきており、すでに発行している仮想通貨の一部を使えないようにして、発行量を減少させ希少価値を上げようとするものです。
規模は異なりますが、国が金融政策によって法定通貨の供給量を調節することに似ています。なお、「ICOの際にハードキャップに満たなかった際にはburnします」という使い方もされます。
国の金融政策と同じで、burnしたからといって必ずしも通貨の価格が上昇するわけではありません、大切なのは適切なburnかどうかということです。

仮想通貨におけるハッシュとは、マイニングが行われる採掘速度のことを言います。
ビットコインで説明すると、約10分の間に正しい解を求めて世界中のマイナーが計算を行いますが、この時の1秒当たりの計算回数のことをハッシュ値といいます。
単位は、hash/sが用いられ、例えば1Mhash/sでは1秒間に1,000,000回計算が行われていることになります。
このハッシュは仮想通貨の価格やマイナーの報酬、また仮想通貨の信頼性に重要な影響を及ぼす大事な指標として利用されています。

ピア・ツー・ピア(P2P)

P2Pとは、仮想通貨の根幹をなすブロックチェーンテクノロジーの概念で、誰からも管理されることのない中央機関の存在しないネットワークを構築するものです。
仮想通貨でいうP2Pとは、既存のクライアントサーバ型(中央集権型)のネットワークではなく、中央機関を介さずにクライアント同士で直接やり取りを行うもので、これまでのように回線に負荷がかかったり、ダウンロードに時間がかかることがなくなります。
また、銀行などの中央機関である仲介者を通しませんので、これまで発生していた高額な手数料も発生しません。

ビットコイン・コア

オンライン上に存在する仮想通貨はセキュリティを確保したうえで送金などの取引する際に、公開鍵と秘密鍵が使用されます。
公開鍵:全員に公開される鍵
秘密鍵:自分しか知らない鍵
ビットコインで説明すると、送付の際に公開鍵をハッシュ値で暗号化したビットコインアドレスに秘密鍵で署名することで初めて送付することが可能となります。
つまり、秘密鍵こそがビットコインの所有権を証明できる唯一のものとなり、秘密鍵を持っている人がそのビットコインの中身を動かすことができるということです。

FIAT(フィアット)

FIATといわれると聞きなれない言葉ですが、正式にはFIAT Moneyと呼ばれます。
意味は法定通貨のことで、米ドルや円など国の発行する通貨を指します。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、仮想通貨ビットコインの基幹技術として考案されたものです。
インターネットやオープンなネットワーク上で、高い信頼性が求められる金融取引や重要データのやり取りを可能にする分散型の台帳技術のこと。
台帳を分散化してブロックのようにつなげることからブロックチェーンと呼ばれますが、これには、P2Pネットワークによって単一障害点がないことを実現し、ハッシュ値を用いたデータ構造とコンセンサスアルゴニズムによって改ざんを極めて困難にします。
ビットコインの場合はトランザクション(取引記録)をハッシュ値で暗号化し、10分で区切ってブロックにして繋げたものがブロックチェーンです。

プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)

プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)とは、日本を中心に人気を集めているNEM(ネム)に採用されている承認システムです。
プルーフ・オブ・ワークス(PoW)の膨大な作業量、プルーフ・オブ・ステークス(PoS)の保有量や保有期間に対して、インポータンス(重要度)に応じて生成権が獲得できるという仕組みです。
この重要度とは、ユーザーがどれほど量を保有しているかということだけではなく、どれだけ取引しているかも考慮されるので、プルーフ・オブ・ステークスの流動性が低くなるという問題点も改善できます。

プルーフ・オブ・ステークス(PoS)

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の問題点を解決する承認システムとして期待されるのが、プルーフ・オブ・ステークス(PoS)で、多くのアルトコインで採用されています。
PoSとは、仮想通貨を所有している量が多いほど、また保有期間が長いほど新しいブロックの生成権を獲得しやすくなるような仕組みのことです。
作業量ではなく保有量や保有期間が重要となりますので、消費電力はそれほど必要ではありませんし、大量保有の場合の価格下落という懸念があるため、51%攻撃を受ける可能性も非常に小さくなります。
ただし、保有量や保有期間が重要になるということは、仮想通貨の取引の流動性が低くなるのではという問題が指摘されています。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

分散型台帳

分散型台帳とは、ブロックチェーンテクノロジーの機能を派生したもので、取引履歴を記録する台帳を共有するという特徴のみを抽出して一般化した技術です。
分散型台帳では、ブロックチェーンが持つ特徴のうち、取引の透明性や監査のしやすさ、データ共有のしやすさにフォーカスされており、その一部はプロトコル上の特定の仮想通貨を持ちません。
また、スマートコントラクトを利用すると、カウンターパーティーが多数参加する取引や、エスクロー(銀行などの第三者が介在することで取引が保証される)が連鎖して一つの取引になる貿易や金融などの分野を自動化・効率化できると期待されています。

ポートフォリオ

金融用語としてのポートフォリオとは、安全資産と危険資産の最適保有率のこと。投資商品を組み合わせることでリスクヘッジをかけ、安全に収益を目指そうとする投資方法です。
仮想通貨では、例えば、安全資産としてビットコインなどのメジャー通貨を保有し、危険資産として上昇率に期待のできる草コインなどでポートフォリオを組んだりします。
最近では、仮想通貨用のポートフォリオアプリも人気です。

ボラティリティ

ホワイトペーパー

マイニング

仮想通貨におけるマイニングとは、新たな仮想通貨の発行と取引の処理のことを意味しています。
マイナー(マイニングする人)には報酬が付与されることから、金(ゴールド)の採掘(マイニング)にたとえられて、マイニングと呼ばれています。
誰にも管理されないビットコインなどの仮想通貨は、マイニング作業によって不正されることなく使用できますが、マイニングとはコインの取引履歴を分散型の取引台帳であるブロックチェーンに組み込んでいく作業です。
この作業で最も早く正しい解を導いたマイナーには、報酬として新規発行されたビットコイン(ビットコインでマイニングを行なった場合)が付与されることになります。

マルチシグ

ムーン(To the moon)

仮想通貨でいうムーン(To the moon)とは、「月まで届いてしまうような」という意味で、2017年12月から2018年1月の仮想通貨大暴騰相場の上昇があまりにも激しかったことから、チャートのラインが月まで届くのではと比喩されたことが由来です。

レンディング

仮想通貨のレンディングとは、仮想通貨取引所を通じて保有するコインを個人に貸し出すサービスのこと。
保有者は借り手から金利を受け取り、借り手はそれをもとにカラ売りなどを行い収益を目指そうとするものです。
ガチホする投資家が多い仮想通貨では、保有するコインを有効利用できるサービスであり、特に、多くの人が借りたがる急騰時には金利が跳ね上がりやすくなります。
取引所や借り手が破たんすると貸したコインが返ってこないというリスクもありますが、 下手にトレードして損失を出すよりは、レンディングのほうが効率が良いという投資家も多く存在します。

主に先物取引やFXで使われる言葉で、正確には「ロングポジション」といい、相場が上昇すると考えて買いから入るポジションをとることを言います。
今日のビットコインはロングが優勢というケースには、ビットコイン相場が上昇している(買い優勢)という意味になります。
先物取引やFXでは、ロングは強気や買いという意味でブル(雄牛)といい、ショートのことを弱気や売りという意味でベア(熊)ともいいます。

仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは

From Middle English bole, bul, bule, from a conflation of 古期英語 bula ( “ bull, steer ” ) and Old Norse 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは boli, both from Proto-Germanic *bulô ( “ bull ” ) , from Proto-Indo-European *bʰl̥no-, from *bʰel- ( “ to blow, swell up ” ) . Cognate with West Frisian bolle, Dutch bul, German Low German Bull, German 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは Bulle, Swedish bulla; also Old Irish ball ( “ limb ” ) , Latin follis ( “ bellows, leather bag ” ) , Thracian βόλινθος ( vólinthos , “ wild bull ” ) , 仮想通貨取引における強気(Bull)の意味とは Albanian buall ( “ buffalo ” ) or related bolle ( “ testicles ” ) , Ancient Greek φαλλός ( phallós , “ penis ” ) .

bull (countable かつ uncountable, 複数形 bulls)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる